Windows 10 で Copyprofile を使用せずにスタートメニュー(とタスクバー) のデフォルト レイアウトをカスタマイズする

MDT でマスターイメージ展開をする時に、マスターイメージに設定しておきたい項目の1つとしてスタートメニューのレイアウト(タイルの並び順 ) があります。Windows 7 などではマスター環境を作成した際にスタートボタンの表示項目を変更し、 Sysprep 時に指定する応答ファイル(Unattend.xml) の Copyprofile 属性を使用してマスター環境のプロファイルをデフォルトのプロファイルにコピーすることで実現していました。   Windows 10 ではカスタマイズしたスタートメニューのレイアウトをデフォルトのレイアウトとして保存し、OS 上に作成されるユーザーのスタートメニューに反映させる仕組みがあり、より簡単にデフォルトのスタートメニュー のレイアウトをカスタマイズすることが可能です。また、同じ仕組みの中でタスクバーのカスタマイズにも対応しています。   カスタマイズしたスタートメニュー レイアウトをデフォルトのレイアウトとして設定する方法は以下の通りです。 Windows 10 上でスタートメニューのレイアウトをカスタマイズする Windows 10 にログインし、UI 上でスタートメニューの並びを変更します スタートメニューへのアプリのタイルを追加 タイルの並び順や大きさの変更 タイルのグループ化 など   PowerShell を使用してレイアウトファイルにエクスポートする スタートメニューのレイアウトを出力するためにはPowerShell のコマンドレットExport-StartLayout を使用します。 https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/configuration/customize-and-export-start-layout 例) Export-StartLayout -Path C:\temp\StartLayout.xml 管理者権限の PowerShell ウィンドウから2で出力したレイアウトファイルをインポートする スタートメニューのレイアウトファイルのインポートには Import-StartLayout コマンドレットを使用します。 例) Import-StartLayout -LayoutPath C:\temp\StartLayout.xml -MountPath C:\ このコマンドでは現在実行中の…

0

回復パーティションにカスタムツールを入れる方法

みなさん、こんにちは。Windows 10には回復パーティションがあり、ここに独自のツールを入れられる事をご存知でしょうか?通常のWindows 10展開では OSが提供する既定の回復イメージ(WinRE.wim)がリストアされますが、今回はMDTを使ってDaRT(Microsoft Diagnostics and Recovery Toolset)を含めたカスタム回復パーティションを作成する手順をご紹介します。 ※DaRT は、Microsoft Desktop Optimization Pack (MDOP) に含まれています。MDOP はマイクロソフト ソフトウェア アシュアランスの一部です。マイクロソフト ソフトウェア アシュアランスの詳細と、MDOP の入手方法については、「How Do I Get MDOP (MDOP を入手する方法)」 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=322049) をご覧ください。   最初にDaRTをテンポラリーのPC上にインストールします。DaRT回復イメージプログラムより、DaRTプログラムを含んだ回復イメージを作成します。作成したイメージは既定で boot.wim という名前で保存されます。 このboot.wimファイルを MDTサーバーの展開共有以下のScriptsフォルダーに WinRE.wimと名前を変更してコピーします。また、展開共有のCuntomSettings.ini にカスタムWinRE.wimを利用する事を定義します。 これはDeploymentWorkbenchのRulesタブから 「PrepareWinRE=YES」 を入れる事で設定できます。 ここまで準備をして、ターゲットPCにカスタムWindows 10 イメージを展開するタスクシーケンスを実行すると、自動的に回復パーティションにDaRTの入ったカスタムWinRE.wimが展開されます。 Windows 10イメージの展開後に、ブートオプションメニューからコマンドプロンプトを呼び出してDaRTプログラムを実行できますが、ブートオプションにDaRT専用の起動アイコンを作成すれば、更に便利になります。 以下はブートオプションメニューにカスタムアイコンを追加する手順です。 カスタムアイコンを表示するためのファイルを作成します。 <カスタムアイコンを表示するためのxml> ファイルをAddDiagnosticsToolToBootMenu.xmlの名前で保存します。※ファイルはUTF-8コードで保存する必要があります。 AddDiagnosticsToolToBootMenu.xmlをMDTサーバーの展開共有以下のScriptsフォルダーにコピーします。 ターゲットPCにカスタムWindows 10 イメージを展開するタスクシーケンスの最後にAddDiagnosticsToolToBootMenu.xmlを登録するコマンドラインを登録します。 <AddDiagnosticsToolToBootMenu.xmlを登録するコマンドライン> <コマンドラインのタスクシーケンスへの登録例> 以上で回復パーティションにDaRTの入ったカスタムWinRE.wimも展開すると共に、ブートオプションメニューにDaRT起動のカスタムアイコンが登録されます。  …

