Top Gun Project「未来のクリエーター育成キャンプ」第4回「クラウド」(8/6)


みなさん、こんにちわ。日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。

Top Gun Project の第4回目は、「クラウド」について学びました。講師は、日本マイクロソフトのエバンジェリスト戸倉彩さんが担当しました。突然、金髪のお姉さんが登壇しましたので、最初は少し戸惑い気味の学生さんもいましたが、そこは、うまいアイスブレイクがあって、すぐに戸倉さんのペースで講義が行われました。

参加学生の皆さんは、「クラウド」という言葉は知っていても、具体的なイメージや内容については、ほとんど知らないという回答がほとんどでしたので、可能な限り、学生目線に近づいて、IT業界の用語も、なるべく使わずに、事例をまじえて、「クラウド」について説明がありました。人気オンラインゲームやスマホのタクシー呼び出しアプリのバックエンドでは、クラウドが利用されている。今まで利用するのが、手間としても、コストとしても、実に大変だった膨大なコンピューティングリソースを手軽に利用できる環境が整っているなど、「クラウド」の現状を理解できたのではないでしょうか。

講義のあとは、マイクロソフトのクラウドプラットフォームである Microsoft Azure を実際に利用してみるワークショップが行われました。ほんの数分、ブラウザ上で数クリックで、WordPress のWebサイトを立ち上げることが可能ということを体感いただきました。そのあとは、各チームごとに、自分たちのプロジェクトで、「クラウド」を利用するとしたら、どのように利用できるかをディスカッションいただき、最後にチームごとに成果を発表いただきました。

いろいろなアイデアが出ましたが、個人的には、トイレを清掃している人やトイレを利用する人をHappyにする案(トイレットペーパーの使用率を監視したり、トイレそのものの使用率を監視する)が、身近な人をHappyにする視点として、すごく良いと思いました。「クラウド」をどういう風に利用するかというお題を出すと、どうしても巨大システムで巨大な問題を解決する方向に向いてしまいがちになりますが、まずは、自分たちの視点(視線)まで落としてきて、何ができるのかを考えてみるのが良いと思います。アイデアは、ふとした瞬間に思いつくので、メモ(ネタ)帳に書き留めておくというのもお奨めします。

Comments (0)

Skip to main content