Imagine Cup 2014 オーストラリアの「Eyenaemia」がBill Gatesからメンタリング


Imagine Cup 2014では、WORLD CITIZENSHIP部門(世の中に役立つアプリやサービス)1位となったオーストラリアの「Eyenaemia」がワールドチャンピオンに輝きました。
モナシュ大学で医学を専攻する22歳の学生、Jarrel SeahとJennifer Tangによって生み出されたこの作品は下まぶたの裏側にある結膜の写真をWindows Phoneで撮影することで、結膜の分析と貧血の検査、リスク計算ができるというアプリケーションです。
ワールドチャンピオンの副賞はマイクロソフトの共同創業者である Bill Gatesとプライベートミーティングを持ち、彼から直接メンタリングを受けられるというもの。その模様が動画つきで紹介されています。
 
「Eyenaemia」の見事なプレゼンテーション、受け答えの模様はねとらぼでも紹介されています。あわせてご覧ください。
Comments (0)

Skip to main content