0

タスクシーケンスでエラーが発生したら

みなさん、こんにちは。 MDT での OS 展開が失敗したときに、ログを確認し、原因を特定して問題を解決したいという要望があると思います。 今回はMDT での OS 展開のステップごとのログの出力場所と参照方法について書かれた、こちらのブログ記事の内容をご紹介します。 (少し古い記事ですがとても役に立ちます) ログの出力場所については OS 展開のタスクシーケンスの進行状況により以下のフォルダとなります。 Windows PE でタスクシーケンスが開始され、OS イメージが適用されるまで: X:\MININT\SMSOSD\OSDLOGS (X ドライブはメモリ上に展開された Windows PE 環境を指しています)   展開対象の PC 上の内蔵のドライブがフォーマットされた後: C:\MININT\SMSOSD\OSDLOGS   展開対象の PC 上に OS イメージの展開が開始された後: %WINDIR%\TEMP\DeploymentLogs   タスクシーケンスが出力するログのうちトラブルシューティングに役立つものとして、以下のログファイルがあります。 BDD.LOG: MDT のログを集めたメインとなるログファイル SMSTS.LOG: タスクシーケンスのエラーのトラブルシュートに使用するログ また、タスクシーケンスで実行されるそれぞれのタスクはそれぞれのログを出力します。 タスクシーケンスにカスタムで追加したタスクで実行される実行ファイルやスクリプトについてもログが出力されますので、追加したカスタムタスクでエラーが発生した場合などもログを参照することで問題解決につながるヒントを得ることができます。 なお、出力されたログファイルはタスクシーケンスが正常終了するとクリーンアップ処理により削除されます。   ログファイルを見るための便利ツール MDT のログファイルは通常のログファイルと同様にテキスト形式のファイルとして出力されますので、メモ帳を使用して内容を確認することができます。   上図のようにメモ帳で見ることもできることもできるのですが、Trace32 というツールでログを見ると警告やエラーの発生個所がハイライトされ、見やすくなります。(Trace32は SCCM 2007 Toolkit…

0

最新MDT情報とバージョンアップについて

みなさん、こんにちは。 Windows 10 導入に向けての準備はいかがでしょうか。好評いただいていたMDTブログですが、しばらく更新ができていませんでした。 少し間が空きましたので、今回は最新版のMDT情報をお届けします。   2018年3月時点での最新のMDTはBuild 8450です。(2017年12月リリース) このバージョンでは次の構成をサポートします。 ・Windows ADK for Windows 10, version 1709 ・Windows 10, version 1709 ・Configuration Manager, version 1710    MDT Build 8450は Microsoft Download Center より取得する事ができます。また、 Windows ADK for Windows 10, version 1709はMicrosoft Hardware Dev Center から入手する事ができます。(adksetup.exe file version 10.1.16299.15) 最新版のMDTでは、新しいWindows 10のサポートに加え、いくつかの品質更新も行われています。詳細については MDT Team Blog(英語)を参照してください。   ところで、みなさんはどのバージョンの MDT をお使いでしょうか? 展開したいWidows 10 のバージョンが上がった場合に、MDTもバージョンアップが必要ですか? という質問をよく頂きます。…

0

タスクシーケンスで端末ごとにコンピューター名をつける

みなさん、こんにちは。 今回は OS 展開のタスクシーケンス内で端末ごとに異なるコンピューター名をつける方法をご紹介したいと思います。 (コンピューター名の設定だけでなく、端末ごとに異なるユーザーも作成します) 方法はいくつか考えられますが、このエントリでは PowerShell で実現します。 端末ごとに異なる情報を使用するためには、まず端末を一意に特定し、その端末と使用するコンピューター名やアカウントを紐づける情報が必要となります。端末を一意に特定する情報としては、シリアル番号、MAC アドレスなどが使用できます。まず、端末固有の情報と紐づくコンピューター名、ユーザーアカウント名、パスワードを指定する情報を CSV ファイルで作成します(今回は ComputerInfo.csv というファイル名で作成しています)。 SerialNum, MacAddress, ComputerName, UserName, Password 123456789, 00:00:00:00:00:00:00:01, Computer01, user01, password1 234567890, 00:00:00:00:00:00:00:02, Computer02, user02, password1 先頭の列名の行も CSV 内に記載しておきます。   次に展開後の端末上で実行されるタスクシーケンス内で端末固有の情報を取得し、この CSV から必要な情報を取得するために今回は PowerShell のスクリプトを使用します。この例では端末のシリアル番号からその端末に設定するコンピューター名とユーザーアカウントを取得し、コマンドを使用して設定しています。また、作成したユーザーをローカルの管理者グループに追加しています。 #SetCompNameSerial.ps1 $Serial = (gwmi win32_BIOS).Serialnumber $CSV = $Args[0] $NewComputer = import-csv $CSV | Where-Object {$_.SerialNum -eq $Serial}…

