MDT にアプリケーションをインポートしよう


みなさん、こんにちは!

本日のトピックはアプリケーションのインポートです。

OS 展開を自動化するには、アプリケーションのインストールを自動化する必要があります。そして、アプリケーションのインストールを自動化するには、インストールをサイレントインストールさせる必要があります。

MDT にアプリケーションをインポートするのはとてもシンプルですが、アプリケーションに関するチャレンジは、どのようにアプリケーションを管理者の手作業なしでインストールできるかがポイントです。

通常手動でインストールする場合、アプリケーションのインストーラと対話を行う必要があります。サイレントインストールは、この対話部分を自動化します。

では、MDT にアプリケーションをどのようにインポートするかを説明する前に、まずはどのようにアプリケーションのインストールをサイレント化するかを説明したいと思います。

アプリケーションのインストールをサイレント化する

アプリケーションは2種類あります。

  1. 従来のデスクトップアプリ
    1. EXE 形式
    2. MSI 形式
  2. Windows ストアからインストールする「ユニバーサルアプリ」(旧モダンアプリ)

1 – デスクトップアプリ

デスクトップアプリのほとんどは EXE 又は MSI 形式で提供されています。

1-1 MSI 形式アプリ

MSI アプリケーションをサイレントインストールするのが1番簡単です。なぜかというと、MSI のインストールコマンドはどのアプリケーションでも同じだからです。

MSI 形式のアプリケーションをインストールするには、以下のコマンドを利用します。

: msiexec.exe /i xxxxx.msi /qn

MSIEXEC コマンドの詳細は、こちらのサイトをご参照ください。

基本的、どのMSI 形式アプリケーションでも、「/qn」 パラメーターにより、サイレントインストールすることができるようになります。

1-2 EXE 形式アプリ

EXE アプリケーションのインストーラーをサイレント化する方が複雑です。なぜかというと、MSI 形式と違って、EXE をサイレントにするスタンダードな規則が存在しないからです。

基本的には、「/s」 パラメーターでインストーラーとの対話を自動化することができますが、すべての EXE に効くわけでもありません。

setup.exe /s

「/s」 が効かないアプリの場合は、そのソフトウェアベンダーの方へど相談いただければと思います。

2 ユニバーサルアプリ

通常、ユニバーサルアプリを Windows ストアからインストールするアプリです。ただし、オフラインでユニバーサルアプリをインストールすることもできます。それをサイドローディングと呼びます。

ストアのユニバーサルアプリをオフラインでインストールするには、Windows Store for Business という無償なサービスを利用する必要があります。※Windows Store for Business にログインするには、Azure AD アカウントが必須です。

Windows Store for Business の URL はこちら

1. Windows Store for Business にログインする。

WDFB1 WSFB2

 

2. ダウンロードしたいアプリを検索する。

WSFB3 WSFB4

3. 「オフライン」オプションを選択し、「アプリをゲット」をクリックする。※オフライン用にダウンロードできないアプリも存在します。

WSFB5 WSFB6

4. 「管理」>「在庫」に移動すると、ゲットしたアプリが表示されます。それをクリックし、「プラットフォーム」と「アーキテクチャ」を選択する。

WSFB7 WSFB8

5. 最後には、アプリ、ライセンス及び必要なフレームワークをダウンロードする。

WSFB9

 

ユニバーサルアプリのインストールはスクリプトで行います。

インストールの順位は:

  1. フレームワーク
  2. ユニバーサルアプリ

上記の例では、Excel Mobile をダウンロードしました。ダウンロードしたコンテンツは:

  • Excel Mobile のソースファイル(APPXBUNDLE)
  • Excel Mobile のライセンスファイル(XML)
  • Excel Mobile が必要なフレームワーク(APPX)

ExcelMobileFiles

 

Excel Mobile のインストールスクリプト(Install.bat)を作成し、以下のコマンドラインをコピーします。

DISM /online /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:"%~dp0Microsoft.VCLibs.140.00_14.0.23816.0_x64__8wekyb3d8bbwe.Appx" /SkipLicense
DISM /online /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:"%~dp0Microsoft.VCLibs.140.00_14.0.23816.0_x86__8wekyb3d8bbwe.Appx" /SkipLicense
DISM /online /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:"%~dp0Microsoft.Office.Excel_2015.6965.50521.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe.AppxBundle" /LicensePath:"%~dp0Microsoft.Office.Excel_8wekyb3d8bbwe_8e8c49b8-3474-de39-76c5-19f9229c795f.xml"

※DISM コマンドの使い方については、こちらのサイトをご参照ください。

MDT にアプリケーションをインポート

まずはダウンロードしたアプリケーションを MDT サーバー上にコピーします。以下の例では、Excel Mobile をコピーしました。

ExcelMobileCopied

MDT コンソール(Deployment Workbench)を起動し、以下の手順を行います。

ExcelMobleMDT1

  1. 「Deployment Shares」>「<展開共有の名前>」>「Applications」>「Microsoft」>「Excel Mobile」へ移動する
  2. 「Excel Mobile」フォルダーを右クリックし、「New Application」をクリックする
  3. 「Application with source files」を選択する。そして「Next」をクリックする。
  4. インポートするアプリケーションに関する情報を入力する。例えば:
    1. Publisher: Microsoft
    2. Application Name: Excel Mobile
    3. Version: x64
    4. Language: JP
  5. アプリケーションのコンテンツをコピーしたフォルダーを指定する。そして「Next」をクリックする。
    1. こちらの例では、「D:\_Sources\Microsoft Excel Mobile」
  6. MDT 展開共有に作成されるフォルダー名を入力する。そして「Next」をクリックする。
    1. 例えば、「Microsoft Excel Mobile x64 JP」
  7. 「Command Line」には、以前作成したインストールスクリプトを指定します。
    1. Excel Mobile の場合は「Install.bat」
    2. EXE 又は MSI 形式のアプリの場合はインストールコマンドラインを入力
      1. EXE の例: 「setup.exe /s」
      2. MSI の例: 「msiexec /i “7z920-x64.msi” /qn」
  8. 「Next」を押し、アプリケーションのインポートが完了します。

MDT にインポートされるアプリケーションは、タスクシーケンスの「Install Application」タスクから指定することができます。

MDTAPP

  • 「Install multiple application」を選択すると、タスクシーケンス実行時にウィザードからインストールするアプリケーションを選択できます。
  • 「Install a single application」を選択すると、タスクシーケンスが自動的にインストールする1つのアプリケーションを選択することができます。そのようなアプリケーションを複数選択したければ、「Install Application」タスクを複数追加してください。

本日の記事は以上となります!次の記事はドライバーにインポートをカバーする予定です!

Comments (0)

Skip to main content