初のDotNetNuke日本語書籍登場です

技術評論社から「ドットネットヌークWebサイト構築」が近日発売になります。 DotNetNukeのインストールから、企業向けのサイト構築方法まで解説されており、DotNetNukeの一通りが理解できるような内容になっています。 http://www.gihyo.co.jp/books/syoseki.php/4-7741-2909-7

0

DataWebのWindowsホスティングサービスがリニューアルしました

少々前の話ですが、DataWebのWindowsホスティングサービスがリニューアルしました。大きな特徴は、 SSL対応可能 サブドメイン作成可能 DotNetNukeのインストール代行サービス DotNetNukeについては、インストール代行サービスをされているだけでなく、いろいろと情報も提供されてます。また、サービス説明サイトもDotNetNukeできれいなサイトを構築されています。 DataWebhttp://www.dataweb.ne.jp/pc/  

0

ファーストサーバから 4Gのデータベースを備えながらも1,000円以下のホスティングサービス登場

以前、無料のホスティングサービスでご紹介したファーストサーバーが、大容量データベース利用可能なサービス「FS デベッロパーズ プラットフォーム SOHO」提供を開始しました。特徴は、 SQL Server 2005およびASP.NET 2.0対応 Web/Mail容量は、150MBだが、データベースは4G 月々945円(初期費用は2,100円) 多くのASP.NETベースのWebアプリケーションの場合、サイトコンテンツはデータベースに書き込むため、150MBでも十分な容量です。たとえば、DotNetNuke4.3.5の場合、40MB程度の利用です。(ただし、DotNetNukeの場合、画像はデータベースにストアしない場合が多いですが)  

0

レンタルサーバー完全ガイドVol.5にDotNetNuke記事

インプレスコミュニケーションズから発刊されている「レンタルサーバー完全ガイドVol.5」にDotNetNukeの記事が掲載されています。 レンタルサーバーガイドでは、すでにDotNetNukeのインストール方法など過去に紹介されていますので、今回は、事例や、スキンの作成方法の概要などが解説されています。 事例は、 九頭竜テラル高原 (少々季節はずれ) JリーグFC東京所属石川直宏オフィシャルサイト が紹介されています。その他の事例もdotnetnuke.jpに掲載されていますので、是非ご覧ください。

0

dotnetnuke.jpリニューアル

dotnetnuke.jp が大幅リニューアルしました。もちろん、DotNetNukeのスキンの機能を利用しています。メニューも横並びから縦並びに大きくかわりました。 また、DNNとBlogについての違いなどの説明も追加されています。ご参考まで。 DNNとBlogの比較http://dotnetnuke.jp/tabid/400/Default.aspx    

0

DotNetNuke無料スキン3種公開

   これらはdotnetnuke.jpで先日公開されたDotNetNuke向けの無料スキンです。詳しくは、ダウンロードページへ訪れていただきたいのですが、それぞれ、汎用的なWebサイトにカスタマイズして利用できるようなスキンにしあがっています。 DotNetNukeという同じCMSを使いながら、スキンカスタマイズで印象を大きく変えられるという見本にもなっています。 DotNetNukeでおもしろいのは、スキンデザインにHTML+CSSファイルを利用できるところです。そのため、Webデザイナの協力も得やすいのが特徴です。 個人的には、最初の物販系企業スキン、テンプレートが好きです。名前の通りCoolなサイトになってます。 DotNetNuke.JP スペシャルスキンダウンロードhttp://dotnetnuke.jp/tabid/52/Default.aspx

0

MIX06に参加しています

米国ラスベガスで3月20日から開催されているMIX06に参加しています。 初日キーノートでは、「Web 2.0」で有名なTim O’Reilly氏とBill Gateの対談も行われ、次世代のWebのあり方について語られています。 日本からも、数人の方が参加されており、その1社のセカンド・ファクトリーさんには、専用サイト「http://www.2fc.net」を立ち上げ、情報発信されていますので、サイトに訪れてみてください。尚、そのサイトもDotNetNukeで構築されています。 また、発表文がみつけられていないのですが、AJAXをサポートするAtlasのGo Live LicenseがMIX06で発表になり、March CTPもリリースされたので、今が旬かもしれません。

0

DotNetNukeセミナー&オフサイトミーティング

DotNetNuke自体の知名度も一年前とは比較にならないほどあがっており、DotNetNukeを活用したWebサイト例もいくつか登場してきました。 (そこでということではないのですが)DotNetNuke.jp 主催で、「DotNetNukeセミナー&オフサイトミーティング」が東京・大阪・名古屋で、3月末より開催されます。 DotNetNukeでWebサイト制作を考えてる方は参加を検討してみてください。

0

DotNetNuke 3.2.2日本語モジュールとオリジナルスキン+テンプレートの「公開をしました

DotNetNukeは、CMS(コンテンツ管理システム)ですが、CMSを使うと、WebサイトがCMSチックになることが多いです。DotNetNukeは、スキンを使うとCMSであるということをかなりわかりにくくなるまで、カスタマイズすることができます。 それを実感していただくために、企業Webサイトのサンプル例として、スキン+テンプレートを作成し、公開いたしました。是非、そのポテンシャルをご覧いただきたいと思います。 DotNetNukeによる企業Webサイト構築例http://dotnetnuke.jp/business/ スキン+テンプレートダウンロードリンクhttp://dotnetnuke.jp/tabid/52/Default.aspx DotNetNuke 3.2.2対応日本語モジュールダウンロードリンクhttp://dotnetnuke.jp/tabid/52/Default.aspx  

0

DotNetNuke 3.2.1対応日本語リソース公開しました

従来バージョンと同様にdotnetnuke.jp にて公開しています。 今回は、DotNetNuke本体のバージョンアップに追従するだけではなく、メール送信について、一部機能拡張しています。具体的には、メール送信の場面にUTF-8のエンコードではなく、ISO-2022-JPなどを指定することができるようになりました。

0