タスクシーケンスで端末ごとにコンピューター名をつける

みなさん、こんにちは。 今回は OS 展開のタスクシーケンス内で端末ごとに異なるコンピューター名をつける方法をご紹介したいと思います。 (コンピューター名の設定だけでなく、端末ごとに異なるユーザーも作成します) 方法はいくつか考えられますが、このエントリでは PowerShell で実現します。 端末ごとに異なる情報を使用するためには、まず端末を一意に特定し、その端末と使用するコンピューター名やアカウントを紐づける情報が必要となります。端末を一意に特定する情報としては、シリアル番号、MAC アドレスなどが使用できます。まず、端末固有の情報と紐づくコンピューター名、ユーザーアカウント名、パスワードを指定する情報を CSV ファイルで作成します(今回は ComputerInfo.csv というファイル名で作成しています)。 SerialNum, MacAddress, ComputerName, UserName, Password 123456789, 00:00:00:00:00:00:00:01, Computer01, user01, password1 234567890, 00:00:00:00:00:00:00:02, Computer02, user02, password1 先頭の列名の行も CSV 内に記載しておきます。   次に展開後の端末上で実行されるタスクシーケンス内で端末固有の情報を取得し、この CSV から必要な情報を取得するために今回は PowerShell のスクリプトを使用します。この例では端末のシリアル番号からその端末に設定するコンピューター名とユーザーアカウントを取得し、コマンドを使用して設定しています。また、作成したユーザーをローカルの管理者グループに追加しています。 #SetCompNameSerial.ps1 $Serial = (gwmi win32_BIOS).Serialnumber $CSV = $Args[0] $NewComputer = import-csv $CSV | Where-Object {$_.SerialNum -eq $Serial}…

0

[Tips] タスクシーケンスのバックアップ

みなさん、こんにちは! 本日の Tips には、タスクシーケンスのバックアップ方法をご紹介したいと思います。 MDT 管理コンソールからは、タスクシーケンスをバックアップする機能が存在しません。しかしながら、MDT はすべてファイルベースで構成ファイルを扱う製品なので、展開共有(Deployment Share)を直接アクセスすれば、タスクシーケンスをバックアップすることができます。 以下が以前ご紹介した「タスクシーケンスを作ろう」記事に記載したDeployment Shareのフォルダー階層です。 タスクシーケンスや MDT の構成ファイルは Deployment Share の「Control」フォルダーに格納されています。 「Control」フォルダーには、タスクシーケンス ID を持つフォルダーが存在します。各フォルダーには、タスクシーケンスの構成ファイル(ts.xml)が格納されています。 タスクシーケンスをバックアップするには、タスクシーケンスの構成ファイル(ts.xml)を保存するか、またはタスクシーケンス ID を持ったフォルダーごとを保存する必要があります。フォルダーごとの保存をおすすめします。 追加 TIPS!! タスクシーケンスのコピペも MDT コンソールからはできませんが、便利な回避策があります! タスクシーケンスのコピペを行うには、以下の手順をご利用ください。 コピーしたいタスクシーケンスの ID を確認する(例えば、TS01)  新しいタスクシーケンスを作る(タスクシーケンスの内容はなんでも OK、後から上書きするので) 新しいタスクシーケンスの ID を例えば TS02 にする このタスクシーケンス TS02 にタスクシーケンス TS01 の内容をコピーします Explorer から、「Deployment Share」>「Control」>「TS01」 フォルダーにアクセスし、コピーしたいタスクシーケンスの構成ファイル(ts.xml)をコピー (Ctrl+C) をします Explorer から、「Deployment Share」>「Control」>「TS02」 フォルダーにアクセスし、#3 でコピーした構成ファイルを貼り付けます(Ctrl+V)。上書きの警告に 「OK」…

0

[Tips] 実行中のタスクシーケンスを一時的に休止する手法

みなさん、こんにちは! 本日の Tips は実行中のタスクシーケンスを一時的に休止する手法をご紹介したいと思います。 タスクシーケンスの一時的休止は、以下のシナリオで有効です。 今までのお話しでは、OS 展開をするためにタスクシーケンスを3つ用意するようお勧めしていました。 参照コンピューターを展開するタスクシーケンス 参照コンピューターをキャプチャーするタスクシーケンス マスターイメージを展開するタスクシーケンス 上記の 1 と 2 のタスクシーケンスは、実は1つのタスクシーケンスに統合することができます。それを「Build and Capture」と呼びます(展開及びキャプチャー)。 1つだけのタスクシーケンスで参照コンピューターを展開し、キャプチャーを自動的に行うので、手動な作業が必要の場合、タスクシーケンスを一時的に休止する必要があります。 タスクシーケンス実行中から休止する方法 参照コンピューターを展開するタスクシーケンスを開き、以下のタスクを追加します。 タスクタイプ: Run Command Line Command Line: cscript.exe “%SCRIPTROOT%\LTISuspend.wsf” タスクシーケンスを展開し、追加したタスクが実行されるとタスクシーケンスが休止します。 OS 展開を再開するには、デスクトップ上に作成されたショートカットをダブルクリックしてください。    

