2 ステップで挑戦!イマジン カップチャレンジ部門 ~ Windows Phone


イマジン カップのチャレンジ部門は、すべてオンラインで審査が行われる 2 つのステップで挑戦できる部門です。
注目は以下の 3 部門です。

Windows Phone Challenge: http://www.imaginecup.com/Competition/mycompetitionportal.aspx?competitionId=66 
Kinect Fun Labs Challenge: http://www.imaginecup.com/Competition/mycompetitionportal.aspx?competitionId=68
Windows Metro Style App Challenge: http://www.imaginecup.com/Competition/mycompetitionportal.aspx?competitionId=70:

ここでは Windows Phone チャレンジ部門の応募方法について記載します。

Kinect Fun Labs の応募方法は以下のブログでご案内しています
http://blogs.msdn.com/b/microsoft_japan_academic/archive/2012/02/06/kinect-quot-kinect-fun-labs-quot.aspx

Windows Metro Style App の応募方法は以下のブログでご案内しています
http://blogs.msdn.com/b/microsoft_japan_academic/archive/2012/02/06/10264241.aspx

<Windows Phone チャレンジ部門>
ROUND 1: コンセプトデザインの提出 (締切: 3 月 13 日 23:59 GMT)
ROUND 2: アプリケーションの提出 (期間: 4 月 3 日 ~5 月 3 日 23:59 GMT)
※詳細は Windows Phone チャレンジ部門のルール (英文) を参照してください
http://www.imaginecup.com/Downloads/DownloadableDocuments/GD/Imagine_Cup_2012_Windows_Phone_Challenge_Rules.pdf

※ROUND 1 の提出の前に、Imagine Cup への登録を済ませてください。登録方法については以下に日本語のガイドを提供しています。
http://download.microsoft.com/download/F/F/A/FFAE3F37-28F7-47BA-8267-98F36E7DB7D9/ImagineCup_RegGuide.pdf

ROUND 1 の提出物 (以下の 2 つ)

1. Application Summary
以下のテンプレートを利用
http://www.imaginecup.com/downloads/IC12WindowsPhoneChallengeR1AppSummaryTemplate.doc

・スペース含めて 15,000 英数文字以内
・以下の 7 つの質問に対する回答を記載 (各設問の詳細はテンプレート内に記載があります)

1. What problem are you solving as it relates to the Imagine Cup Theme?
2. Name and Description of your Application:
3. Solution Design, Innovation & Architecture:
4. Utility:
5. Pre-existing source code:
6. Delight and Wow Factor:
7. Presentation & Polish:

・ファイル名は “Windows Phone Challenge Round_1_Project_Plan_[Team Name]” にて提出
・5MB以内

TIPS:
・テーマや機能、ユーザービリティーが伝わるイメージを含める
・回答内容は、Judging Criteria (ルールの P9 – 10 に記載) に対応するように回答する

2. SketchFlow
・Expression Blend 4 (Full Version) と SketchFlow prototype を利用
・SketchFlow 作成の際はhttp://wp7sketchflow.codeplex.com/ を利用
・アプリケーションの名前は英語
・Sketch Flow で利用するテキストは英語
・Sketch Flow のプロジェクトは以下のサイトに記載の方法でパッケージする
http://expression.microsoft.com/en-us/library/ee341399(Expression.40)

※詳細は以下のWindows Phone Challeng Rule (PDF) の”ENTRY MATERIALS REQUIREMENTS AND DEFINITIONS” のセクション
をご確認ください。Application Summary と Sketch Flow の両方について説明してあります。
http://www.imaginecup.com/Downloads/DownloadableDocuments/GD/Imagine_Cup_2012_Windows_Phone_Challenge_Rules.pdf

ROUND 2 の提出物 (以下の 3 つ)
1. 上記 ROUND 1 で提出した Application Summary Template を更新したもの

※ファイル名は “Windows Phone Challenge Round_2_Project_Plan_[Team Name]” にて提出
※その他条件は ROUND 1 の Application Summary と同様

2. ビデオ
・アプリケーションのアプリケーションが動いているところを見せる (ターゲットオーディエンスが使っているシーンを含めることが好ましい)
アプリケーションのアーキテクチャの説明。
・5 分以内/.wmv. 形式/250 MB 以内
・イントロとアウトロに Imagine Cup のクリップを含める (Web サイトにて提供) 
・Expression Encoder 3 Screen Capture の利用推奨
・Round 2 の審査基準に沿っていること (ルールの P.10、11)
・英語でない場合は英語の翻訳をつける

3. Windows Phone .XAP ファイル
・技術要件はルールの P 7 を確認 (下記 4 点)
1. Fast Application Switching
2. Live Tiles
3. UX Guidelines and Metro Design
4. 完成版であること

TIPS:
・Windows Phone 7 デザインテンプレートの活用
http://wp7designtemplates.codeplex.com/

※オプションとして App Hub に公開もあり。(Private Mode での公開も可)

応募にあたって不明な点はイマジンカップ事務局までお気軽にお問合せください。
私の Twitter に DM をいただいても OK です。

アカデミック エバンジェリスト 舟越 美宝 @mihof0498

 

 


Comments (0)

Skip to main content