Imagine Cup 出場チーム向けワークショップ レポート ~グロービス/グロービス経営大学院、ベルリッツ・ジャパン提供~

みなさんこんにちは! 日本マイクロソフトアカデミックチームです。   2017年3月12日(日)、日本マイクロソフトは、グロービス様/グロービス経営大学院様、及び、ベルリッツ・ジャパン様の2社協力のもと、Imagine Cup 2017 日本予選大会 決勝進出チームを対象にワークショップを開催いたしました。(以下グロービス様グロービス経営大学院様、及び、ベルリッツ・ジャパン様 敬称略)   本ワークショップは、世界に通用する起業マインドと、グローバルコミュニケーション力を高めていただくことで、Imagine Cup日本予選大会、そしてその後に続く 世界大会で力を発揮いただくことを目的にしたものです。 本日のブログでは、その様子をご紹介させていただきたいと思います。   #オープニング 多数の応募の中から厳しい審査を突破し決勝に進出したチームのメンバーが全国から集結し、ワークショップが始まりました。 冒頭では、Imagine Cup 日本予選大会の審査員の方々から届いたビデオメッセージをご覧いただきました!   <審査員によるビデオメッセージは以下のページでご覧いただけます> 経営コンサルタント 本荘 修二 様 500 Startups マネージングパートナー 澤山 陽平 様 マイクロソフトディベロップメント株式会社  社長 安達 理   審査員からの熱いメッセージで参加者たちの士気が高まったところで協力企業によるセッションが始まります!   #グローバルコミュニケーショントレーニング まずはベルリッツ・ジャパンが主に海外で活躍するビジネスマンなどを対象に提供している「グローバルコミュニケーショントレーニング」をImagine Cup向けにカスタマイズしたトレーニングを実施いたしました。 講師を務めるのはTerry Shenkerさん、Patrick Ryanさん、Simone Ekleさんです。 参加者のほとんどは海外経験も少なく、3人の講師の前に少し緊張した様子。 (講師のTerryさん) ベルリッツに提供していただいたトレーニングは英語力を伸ばすことだけには留まらず、英語によるプレゼンで審査員や投資家などの心動かすところまでを意識したトレーニングとなっていました。 プレゼン原稿の構成に関するアドバイスに始まり、アイコンタクトのポイントやジェスチャーの付け方、声の出し方まできめ細かい指導がなされます。   「あなたのプロダクトはどこがユニークなのか?」 「誰にどのような価値をもたらしたいのか?」   英語のトレーニングの枠を超え、核心に迫るような講師陣の問いかけに多少戸惑いながらも、参加者達は必死に講師の問いかけに答えて行きます。…


Microsoft Innovation Day 2017 観覧募集のご案内 ~最新のテクノロジとイノベーションに触れる一日~

  今年15周年の学生向けグローバルITコンテストの「Imagine Cup」と今年10周年のスタートアップ向けの先進的なソリューションを表彰するアワード「Microsoft Innovation Award」の最終選考を3月22日(水)「Microsoft Innovation Day 2017」にて実施いたします。 当日は、学生、教育者、スタートアップ、エンジニア、投資家、アクセラレーター、 ビジネス リーダーなどの皆様がいらっしゃる予定です。またHoloLensのセッションや先着順で体験会も用意しております。皆様のご来場をお待ちしております! 教育機関の皆様には、より簡単にお申込いただける特別なオファがございます。文末にてご確認ください。       <Innovation Day 2017 概要>   日時       2017年3月22日(水)9:30 – 19:30 (受付開始 9:00)予定 会場       大崎ブライトコアホール 住所       東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F 主催       日本マイクロソフト株式会社 参加費   一般チケット:1,000円(当日券2,000円)/学生チケット:無料 URL       http://aka.ms/MID2017 申込       http://mid2017.peatix.com/   *事前にチケットが完売した場合、当日券の販売はございませんので、お早めにチケットをご購入ください。   【イベントタイムライン】 9:30-10:00  開会式 10:00-12:00 Imagine Cup 2017日本最終選考会 12:00-12:40 セッション1:Mixed Reality がもたらす新しい世界 14:00-16:00 Microsoft Innovation Award 2017 最終選考会…


Imagine Cup 2017 日本予選大会 出場チーム決定!