0

MDT のモニタリングを有効化

みなさん、こんにちは! 本日は MDT のモニタリングを有効化する手法をご紹介します。 MDT には展開監視機能が標準で提供されております。ただし、モニタリング機能はデフォルトで無効になっております。 MDT のモニタリングを有効化 MDT モニタリングを有効にするには、MDT 展開共有の「プロパティ」を開き、「Monitoring」タブをクリックします。 モニタリングを有効にすると、裏では以下が起こります。 「Microsoft Deployment Toolkit Monitor Service」という新しいサービスがインストールされます。このサービスは、監視されているコンピューターからイベントを受信し、MDT コンソールに OS 展開状況を表示します。 MDT 展開共有のルール(Customsettings.ini)にモニタリングサーバーの情報が追加されます。 これだけで、MDT モニタリングは有効になります! 追加情報 MDT モニタリングが有効に状態で OS 展開を行うと、MDT コンソールに展開されている端末の状況が表示されます。 「Deployment Shares」>「MDT 展開共有の名前」>「Advanced Configuration」>「Monitoring」 配下に展開済みと展開中のコンピューターが表示されます。 コンピューターレコードをダブルクリックすると、詳細が表示されます。詳細は 10秒ごとにアップデートされます。 上記の画面から、以下の操作ができます。 「Remote Desktop」 RDP でリモート接続(mstsc.exe)ができます。OS 展開がまだ WinPE フェーズだと、リモート接続はできません。Windows OS がインストールされた状態から RDP は利用できます。 「VM Connection」 展開されている端末が仮想コンピューターの場合、MDT は自動的に検知して、Hyper-V 接続ツール(VMconnect.exe)で端末にリモート接続することができます。こちらのボタンは、Windows OS…

0

Windows 10 OS 展開の注意点

みなさん、こんにちは! 本日の記事には、Windows 10 OS 展開を行う際に注意する必要な点をご紹介したいと思います。 Consumer Experience の無効化 説明 ユーザーに Windows ストア経由 (インターネット接続が必要) にて、おすすめのアプリがいくつか自動でインストールされる機能です。 Windows 10 で導入された機能ですので、今までは注意する必要がなかったんですが、この機能を無効化しないと、sysprep が失敗する可能性があります。 以下の MS サポートのブログ記事に説明されている通りに、ユーザーのみにインストールされたストアアプリが存在すると Sysprep が失敗します。コンシューマーエクスペリエンスは、ユーザーにおすすめのアプリをインストールします。 http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2015/12/21/windows-10-1511-sysprep.aspx 対策 参照コンピューターを展開するタスクシーケンスに、この機能を無効化するタスクを追加します。 タスクタイプ: Run Command Line Command Line: reg add HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\CloudContent /v DisableWindowsConsumerFeatures /t REG_DWORD /d 1 /f CopyProfile での IE クラッシュ 説明 Windows 10 の参照コンピューターを CopyProfile 設定でキャプチャーすると、展開されたイメージで IE があるサイトにアクセスするとクラッシュすることがあります。その理由は以下のサイトで説明されています。 https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2016/01/24/windows-8-windows-8-1-low-mandatory-level-1/…

0

MDT の便利な変数 ~ゼロタッチを目指そう!~

みなさん、こんにちは! 本日の記事には、MDT の便利な変数をご紹介します。 MDT の変数を使う理由は1つ: OS 展開を手作業なしで行うことです。それをゼロタッチインストールと呼びます。 MDT の1つの重要なメリットは、変数を利用することで、応答ファイル(unattend.xml)を動的に展開時に編集ができることです。こうして、通常 Windows ADK に含まれている Windows SIM(System Imaging Manager)ツールを利用することもなく、OS 展開を自動化できるようになります。(個人的には SIM ツールを使う必要がないことが1番うれしいですw) MDT の全変数リファレンスガイドがこちらからアクセスできますが、公開されている変数の数が非常に多いため、一番便利なものをこちらに紹介しようと思いました。 OS 展開をゼロタッチにするには、基本的 展開時の MDT ウィザードをスキップして、そのウィザード画面が求めていた情報を変数で定義する必要があります。MDT ウィザード画面系の変数は Skip から始まるものです。以下の変数を利用すれば、基本的すべてのウィザードをスキップできます。 以下にご紹介する変数は「Customsettings.ini」で利用可能な変数です。 _SMSTSOrgName: OS を展開する時に表示される、会社名(値例:Contoso) OSInstall: OS展開を許可する(値例:YES) SkipCapture: OSキャプチャーのウィザードをスキップ(値例:NO) SkipProductKey: プロダクトキーを指定するウィザードをスキップ(値例:YES) SkipComputerBackup: コンピューターのバックアップを設定するウィザードをスキップ(値例:YES) SkipBitLocker: BitLockerを設定するウィザードをスキップ(値例:YES) SkipBDDWelcome: ようこそ画面をスキップ(値例:YES) SkipUserData: ユーザーデータ移行に関するウィザードをスキップ(値例:YES) UserDataLocation: USMTが移行の際、ユーザーデータを格納するパス(USMTを利用しない場合:NONE) AdminPassword: ローカル管理者アカウントのパスワードを定義(”Administrator” アカウントのパスワード) SkipAdminPassword: ローカル管理者アカウントのパスワードを定義するウィザードをスキップ(値例:YES) KeyboardLocale:…

