耐久ハッカソン //publish/ でサバイバルしてみた


 

こんにちは、Microsoft Student Partner (MSP) の松原です。

2014年5月17日-18日の二日間、世界各地で同時開催された //publish/ イベントに参加しました。

 

 

//publish は世界中の開発者と一緒にWindows 8.1やWindows Phoneのアプリケーションのコーディングをする、二日間に渡る耐久ハッカソンです。

 

当日は以下のエキスパート(MVP*)と学生エキスパート(MSP)が、コーディングをサポートしてくださいました。

・大田一希さん(MVP)

・津守優さん(MVP)

・初音玲さん(MVP)

・蜜葉 優さん(MVP)

・五十嵐祐貴さん(MSP)

・保坂俊さん(MSP)

・津隈和樹さん (日本マイクロソフト)

(*MVP: Most Valuable Professional) 

 

社会人・学生と合わせて34人の参加で、わいわいと作業に取り掛かることができました。

当日は初心者の方からエキスパートまで、あらゆるレベルの人が一緒に集まり、助け合いながらコーディングを行う暖かい雰囲気でした!

チームで進める参加者や黙々と個人で進める人等、あらゆる形でアプリ開発が行われるのを見れるのも新鮮でした。

夜中に眠くなることも、思考回路が止まることも多々ありましたが、仲間の支えによって2日間楽しく過ごすことができました。

 

この publish では私は他2名のMSPと一緒に海外のMSPとコラボレーションすることになりました。

以前から繋がりのあるケニアのMSPとともにWindows Phoneアプリの共同開発を試みたのです。

このように国を超えて共同作業を行う際に使えるスケジュール及びタスク管理アプリを考えました。

しかし今回は残念ながらアプリを完成させることはできませんでした。

時差やインフラ周りのトラブルによって、決まった時間に連絡を取るのが難しくなってしまったからです。

イベント内では完成できませんでしたが、今後コミュニケーションを取り続け一緒に取り掛かっていくことが決まっています。

 

このイベントでは、新しい発見および課題が多くありました。

どのようなスキルを今後習得すべきか、どのようにアイディア出しを行うか、どのようにコラボを行うか。

//publish をきっかけに新しい一歩を踏み出せた気がします。

 

次は優勝を狙っていきたいと思います!

Comments (0)

Skip to main content