皆さん、こんにちは。 いよいよ、Imagine Cup 2017 日本予選大会 出場チームが決定しました。 チームの皆さんです!おめでとうございます! 日本予選大会への出場が決まったチームには、3月12日(日)にマイクロソフト品川本社で実施する、ワークショップにご参加いただきます。ここではグロービス様、及び、グロービス経営大学院様によるマーケティングワークショップと、ベルリッツ:ジャパン様によるグローバルコミュニケーショントレーニングを実施します! ここで作品そのものだけでなく、チームのスキルアップを図っていただきます。皆さん、引き続き応援をよろしくお願いします。   チーム: AZURE EAGLE(京都情報大学院大学) 作品名: 老人ホーム自動巡廻ロボット EAGLE113 Azure 複数の老人ホームを統合的に監視するロボットソリューション。集積データを、業務最適化や医療情報として利活用できる。   チーム:BOTIO(岐阜高専専攻科、首都大学東京、東京工業大学) 作品名:BOTIO Botがパーソナリティをつとめる、ユーザーにパーソナライズされたラジオ。   チーム:Cyder(明石工業高等専門学校) 作品名: Aktiva ARお手本機能、自動採点機能、練習サポート機能の3つの機能によって、誰でも気軽にダンスを楽しめる場所を提供するソリューション。   チーム: Deportare (東京大学大学院) 作品名: Deportare(デポルターレ) スポーツプレーヤのフォームや動きを確認・修正できるようにしてスポーツトレーニングを支援するシステム。   チーム: GROOVE(首都大学東京、東京工業大学、東京大学) 作品名: GROOVE ダンサーの表現拡張と演出総合制御を目的とした手袋型デバイス。   チーム:NeuroVoice(東京大学大学院) 作品名:NeuroVoice 入力された音声を任意の人の声に変換するシステム。   チーム:Team Goods(東京大学、法政大学) 作品名: Repoty インターネットに分散するお店の口コミを自動収集し、口コミの傾向と店舗間の比較をレポートにて自動報告するプロダクト。   チーム: The Drone Men(鳥羽商船高等専門学校) 作品名:…


Imagine Cup 2017 日本予選大会 1次選考通過チーム発表

皆さん、こんにちは。 Imagine Cup の季節がやってまいりました。 実は今年の Imagine Cup は例年に比較して少し早めに募集を始め、先週(1月16日)に応募を締め切らせていただきました。 今年の15周年を迎える Imagine Cup はこれまで以上に技術にフォーカスしたITコンテストにシフトしています。それに伴いいくつか変更した点、そして新たな取組みを開始しています。 1. カテゴリーの廃止 より多くの学生が、より自由な発想で応募できるよう従来設けていたカテゴリー(ワールドシチズンシップ、ゲーム、イノベーション)を廃止 2. テクノロジーに重みをつけた審査基準 カテゴリー審査が無くなり、技術に重みをつけて審査をします。 前年度の配分:コンセプト 15%、技術 20%、実現性 15%、カテゴリー50% 今年度の配分:コンセプト 15%、技術 50%、実現性 15%、革新性 20% 3. アントレプレナーシップ&グローバル人材育成 日本独自の取組みとして、本大会を通じて学生たちの起業マインド、グローバルコミュニケーション力、そしてIT技術力を強化するため、グロービス/グロービス経営大学院、及び、ベルリッツ・ジャパンの2社と共に、選考過程において学生たちをサポート また、日本予選大会を英語で実施します。(プレゼンテーション及びQ&Aを英語で実施) 以下が大会の概要です。 ■テーマ: 世の中にインパクトを与える革新的でクリエイティブなソリューションやサービス ■応募資格 : 応募時に高等学校、専門学校・専修学校・高等専門学校・大学 / 大学院のいずれかに登録されている 16 歳以上の学生。 個人、または、3人までのチー ■期待する作品: 最先端のテクノロジーを駆使した作品、テクノロジーの新しい使い方を提案するような作品、または技術的に深く掘り下げられた作品 ■応募締切: 1次選考-書類 – 2017年1月16日(月) 2次選考-プレゼンビデオ、その他 – 2017年2月14日(火) ■日本予選大会 開催日: 2017年3月22日(水) 開催場所:東京都内 ■応募URL: http://aka.ms/ImagineCupJP …


