[Tips] 実行中のタスクシーケンスを一時的に休止する手法


みなさん、こんにちは!

本日の Tips は実行中のタスクシーケンスを一時的に休止する手法をご紹介したいと思います。

タスクシーケンスの一時的休止は、以下のシナリオで有効です。

今までのお話しでは、OS 展開をするためにタスクシーケンスを3つ用意するようお勧めしていました。

  1. 参照コンピューターを展開するタスクシーケンス
  2. 参照コンピューターをキャプチャーするタスクシーケンス
  3. マスターイメージを展開するタスクシーケンス

上記の 1 と 2 のタスクシーケンスは、実は1つのタスクシーケンスに統合することができます。それを「Build and Capture」と呼びます(展開及びキャプチャー)。

1つだけのタスクシーケンスで参照コンピューターを展開し、キャプチャーを自動的に行うので、手動な作業が必要の場合、タスクシーケンスを一時的に休止する必要があります。

タスクシーケンス実行中から休止する方法

参照コンピューターを展開するタスクシーケンスを開き、以下のタスクを追加します。

pauseTS

  • タスクタイプ: Run Command Line
  • Command Line:
    cscript.exe "%SCRIPTROOT%\LTISuspend.wsf"

タスクシーケンスを展開し、追加したタスクが実行されるとタスクシーケンスが休止します。

OS 展開を再開するには、デスクトップ上に作成されたショートカットをダブルクリックしてください。

PauseTS2

 

 

Comments (0)

Skip to main content