0

[Tips] タスクシーケンスのバックアップ

みなさん、こんにちは! 本日の Tips には、タスクシーケンスのバックアップ方法をご紹介したいと思います。 MDT 管理コンソールからは、タスクシーケンスをバックアップする機能が存在しません。しかしながら、MDT はすべてファイルベースで構成ファイルを扱う製品なので、展開共有(Deployment Share)を直接アクセスすれば、タスクシーケンスをバックアップすることができます。 以下が以前ご紹介した「タスクシーケンスを作ろう」記事に記載したDeployment Shareのフォルダー階層です。 タスクシーケンスや MDT の構成ファイルは Deployment Share の「Control」フォルダーに格納されています。 「Control」フォルダーには、タスクシーケンス ID を持つフォルダーが存在します。各フォルダーには、タスクシーケンスの構成ファイル(ts.xml)が格納されています。 タスクシーケンスをバックアップするには、タスクシーケンスの構成ファイル(ts.xml)を保存するか、またはタスクシーケンス ID を持ったフォルダーごとを保存する必要があります。フォルダーごとの保存をおすすめします。 追加 TIPS!! タスクシーケンスのコピペも MDT コンソールからはできませんが、便利な回避策があります! タスクシーケンスのコピペを行うには、以下の手順をご利用ください。 コピーしたいタスクシーケンスの ID を確認する(例えば、TS01)  新しいタスクシーケンスを作る(タスクシーケンスの内容はなんでも OK、後から上書きするので) 新しいタスクシーケンスの ID を例えば TS02 にする このタスクシーケンス TS02 にタスクシーケンス TS01 の内容をコピーします Explorer から、「Deployment Share」>「Control」>「TS01」 フォルダーにアクセスし、コピーしたいタスクシーケンスの構成ファイル(ts.xml)をコピー (Ctrl+C) をします Explorer から、「Deployment Share」>「Control」>「TS02」 フォルダーにアクセスし、#3 でコピーした構成ファイルを貼り付けます(Ctrl+V)。上書きの警告に 「OK」…

0

[Tips] 実行中のタスクシーケンスを一時的に休止する手法

みなさん、こんにちは! 本日の Tips は実行中のタスクシーケンスを一時的に休止する手法をご紹介したいと思います。 タスクシーケンスの一時的休止は、以下のシナリオで有効です。 今までのお話しでは、OS 展開をするためにタスクシーケンスを3つ用意するようお勧めしていました。 参照コンピューターを展開するタスクシーケンス 参照コンピューターをキャプチャーするタスクシーケンス マスターイメージを展開するタスクシーケンス 上記の 1 と 2 のタスクシーケンスは、実は1つのタスクシーケンスに統合することができます。それを「Build and Capture」と呼びます(展開及びキャプチャー)。 1つだけのタスクシーケンスで参照コンピューターを展開し、キャプチャーを自動的に行うので、手動な作業が必要の場合、タスクシーケンスを一時的に休止する必要があります。 タスクシーケンス実行中から休止する方法 参照コンピューターを展開するタスクシーケンスを開き、以下のタスクを追加します。 タスクタイプ: Run Command Line Command Line: cscript.exe “%SCRIPTROOT%\LTISuspend.wsf” タスクシーケンスを展開し、追加したタスクが実行されるとタスクシーケンスが休止します。 OS 展開を再開するには、デスクトップ上に作成されたショートカットをダブルクリックしてください。    

