Imagine Cup 2014 Day 2


UX エバンジェリストの春日井です。

シアトルに着いて2日目。現地時間、7月30日(水)の今日はプレゼン審査です。プレゼンテーションの持ち時間は10分、質疑応答が10分。この20分でこれまでに重ねてきた練習の成果が問われます。採点方式のスポーツに似ていますね。私はさながらコーチの気分でこの日を迎えました。

プレゼン審査はワシントン大学の校内にあるKane Hallで行われました。チーム「かぞくぐるみ」がノミネーションされているイノベーション部門にはベネズエラ、ニュージーランド、カナダ、ハンガリー、UK、バーレーン、ウルグアイ、イタリア、キプロス、ボスニア・ヘルツェゴビナ、そして日本の全10チームがエントリされています。審査はこの順番で行われました。つまり、チーム「かぞくぐるみ」は最後の登場です。

イノベーション部門の審査会場はKane 110。出場者は自分の出番まで中に入れないので、私が先行して潜入?し、他国のプレゼンを観戦します。ガンバレ!ニッポン。

各国の作品はスポーツ、食事、音楽、スマート家電とバラエティに富んでいました。お国柄が必ずしも反映されているわけでもないというのがボーダレスなITの世界のおもしろいところかも知れませんね。個人的に興味を引いたのはバーレーンの女性2名がプレゼンした「オリジナルのマニキュア液生成ソリューション」。Windows 8 アプリでお気に入りの色を配合するとその通りのマニキュア液を作ってくれるという女性チームらしい作品。「実際に販売するときはこうなります!」とおもむろに白い包みをといて、そのまま店頭に並べそうなパッケージを披露したプレゼンもインパクトを出せていました。

14時25分。いよいよ、チーム「かぞくぐるみ」の登場です。最後の準備に余念のないメンバーたち。ここまでくると私にできることは、なにもありません。落ち着け!深呼吸して!楽しんで!と声をかける、一番落ち着きのない私。自分でプレゼンをする方が100倍、気が楽です。

プレゼンが始まりました。ドキドキしながら見守ります。がんばれ、がんばれよ。みんなががんばっていることをよく知っているのにそんな言葉しか出てきません。がんばれ。

最前列で写真を撮っているピンクのポロシャツ方はこの日、応援に駆けつけてくれた慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科の教授であり、日本のマイクロソフトの初代社長でもあった古川亨さんです。古川さんには日本での壮行会にも来ていただきました。嬉しい限りです。

贔屓目もあるかも知れませんが、この本番のプレゼンテーションは全チームでも一番の出来だったと思います。(本社のブログでも「かぞくぐるみ」が取り上げられていました!) 昨晩の練習のあともみんなで話し合って、話し方やスライドを変えていて、そんな最後まで手を入れてより良くしようとする姿に「職人」を感じました。自己紹介では、最後に堅太くんが「We made this plush toy !!」とにっこり笑ってパンダのぬいぐるみを持ち上げたんですが、ここで会場がほんわりとしたのを感じました。審査員の表情も和らいだように思います。人前で緊張してしまう堅太くんは、最初の頃はこのセリフを噛んでしまっていたそうですが、この日ははっきりと明瞭に言えてばっちり。最初は「I made」だったのが「We Made」となったのは、弊社の西 拓生 ロバートのフィードバックのおかげです。ロバート、ありがとう!

イノベーション部門の審査員は5名。左から私が所属するデベロッパー エクスペリエンス & エバンジェリズム統括本部のテクニカルフェロー・John Shewchuk、Microsoft Venturesの責任者・Rahul Sood 、Microsoft Research 上級主席研究員のBill Buxton、日本でも有名なジャーナリストのMary-Jo Foley、そして、ParseやFacebookでDeveloper Advocateとして活躍してきたChristine Abernathy。鋭い質問が矢継ぎ早に投げかけられるも、落ち着いて答える島影さんとパリンちゃん。ちなみにUXエバンジェリストと名乗る私にとって、Bill Buxtonさんは憧れの方でもあります。

無事にプレゼン審査を終えて、マイクロソフト本社へ移動。この週はProduct Fairという社員向けのイベントが行われていて、サッカー場に設置されたテントの一角にImagine Cupの展示エリアが用意されていました。遊びに来たマイクロソフト社員も見学できるようになっています。 

ここでも動じずに堂々と質問に答えるメンバーたち。英語が不得意な宮村くんも一生懸命、対応していました。みんな、日に日に成長しています。

本社ブログより、英語でインタビューを受けるパリンちゃん。What would you ask Bill Gates? — Do you want to use our product (Cuddly Connect) with your family?

今週は社員向け技術トレーニングイベント「TechReady」がシアトルのコンベンションセンターで開催されており、日本マイクロソフトから参加した社員も見に来てくれました。実は7月4日に行われた日本の社員総会には宮村くんとパリンちゃんに来てもらって、日本の社員向けに披露したこともあり、これ社員総会で紹介してくれたやつだよね!表彰式楽しみにしているよ!と面識のない同僚から声をかけてもらったのが嬉しかったです。

明日はこのブースでハンズオン審査が行われます。

Comments (0)

Skip to main content