Imagine Cup 2014 予行演習&壮行会


いよいよ、Imagine Cup 2014 World Final(イマジンカップの世界大会)が目前に迫ってきました。シアトルに出発する前日の7/28(月)、日本代表の鳥羽商船高専のチーム「かぞくぐるみ」の予行演習と壮行会が開催されました。

 

本番同様に、英語でのプレゼンテーションを披露するチーム「かぞくぐるみ」の皆さん。メンバーの一人、島影さんは、ニュージーランド留学中のため、Skypeにて、プレゼンテーションに参加しました。審査員は、MSD(マイクロソフトデベロップメント)の有志数名、TEDxTokyoのオーガナイズをされているIMPACT JAPANの方々が担当しました。チーム「かぞくぐるみ」のメンバーの皆さんは、この1か月間、英語でのプレゼンテーションを猛練習してきました。プレゼンの構成やストーリー展開、プレゼン時のライブデモの実施などは、練習の成果を十分発揮できていたと思います。課題は、やはり一朝一夕には対応しがたいQ&Aの部分でしょうか。この予行演習でのQ&Aは、少し悪い表現を使えば「フルボッコ」状態の感じはありましたが、本番に向けて、非常に良い予行演習になったのではないかと思います。とにかく、ポジティブ思考で、楽しんでくること。「Have Fun! Have Fun! Have Fun!」というアドバイスが最後にありました。

予行演習の後は、会場を日本マイクロソフトの19F 「One Microsoft Cafe」に移動して、壮行会が開催されました。Imagine Cupの壮行会の中でも過去最高と言える錚々たる方々が激励に駆けつけてくれました。

 

日本マイクロソフトの樋口社長からは、「過去最高成績は2012年の2位。今回は、ぜひ1位を狙ってほしい!」という力強い激励のメッセージがありました。

 

 

国立高専機構の小畑理事長、慶應義塾大学教授の稲見昌彦氏、日本マイクロソフト元社長で現在は慶應義塾大学教授の古川亨氏、マイクロソフトディベロップメント社長兼日本マイクロソフトCTOの加治佐俊一、日本マイクロソフト執行役デベロッパーエクスぺリンス&エバンジェリズム統括本部長の伊藤かつら、など、錚々たる方々が激励に駆けつけてくれました。

 

 

チーム「かぞくぐるみ」とソリューション名「Cuddly Connect」ロゴ入りのケーキも用意されました。

 

過去のImagine Cup日本代表のOB/OGも、忙しい中、壮行会に駆けつけてくれました。写真後列右から、Imagine Cup 2009 ポーランド大会の日本代表の石村脩さん、関川柊さん、Imagine Cup 2010 ニューヨーク大会の日本代表の河村辰也さん、Imagine Cup 2012 シドニー大会の日本代表の田畑愛実さん、大川水緒さん、Imagine Cup 2011 ニューヨーク大会の日本代表の芝原達哉さん。

今回駆けつけてきてくれたImagine Cup OB/OGからは、当時を振り返って、「Imagine Cupは、本当に素晴らしい体験でした」「自分の人生の中のハイライトのような体験でした」という、Imagine Cup担当者にとっては、泣けてくるぐらい嬉しいコメントがありました。今回の日本代表のチーム「かぞくぐるみ」のメンバーの皆さんも、世界大会を体験して、一回りも二回りも大きく成長して、日本に帰ってきてくれるのではないかと思っています。

Comments (0)

Skip to main content