0

MDT のモニタリングを有効化

みなさん、こんにちは! 本日は MDT のモニタリングを有効化する手法をご紹介します。 MDT には展開監視機能が標準で提供されております。ただし、モニタリング機能はデフォルトで無効になっております。 MDT のモニタリングを有効化 MDT モニタリングを有効にするには、MDT 展開共有の「プロパティ」を開き、「Monitoring」タブをクリックします。 モニタリングを有効にすると、裏では以下が起こります。 「Microsoft Deployment Toolkit Monitor Service」という新しいサービスがインストールされます。このサービスは、監視されているコンピューターからイベントを受信し、MDT コンソールに OS 展開状況を表示します。 MDT 展開共有のルール(Customsettings.ini)にモニタリングサーバーの情報が追加されます。 これだけで、MDT モニタリングは有効になります! 追加情報 MDT モニタリングが有効に状態で OS 展開を行うと、MDT コンソールに展開されている端末の状況が表示されます。 「Deployment Shares」>「MDT 展開共有の名前」>「Advanced Configuration」>「Monitoring」 配下に展開済みと展開中のコンピューターが表示されます。 コンピューターレコードをダブルクリックすると、詳細が表示されます。詳細は 10秒ごとにアップデートされます。 上記の画面から、以下の操作ができます。 「Remote Desktop」 RDP でリモート接続(mstsc.exe)ができます。OS 展開がまだ WinPE フェーズだと、リモート接続はできません。Windows OS がインストールされた状態から RDP は利用できます。 「VM Connection」 展開されている端末が仮想コンピューターの場合、MDT は自動的に検知して、Hyper-V 接続ツール(VMconnect.exe)で端末にリモート接続することができます。こちらのボタンは、Windows OS…

0

Windows 10 OS 展開の注意点

みなさん、こんにちは! 本日の記事には、Windows 10 OS 展開を行う際に注意する必要な点をご紹介したいと思います。 Consumer Experience の無効化 説明 ユーザーに Windows ストア経由 (インターネット接続が必要) にて、おすすめのアプリがいくつか自動でインストールされる機能です。 Windows 10 で導入された機能ですので、今までは注意する必要がなかったんですが、この機能を無効化しないと、sysprep が失敗する可能性があります。 以下の MS サポートのブログ記事に説明されている通りに、ユーザーのみにインストールされたストアアプリが存在すると Sysprep が失敗します。コンシューマーエクスペリエンスは、ユーザーにおすすめのアプリをインストールします。 http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2015/12/21/windows-10-1511-sysprep.aspx 対策 参照コンピューターを展開するタスクシーケンスに、この機能を無効化するタスクを追加します。 タスクタイプ: Run Command Line Command Line: reg add HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\CloudContent /v DisableWindowsConsumerFeatures /t REG_DWORD /d 1 /f CopyProfile での IE クラッシュ 説明 Windows 10 の参照コンピューターを CopyProfile 設定でキャプチャーすると、展開されたイメージで IE があるサイトにアクセスするとクラッシュすることがあります。その理由は以下のサイトで説明されています。 https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2016/01/24/windows-8-windows-8-1-low-mandatory-level-1/…

0

MDT の便利な変数 ~ゼロタッチを目指そう!~

みなさん、こんにちは! 本日の記事には、MDT の便利な変数をご紹介します。 MDT の変数を使う理由は1つ: OS 展開を手作業なしで行うことです。それをゼロタッチインストールと呼びます。 MDT の1つの重要なメリットは、変数を利用することで、応答ファイル(unattend.xml)を動的に展開時に編集ができることです。こうして、通常 Windows ADK に含まれている Windows SIM(System Imaging Manager)ツールを利用することもなく、OS 展開を自動化できるようになります。(個人的には SIM ツールを使う必要がないことが1番うれしいですw) MDT の全変数リファレンスガイドがこちらからアクセスできますが、公開されている変数の数が非常に多いため、一番便利なものをこちらに紹介しようと思いました。 OS 展開をゼロタッチにするには、基本的 展開時の MDT ウィザードをスキップして、そのウィザード画面が求めていた情報を変数で定義する必要があります。MDT ウィザード画面系の変数は Skip から始まるものです。以下の変数を利用すれば、基本的すべてのウィザードをスキップできます。 以下にご紹介する変数は「Customsettings.ini」で利用可能な変数です。 _SMSTSOrgName: OS を展開する時に表示される、会社名(値例:Contoso) OSInstall: OS展開を許可する(値例:YES) SkipCapture: OSキャプチャーのウィザードをスキップ(値例:NO) SkipProductKey: プロダクトキーを指定するウィザードをスキップ(値例:YES) SkipComputerBackup: コンピューターのバックアップを設定するウィザードをスキップ(値例:YES) SkipBitLocker: BitLockerを設定するウィザードをスキップ(値例:YES) SkipBDDWelcome: ようこそ画面をスキップ(値例:YES) SkipUserData: ユーザーデータ移行に関するウィザードをスキップ(値例:YES) UserDataLocation: USMTが移行の際、ユーザーデータを格納するパス(USMTを利用しない場合:NONE) AdminPassword: ローカル管理者アカウントのパスワードを定義(”Administrator” アカウントのパスワード) SkipAdminPassword: ローカル管理者アカウントのパスワードを定義するウィザードをスキップ(値例:YES) KeyboardLocale:…

0