学生支援プログラム Microsoft Imagineのご紹介

この度マイクロソフトでは、学生や教員の皆さまが、ITスキルを身に付けるためのサービスに包括してアクセスいただくためのプログラム「Microsoft Imagine」を提供開始いたしました。 https://imagine.microsoft.com/   Microsoft Imagine にアクセスいただくことで、ITスキルを身に付けるために必要なあらゆるツールやリソース、そして経験の機会を得られます。   学ぶ コーディングスキルや最新の技術を身に付けられるオンライントレーニング 「Microsoft Virtual Academy」 https://mva.microsoft.com/   使ってみる 開発者向けのツールを学生は無償で、教育機関は低価格で使える 「Microsoft Imagine サブスクリプション」 ※ 2016年9月7日をもって 「DreamSpark」 のブランド名を「Microsoft Imagine サブスクリプション」に変更いたしました。 http://aka.ms/MicrosoftImagine http://aka.ms/ImagineJP(日本サイト)   マイクロソフトのクラウドプラットフォームを学生は無償で使える 「Microsoft Azure for Microsoft Imagine」 https://catalog.imagine.microsoft.com/ja-jp/Catalog/Product/99   チャレンジする 身に付けた技術スキルと皆さんのアイデアで世界に挑む学生向けITコンテスト 「Imagine Cup」 https://compete.imagine.microsoft.com/ http://aka.ms/ImagineCupJP (日本サイト)   皆さんぜひ、Microsoft Imagine をご活用ください。  


DreamSpark は 9月7日をもって Microsoft Imagine になります

DreamSpark をお使いの皆さまへ重要なお知らせです。   2016年9月7日(日本では9月8日)をもって、 「DreamSpark」 のブランド名を「Microsoft Imagine サブスクリプション」に変更することになりました。 旧)ブランド名:DreamSpark DreamSpark (学生個人向け) DreamSpark Standard (教育機関向け) DreamSpark Premium (教育機関向け) 新)ブランド名:Microsoft Imagine サブスクリプション Microsoft Imagine (学生個人向け) Microsoft Imagine Standard (教育機関向け) Microsoft Imagine Premium (教育機関向け) サブスクリプションの内容や特典に変更はございません。 本変更に伴い、日本のDreamSpark 公式サイトは9月中旬ごろにリニューアルを予定しております。 https://www.microsoft.com/ja-jp/education/dreamspark.aspx   今後ともよろしくお願いいたします。  


MSP Summit参加記

本記事は Microsoft Student Partner 五十嵐さんからの寄稿より掲載させていただいています。 — MSPの五十嵐 祐貴です。 東北の山の中にある大学に通いつつ、普段は.NETやVisual Studioに関する技術を追いかけています。MSPでは、主に勉強会向けコンテンツやWebサイトの制作およびテクノロジ系勉強会での登壇などの活動を行っています。 http://vbcpp.net/ さて、7月26日から29日にかけて、各国MSPの代表が一か所に集まるMSP World-Wide Summitが、Imagine Cupの世界大会と並行して開催されました。今回、日本のMSPからは安藤さんと私が選出され、1週間ほどレドモンドにてイベントを満喫してきました。 全体に関しては、すでに安藤さんの記事で述べられているかと思いますので、このレポートでは主にMSP Summitにフォーカスした内容を皆様にお伝えできればと思います。 MSP Summitのスケジュールは? MSP Summitの主なスケジュールは以下のようになっています。 7月26日 MSP Summit Overview Demo Coaching 7月27日 Holographic Academy MSP Summit #1 Imagine Robo World Cup Hackathon 7月28日 Awards Ceremony MSP Summit #2 7月29日 World Championship Imagine Robo World Cup Hackathon @ Garfield High…


