Internet Explorer 8をInPrivateモードで起動する方法

多くの人が使うような端末でのIE8設定で、InPrivate モードで起動したいというニーズは結構あるのじゃないかな?というように思います。 ”C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe” –private と、-private オプションを付けて起動することにより、最初から、InPrivate モードで起動します。 ショートカットなど作っておくと便利。

0

VSUG 2009 フォローアップ

少し前の話になりますが、6月6日のVSUG Dayにて、開発者のInternet Explorer 8対応について話をさせていただきました。 そのフォローアップとして少し情報を記述しておきます。 [その1]IE8のイントラネットでのレンダリングモードはIE8互換モード(IE7同等) 結構、大事なことを言い忘れました(すみません)。IE8は、3種類のレンダリングモードがあり、Web標準モード(IE8標準モード)がデフォルトの設定になっていると説明してきています。これは間違いではないのですが、イントラネットの場合については、IE8互換モード(つまりはIE7同等)がデフォルト設定となっています。 つまりは、イントラネット向けWebアプリケーションを構築している場合、IE7をターゲットに作成していれば、IE7とIE8の互換性についての対応の追加作業は無いか、少なくてすむはずです。 [その2]各レンダリングモードにおけるJavaScriptエンジンについて 結論的には、IE8標準モードでは、最新のJavaScriptエンジンが、IE8互換モード(IE7同等)およびQuarksモードでは、IE7相当のJavaScriptエンジンが利用されます。 詳細は、IEBlog [http://blogs.msdn.com/ie/archive/2009/03/24/what-s-new-in-jscript-for-ie8.aspx] 、Windows開発統括部Blog [http://blogs.msdn.com/jpwin/archive/2009/04/03/ie8-jscript.aspx] に記述されています。

0

VSUG Day 2009でInternet Explorer 8について話します

明後日の6月6日ベルサール八重洲で開催されます「VSUG DAY 2009」にて、Internet Explorer 8について1時間ほど話をさせていただく機会をいただきました。下位互換性を考えつつ、新機能を盛り込む方法についての考え方などを解説したいと思っています。 http://vsug.jp/tabid/228/EventID/4/Default.aspx VSUG Dayでは、Silverlight3やWPFについてのセッションのUI周りのセッションから、ASP.NET MVCなども語られるようです。特にMVCについては、従来モデルとの違いをどうとらえられるのか?というところが興味津々です。

0

IE8で互換表示させない方法

先月製品版がリリースされたということもあってIE8についてのご質問をよくいただくようになりました。 現在のコンテンツがIE7で表示確認済みであれば、IE8対応の最初のステップはIE8を互換モード(IE7同等モード)で動作させるようにmetaタグの追加や、httpヘッダの変更を案内しています。 META タグと将来の互換性のロック いくつかのサイトでは、IE8側で最初から対応し、互換モードで動作するような指定をしています。そのサイトのリストは res://iecompat.dll/iecompatdata.xml とアドレスバーに入力することで確認できるのですが、このリストからサイトを削除するにはどうするのか?という問い合わせをいただきました。 とあるメールアドレスに削除したいサイト情報を送っていただくような手続きをいまのところお願いしています。実際のこのあたりの仕組みは、Windows 開発統括部 Blogで解説されていますので、ぜひご一読を。 IE8 の互換表示について

0

Internet ExplorerのアドインをC# / VB などで開発する方法(SpicIEの紹介)

Internet Explorer(IE)は、他のブラウザ同様、拡張するためのインターフェースを持っています。このインターフェースは、かなり以前のバージョン(少なくともIE4には同様のインターフェースがあり、記憶ではIE3から実装されていた気がします)から実装されているので、インターフェースとしてはCOMが採用されています。 そのため、IE7やIE8のアドインを実装しようとした場合、.NET Frameworkを使って実装するには、COM Interopを使って結構メンドウなことをする必要があります。 という状況を改善するために、Microsoftドイツのエバンジャリストが、.NET Framework上での開発でIEアドインを実装するための、ラッパーを作成し、microsoft.com 上で公開しています。 URL:http://code.msdn.microsoft.com/SpicIE

0

Internet Explorer 8 正式版リリース

速報です。  Internet Explorer 8 (IE8)の正式版のダウンロードが開始されました。 今まで、ベータ版、製品候補版を利用されいた方も、そうでない方も是非インストールを! http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/ie/function/default.mspx

