回復パーティションにカスタムツールを入れる方法


みなさん、こんにちは。Windows 10には回復パーティションがあり、ここに独自のツールを入れられる事をご存知でしょうか?通常のWindows 10展開では OSが提供する既定の回復イメージ(WinRE.wim)がリストアされますが、今回はMDTを使ってDaRTMicrosoft Diagnostics and Recovery Toolset)を含めたカスタム回復パーティションを作成する手順をご紹介します。

DaRT は、Microsoft Desktop Optimization Pack (MDOP) に含まれています。MDOP はマイクロソフト ソフトウェア アシュアランスの一部です。マイクロソフト ソフトウェア アシュアランスの詳細と、MDOP の入手方法については、「How Do I Get MDOP (MDOP を入手する方法) (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=322049) をご覧ください。

 

最初にDaRTをテンポラリーのPC上にインストールします。DaRT回復イメージプログラムより、DaRTプログラムを含んだ回復イメージを作成します。作成したイメージは既定で boot.wim という名前で保存されます。

このboot.wimファイルを MDTサーバーの展開共有以下のScriptsフォルダーに WinRE.wimと名前を変更してコピーします。また、展開共有のCuntomSettings.ini にカスタムWinRE.wimを利用する事を定義します。 これはDeploymentWorkbenchRulesタブから 「PrepareWinRE=YES」 を入れる事で設定できます。

ここまで準備をして、ターゲットPCにカスタムWindows 10 イメージを展開するタスクシーケンスを実行すると、自動的に回復パーティションにDaRTの入ったカスタムWinRE.wimが展開されます。

Windows 10イメージの展開後に、ブートオプションメニューからコマンドプロンプトを呼び出してDaRTプログラムを実行できますが、ブートオプションにDaRT専用の起動アイコンを作成すれば、更に便利になります。

以下はブートオプションメニューにカスタムアイコンを追加する手順です。

  • カスタムアイコンを表示するためのファイルを作成します。

<カスタムアイコンを表示するためのxml>

  • ファイルをAddDiagnosticsToolToBootMenu.xmlの名前で保存します。※ファイルはUTF-8コードで保存する必要があります。
  • AddDiagnosticsToolToBootMenu.xmlをMDTサーバーの展開共有以下のScriptsフォルダーにコピーします。
  • ターゲットPCにカスタムWindows 10 イメージを展開するタスクシーケンスの最後にAddDiagnosticsToolToBootMenu.xmlを登録するコマンドラインを登録します。

<AddDiagnosticsToolToBootMenu.xmlを登録するコマンドライン>

<コマンドラインのタスクシーケンスへの登録例>

  • 以上で回復パーティションにDaRTの入ったカスタムWinRE.wimも展開すると共に、ブートオプションメニューにDaRT起動のカスタムアイコンが登録されます。

 

 

Comments (0)

Skip to main content