Imagine Cup 2016 世界大会、閉幕しました!

日本代表チームは惜しくも入賞を逃してしまいましたが、Imagine Cup は、テクノロジーのすごさだけでなく、そのテクノロジーをどのようにビジネスにするのか? Go to Market ストラテジーは? そのテクノロジーは既存の代替品と比べて何が優れているのか? このテクノロジーは、どれぐらいのマーケットポテンシャルがあり、どれぐらいの規模の人に役に立つのか? といったビジネス要素がとても必要だということを実感しました。 筑波大学の朝倉さん、上原さんからは、「来年リベンジする!」との一声が!是非頑張っていただき来年はファイナルステージに上がりましょう!   授賞式の後は、Imagine Cup出場の学生さん、MSP  Summitに参加した学生はHoloLensを使ったHolographic Academyへ。すごかった!とワクワクして帰ってきてくれました。   金曜日のワールドチャンピオンシップは、Game、Innovation、World Citizenship各部門の優勝チームが、ステージで、3分間のピッチを行いました。シアトルのGarfield 高校で行われた最終決選には、スターウォーズのキャラクターたちがお出迎え、マイクロソフト のExecutive Vice PresidentのJudson Althoff、Corporate Vice President of Developer Platform & Evangelism and Chief EvangelistのSteve Guggenheimer、2014年Imagine Cup優勝者、マイクロソフトのComputer Science Curriculum DeveloperのKesey Champion、ハリウッドスターが登場してのセレモニーとなりました。優勝は、Innovation部門のルーマニアチームENTy。体のバランスと姿勢をリアルタイムにモニターできる手軽なメディカルデバイスを開発しました。既に、数名の医者と数百人の患者での利用実績がある点もプレゼンテーションでしっかりとアピールしていました。 MSPの皆さんは、授賞式後、Robo World Cup Hackathon の会場で現地の子供たちのメンターとして大活躍してくれました! Imagine Cup 日本代表の筑波大学Biomachine Industrialチームの皆さん、MSPのお二人、本当にお疲れ様でした!!


【速報】Imagine Cup 2016 世界大会 部門賞発表

Imagine Cup 2016 世界大会 入賞チームの発表がすべて終わりました。 残念ながら日本チームは入賞できませんでしたが、彼らが大会に向けてプレゼンを見直し、練習を重ね、それらを本番で出し切れたことは称賛に値します。筑波大学の村田耕一さん、江國翔太さん、朝倉靖成さん、上原皓さん、本当にお疲れさまでした! 以下が結果です。   Imagine Cup 世界大会 アビリティアワード: (国・チーム名・プロジェクト名) China・BoneyCare・BoneyCare   Imagine Cup 世界大会 ゲーム部門 (国・チーム名・プロジェクト名) 第1位: Thailand・PH21・Timelie 第2位: Indonesia・None Developers・Froggy and The Pesticide 第3位: Brazil・Tower Up・Sonho de Jequi   Imagine Cup 世界大会 イノベーション部門 (国・チーム名・プロジェクト名) 第1位: Romania・ENTy・ENTy 第2位: Sri Lanka・Bit Masters・AM Plus 第3位: United States・Healthx・Healthx   Imagine Cup 世界大会 ワールドシチズンシップ部門 (国・チーム名・プロジェクト名)…