良いデモを行う10のコツ! Imagine Cup 2014 – MSP Summit Day 1


こんにちは、Microsoft Student Partners (MSP) 松原です!

シアトルで行われているImagine Cup 2014 と同時にMSP Summit に参加しています。

 

初日には マイクロソフトのStory Teller であるSteve Claytonによるデモセッションがありました。
Imagine Cup 参加者とMSP Summit 参加者が出席しました。

そこで学んだ内容をご紹介します!

【良いデモを行う10のコツ】Demo Session

 

#1 Tell a story
- どのような内容を「持ち帰ってほしいか」、どのメッセージを伝えたいのかはっきりとさせる

#2 Have a backup plan
 デモが失敗したときのバックアップを準備する。
 別のデモや機材を整える。

#3 Bigger is better
 見せるものは大きく見せる!

#4 Rehearse – timing
 時間に合わせた準備を。
 時間枠を意識し、デモの時間を調整する。話すスピードを変えるだけではダメ。

#5 Rehearse- words
 言葉は一度紙に書き、練習する。
 適切な表現が適切な場所でできるように行う。

#6 Be wary of dead moments
 デモが失敗することもある。だが、最長1分間戦い、うまく行かなければ次のものに進む

#7 Have a great opening
 出だしが肝心!
 人を発表に惹きつけ、関心を持たせる。これをするためにも客層を理解しておくことが大切。

#8 Have a great close
 発表の終わりも大切に!
 人間は3つのことしか同時に覚えられないことから、最後にデモで伝えたかったことを簡潔に3点でまとめる。

#9 Have fun
 発表者が楽しんでデモしていると、観客も楽しめる。
 また、楽しく愉快にプレゼンを行い観客を味方につけることが大事。味方についてくれていると、デモが上手くいかなくても観客は応援してくれる!

#10 If in doubt…
 1~9の準備を整えてもまだ不安であれば・・・

https://twitter.com/stevecla/status/489449883313512448

 オレンジ色の靴を履く!!
 デモが上手くいかなくても話題になるため。

 

今後もMSP Summitについて配信します。楽しみにしていてください!

Comments (0)

Skip to main content