学生の皆さんが、この夏、「Top Gun Project」に参加すべき5つの理由


みなさん、こんにちわ。
日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。

本日は、KMD(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科)に、日本マイクロソフトが全面協力して、この夏に実施する学生対象の夏季集中型トレーニング・キャンプ「Top Gun Project」について、ご紹介します。

http://topgun.kmd.keio.ac.jp/

日本マイクロソフトは、日本の若き開発者、クリエイターを発掘育成するために、様々なプログラムを提供しています。DreamSpark(開発ツールの無償提供プログラム)や Imagine Cup(学生向けのソフトウエアコンテスト)などのプログラムを聞いたことのある学生さんもいるでしょう。今回は、より実践的にスキルを学ぶ場や開発プロジェクトを体験できる機会を提供しようということで、KMD(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科)に、全面協力して、この夏季集中型トレーニング・キャンプを実施します。

KMD(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科)に募集ページがあるので、慶応大学の学生さんのみが対象と思われるかもしれませんが、高校生以上で、大学院生以下であれば、どの学校の学生さんでも参加可能です。(実際には、通学エリアの関係で首都圏の学生さんに参加は限られるとは思いますが、思いとしては日本の全ての学校に門戸を開けているつもりです)

以下、学生の皆さんに、この夏「Top Gun Project」をお薦めする理由を5つあげます。

1.無償(無料)
入学金も受講料もいりません。無償で受講可能です。開発環境については、ソフトウエアは提供しますので、Mac環境の学生さんの参加もWelcomeです!

 

2.講師陣が豪華
稲見先生などKMDの先生方はもちろん、マイクロソフトのテクノロジーの講師は、そのテクノロジーに詳しいマイクロソフトのエバンジェリストやテクノロジー担当者が講師を行います。プレゼンテーション講師は、「エバンジェリスト養成講座」でも大人気の日本マイクロソフトのエバンジェリスト西脇が担当します。

 

3.仲間に出会える
何かを1人で勉強していくのは大変ですが、今回は、チームを作ってもらいプロジェクトを進めてもらいます。一緒に活動できる仲間が欲しいと思っている学生さんは、ぜひ参加してみてください。

 

4.さまざまな旬のテクノロジーが学べる
デバイス(Kinect、組込み機器、タブレット)からクラウドまで、現在旬なさまざまなテクノロジーについて学ぶことができます。

 

5.さまざまな体験ができる
チームビルディングからスタートして、テクノロジーを学ぶだけでなく、プレゼンテーションやデモの方法などソフトスキルについて学ぶことができます。最終発表会の舞台も提供します。最終発表会に向けて、チームで開発プロジェクトを体験できる貴重な機会になると思います。

 

日本の学生さんが、さまざまな理由で、忙しい(時間がない)ことは知っています。でも、皆さんのその貴重な時間をかけていただくだけの充実した内容を学んでいただけるコースになっていると思います。ぜひ、多くの学生の皆さんのご参加をお待ちしています。参加希望する学生の皆さんは、下記から申し込みください。

http://topgun.kmd.keio.ac.jp/

 

Comments (0)

Skip to main content