最先端からのメッセージ MSP Summit Day 2


 

こんにちは! Microsoft Student Partners (MSP) の松原です。

シアトルで開催されているImagine Cup 2014と同時開催されている MSP Summit に参加しています。

 

2日目はMSPのみのイベントがあり、最先端で働く社員のお話を6つ聞くことができました。

 

各セミナーの印象的だった内容を一言ずつご紹介します!

1) Audience Marketing Insights

「より良いExperienceを提供できるよう製品を紹介し、空気のように自然に使え、使いやすいプラットフォームであることを紹介する」

開発者にとってマイクロソフト製品がどうあってほしいか、開発者コミュニティーがいかに大切かを学びました。
Experienceの満足度を高め、幅広い分野で土台となるツールとして広めていくためにMSPが活躍できる!中学生・高校生・大学生とこれからの時代に活躍するエンジニアをサポートするにはMSPが技術を発信していくことが有効的だと背中を押されました。

 

2) Redmond Startup Program

「大学のスタートアップ プログラムと連携し、スタートアップをMicrosoft Ventureが全面サポートするワークショップを開催する」

Microsoft Venture で行われている取り組みの紹介のあと、どのように今後MSPがMicrosoft Ventureと協力できるかを考えました。
大学と連携した短期間のプログラムは楽しみです。
MSPをオーガナイザーとしてのスタートアップのサポート体制を期待されていることに驚きました!
現状では大学でスタートアップを支援している場合が多く、うまくコラボしたいですね!

 

3) MVP Mentorship Program

「マイクロソフトやMVPとより密な関係を!」

Microsoft Valuable Professional (MVP) とはマイクロソフトの製品やテクノロジーに関する豊富な知識と経験を持ち、オンラインまたはオフラインのコミュニティやメディアなどを通して、その優れた能力を幅広いユーザーと共有している個人が表彰されるものです。

MVPと連携してMSPイベントを開催することを勧められ、協力が得られるMVPの探し方も教わりました。
世界のMVPはこちらから検索できます:

MVPへ一歩近づけるような制度 MVP Mentorship の紹介を聞き、学生でももっと専門的な知識を持ち普及にも関われることを知りました!学生のみなさんも挑戦してみてはいかがでしょう?
 

4) Universal Windows Apps

「Enjoy your job!」

Windows製品を多く網羅し、裏話をたくさん聞けました。成功への近道は・・・毎日の仕事を楽しむこと!と教わりました。
MSPのために特別にたくさんの情報をシェアしてくださいました。フランクにお話されるスタイルも良かったです。
残念ながらプライバシーの制約上面白ネタは皆さんに多くシェアできず・・・ごめんなさい!

 

5) Windows and Windows Phone

「アプリは一時間でストアに出せる」

Windows App Studioをみなさんはご存じですか?

「こんなにも簡単に、短時間でアプリができるの!?」と衝撃を受けました。
ブラウザー上でマウスで操作するだけで、PCやタブレットでもWindows Phoneでも対応する自分の独自のアプリが完成します。

プログラミングできないんだけど・・・ という人にはぜひ試していただきたいです!
アプリ開発を教える側の人にも導入に用いるには最強のツールだと思います。

 

6) Game Development Round Table

「ゲーム制作に関わりたいのであれば、時期を見極めろ」

質疑応答スタイルで最前線で活躍されている開発者のお話を聞けました。
ゲーム業界は流行り廃りのアップダウンが激しいことから、タイミングを見極めるのが大事だと熱弁されていました。
技術力だけではなく、社会的な流れにも目を向けないといけませんね!

 

MSP Japan からImagine Cup 2014 / MSP Summitに参加している松原と垣内が引き続きシアトルでのイベントについてご紹介します!

Comments (0)

Skip to main content