0

ブラウザで強制的にフォントを指定する方法

Windows Vistaリリース以降、Webサイトのいくつかは、メイリオフォントを指定しているところもいくつかでてきました。「MSゴシックとメイリオとどちらが見やすいか?」というのは主観的な判断ですが、個人的には、メイリオの方が読みやすい場面も少なくないな。と思っています。 すると気になるのが、メイリオで表示されないWebサイト。 そこで、独自のスタイルシートをブラウザに読み混ませることで、多くのサイトでメイリオで表示させることができますので、方法を紹介します。 まず、独自のCSSを作ります。もっとも単純なのは、 * {   font-family: “Meiryo”,”メイリオ”;} と指定ししていまうこと。このファイルを作り.cssで保存します。 そして、ブラウザにこのCSSをよみこませます。Internet Explorerの場合、メニューより ツール(T)|インターネットオプション(O)|全般ページにある[ユーザー補助(E)]|ユーザー スタイルシート の項目で[自分のスタイル シートでドキュメント書籍を設定する(D)]で、先ほどのCSSを読み込ませればOKです。 (あえて、Windows XPダイアログ) サイトによってはフォント指定を変更されることを考慮していない場合などもありますので、その場合はCSSを外せば大丈夫です。  #個人的な感覚ではMSDNライブラリなど見やすくなる感がありますね。  ちなみに、Windows XPでもメイリオフォントは利用できます。その方法は今度。  

2

Internet Explorer 8アクセラレータの実ファイルのありか

[備忘録] IE8のアクセラレータの実ファイルのありかは、 %USERPROFILE%\AppData\LocalLow\Microsoft\Internet Explorer\Services にあります。実装されているxmlファイルなどは参考になります。

0

まずはIE8を体感してください。それと、Internet Explorer 8対応の際には、IEアドオンギャラリーに登録お願いします。

IE8にはいくつかの新機能があります。ぜひ、Webサイト構築されてる方、Webアプリケーション作成されている方に新機能を使っていただきたいと思うのですが、まずは、自ら体感したいですよね。IE8の新機能実装サイトについては、アドオンギャラリー(ieaddons.com)に訪問してみてください。 実はこのアドオンギャラリーですが、誰もがコンテンツを追加できるようになっています。 たとえば「青森県庁」サイト。新着情報が、Webスライスに対応していますが、この情報は、ユーザー登録いただき、追加していただいた情報です。 ieaddons.comは日本語だけの情報ではなく、各国の情報が掲載され、このサイトとのリンクはそれなりにSEO対策にもある可能性があるので、ぜひぜひ、ご登録お願いします。 特にWebスライスの実装の敷居は高くないのでオススメです。   IE8 新機能http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/ie/beta/features.mspx IEアドオンギャラリーhttp://www.ieaddons.com/jp/ 青森県庁http://www.pref.aomori.lg.jp/news/

0

Internet Explorer 8対応についてのお願い

お急ぎの方は、最下部へ Internet Explorer 8(以下IE8)の製品候補版(通常、RC[Release Candidate]呼ばれています)が1月末にリリースされたのはご存じで、すでにお使いに成られている方も多いのではないかと思います。 IE7をターゲットにしたサイトでは、下記画像の様に、文書が破れているマークがアドレスバーの横に表示されることがあります。これがどういった条件で表示されるか?は、MSDNライブラリのコンテンツ「META タグと将来の互換性のロック」をご参照いただくとして、誤解を恐れずシンプルに解説すると、Web標準に準拠したHTMLコーディングをしており、IE8がIE8レンダリングモードであり、IE8のレンダリングモードが、METAタグもしくは、METAスイッチで明示的に指定されていない時に表示されます。 ぜひ、IE8のWeb標準モードのレンダリングエンジンをご使用いただいたいのですが、既存サイトをIE8対応にするのには、時間も労力もかかります。過去にIE7でチェックしたサイトでは、IE8をIE7モードでレンダリングさせるようにすることで、IE7と同等の表示になるように設計されています。そこで、お願いです。 IE7をターゲットに作成したWebサイトでは、取り急ぎ、IE8がIE7互換モードでレンダリングするようにMETAスイッチを追加しただけないでしょうか。 具体的には <meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=EmulateIE7″ /> とhead部分にいれていただくだけです。サイト全体であれば、Webサーバーで設定することも可能です。 そうすることで、上記画像のアイコンが表示されなくなります。もちろん、最終的には、IE8モードでサイト構築していただきいと思っています。 また、IE8がどのモードでレンダリングされているか?は、アドレスバーに以下のJavaScriptをタイプすることで確認できます。 javascript:alert(document.documentMode);   [リンク」 Internet Explorer 互換性センターhttp://msdn.microsoft.com/ja-jp/ie/cc405106.aspx

0