[Tips] MDT – OS 展開のスピードアップ


みなさん、こんにちは!

本日は OS 展開を加速する非常に便利な Tips を共有したいと思います!

OS 展開ってどう動くかというと、メモリ上で起動する WinPE 環境から OS イメージをディスクに適用することです。OS 展開の一番時間がかかる部分が OS イメージの適用です。ではどのように OS 適用時間を最短にすることができのでしょうか?

通常 OS 展開する際、WinPE ブートイメージは既定の電源プラン「バランス」を使用します。WinPE 内の電源プランを「高パフォーマンス」に変更することで、OS 展開時間を短縮できます。

WinPE の電源プランを変更するには、以下の手順をご利用ください。

  1. MDT コンソールを起動し、加速したいタスクシーケンスのプロパティを開きます
  2. Preinstall」フォルダーの配下に、「Run Command Line」タスクを追加します
    1. 例えば、「Gather Local Only」タスクの後に
  3. Command Line」に以下のコマンドをコピーします
    powercfg /s 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c

powerplan

ちなみに、「8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c」は「高パフォーマンス」電源プランの「Power Scheme GUID」です。

電源プランの「Power Scheme GUID」を取得するには、コマンドプロンプトから、以下のコマンドを入力してください。

powercfg -LIST

powerscheme

こちらの Tips でどれぐらいの時間を節約できたか是非教えてください!

 

Comments (2)

  1. k-watanabe.taf より:

    Great Tips! Thank you.

  2. YUKI より:

    素晴らしいtipsをありがとうございます!
    検証したところ、Windows10の展開が40分→32分に短縮されました。
    1点伺いたいのですが、WindowsPE4.0でも同様の事ができますか?

Skip to main content