0

[Tips] MDT – 展開画面の 「IT Organization」 を会社名に変更する方法

みなさん、こんにちは! 本日は新しい Tips をご紹介したいと思います。 MDT のデフォルトの設定では、タスクシーケンスの実行時、会社名として 「IT Organization」 が表示されます。   幸い、こちらの値はカスタマイズすることが可能です。 MDT の管理コンソールを開き、展開共有(Deployment Share)を右クリックし、「プロパティ」をクリックする 「Rules」タブを選択し、以下の変数の定義を追加する ※「Contoso」の代わりに会社名を入力してください _SMSTSOrgName=Contoso 「OK」をクリックして、完了です 結果としては、次回 OS 展開を行う時、以下のように表示されるようになります。

0

[Tips] MDT – OS 展開のスピードアップ

みなさん、こんにちは! 本日は OS 展開を加速する非常に便利な Tips を共有したいと思います! OS 展開ってどう動くかというと、メモリ上で起動する WinPE 環境から OS イメージをディスクに適用することです。OS 展開の一番時間がかかる部分が OS イメージの適用です。ではどのように OS 適用時間を最短にすることができのでしょうか? 通常 OS 展開する際、WinPE ブートイメージは既定の電源プラン「バランス」を使用します。WinPE 内の電源プランを「高パフォーマンス」に変更することで、OS 展開時間を短縮できます。 WinPE の電源プランを変更するには、以下の手順をご利用ください。 MDT コンソールを起動し、加速したいタスクシーケンスのプロパティを開きます 「Preinstall」フォルダーの配下に、「Run Command Line」タスクを追加します 例えば、「Gather Local Only」タスクの後に 「Command Line」に以下のコマンドをコピーします powercfg /s 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c ちなみに、「8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c」は「高パフォーマンス」電源プランの「Power Scheme GUID」です。 電源プランの「Power Scheme GUID」を取得するには、コマンドプロンプトから、以下のコマンドを入力してください。 powercfg -LIST こちらの Tips でどれぐらいの時間を節約できたか是非教えてください!  

2

[Tips] MDT – WIM ファイルの分割

みなさん、こんにちは! クイック Tips をこちらに共有したいと思います。 Surface Pro 4 みたいな UEFI Only のデバイスを USB メモリからブートするには、その USB メモリを FAT32 でフォーマットする必要があります。 FAT32 は 4 GB 以上のファイルを認識できません ほとんどのケースにおいて、カスタムイメージのサイズは 4 GB を超えます WIM イメージのサイズが 4 GB を超える場合、分割する必要があります MDT 2013 Update 2 では WIM イメージの自動分割機能が搭載されています。 ただし、既定では無効になっている。有効化するには、以下の手順をご利用ください。 <Deployment Share パス> → [Control] フォルダーから [Settings.xml] をメモ帳で編集 [Settings.xml] に <SkipWimSplit>False</SkipWimSplit> を </Settings> タグの前に追加 メモ帳を閉じる そうすると、オフラインイメージが作成される際、WIM…

0

[de:code 2016] Windows 10 の展開 ~プロビジョニング? いやワイプ & ロードでしょ!~

みなさん、こんにちは! 本日は新しい記事ではなく、私が今年の5月に登壇した de:code 2016 の Windows 10 展開セッションが Channel9 サイトに公開されましたので、共有されていただきます。 タイトル:Windows 10 の展開 ~プロビジョニング? いやワイプ & ロードでしょ!~ セッションのビデオとプレゼンテーション資料は以下のURLからアクセスできます。 URL:https://channel9.msdn.com/Events/de-code/2016/INF-024 ご興味があれば、是非こちらのセッションをご覧ください!m(_ _)m なお、プレゼンテーション資料の Appendix にプロビジョニングに関する技術情報が山ほどありますので、是非ご参照ください!プレゼンテーション資料は、こちらからアクセスできます。 Windows 10 関連セッション 以下の関連する Windows 10 セッションも是非是非ご覧ください! 実践! Windows as a Service との上手な付き合い方 ~新しい OS 更新管理の徹底解説~ 内容:Windows 10 は、Windows as a Service の概念の元、定期的に機能強化がなされる “成長するOS” となっています。更新プログラムの提供方法や機能アップグレード モジュールの展開など、従来の Windows OS と管理方法が異なってきます。本セッションでは Windows 10…

0