Visual Studio 2008 Ready Day開催(1月21日)

先週末、Visual Studio 2008 日本語版開発完了の告知をさせていただきましたが、今度は、記念イベントのお知らせです。 2008年1月21日にVisual Studio 2008 Ready Dayと題しまして、リリース記念イベントを開催します。キーノートは、SilverlightやASP.NETなど弊社のWeb技術を統括し、PDCやMIXなど米国マイクロソフトのイベントでキーノートを実施した経験のある、Scott Guthrie(スコット・ガスリー)が担当。今回が担当します。内容については、こうご期待ですが、Scott Guthrieならではの濃い内容をご期待ください。 Visual Studio 2008 Ready Day http://www.microsoft.com/japan/msdn/events/vs2008/ Scott Guthrie Bloghttp://weblogs.asp.net/scottgu/

0

Visual Studio 2008 日本語版 本日 ダウンロード開始です!

先月 Visual Studio 2008(英語版)は11月末開発完了します  にて 「日本語版については年末から年始にかけての開発完了を予定しています」と日本語版の開発完了を告知させていただきましたが、本日、MSDN サブスクライバからのダウンロードを開始いたしましました!!! 実は私もまさに今MSDNサブスクライバダウンロードから入手している最中で、もうすぐ正式リリース版のインストールができること、本当うれしく、待ち遠しかったです。 また、実際のパッケージリリースについても2月8日と 「Microsoft(R) Visual Studio(R) 2008 日本語版の開発を完了、完成版の提供を開始」の様にプレスリリースで告知させていただきました。 実は前回のブログでは Windows Vista(.NET Framework 3.0) 、the 2007 Office systemに対しては、約1年、アドインで対応していただきご不便をおかけしてきましたが、Visual Studio 2008のリリースで、その不便も解消されますのでご期待ください。 の様に書かせていただきましたが、Visual Studio 2008はWindows Vistaや2007 Office systemをターゲットとしていない方々、つまり、たとえばVisual Studio 2005を今ご利用いただいていて.NET Framework 2.0対応アプリケーションを作成されている方々にも使っていただきたい製品です。そういう意味で、カタログやキャッチなコピーのつけにくい部分で細かい改善が多々されています。また、、旧バージョンのVisual Studioとの共存も可能ですので、まずはインストールからはじめてみてください。

3

Visual Studio 2008(英語版)は11月末開発完了します

昨日、ヨーロッパで開催されているTechEdにてVisual Studio 2008および.NET Framework 3.5の開発完了を11月末に行うとアナウンスがありました。  Microsoft Commits to November Release Date for Visual Studio 2008 and the .NET Framework 3.5 日本語版については年末から年始にかけての開発完了を予定しています。 Windows Vista(.NET Framework 3.0) 、the 2007 Office systemに対しては、約1年、アドインで対応していただきご不便をおかけしてきましたが、Visual Studio 2008のリリースで、その不便も解消されますのでご期待ください。

3

Visual Studio 2008 Beta2 日本語版でAjaxする!

すでに、色々なブログでもポストされているとおり、本日、めでたくVisual Studio 2008 Beta2 日本語版の公開が始まりました。   Visual Studio 2008 の新機能の一つに、Visual Studio 2005ではアドインであったASP.NET AJAXの取り込みがあります。 早速インストールしてテストしようと、新しいWebサイトを作成してみると、ツールボックスにAJAX Extentionsの項目が現れません!んんん、と思いましたが、実は、少なくとも、Beta 2バージョンのVisual Studio 2008では、標準のプロジェクトは.NET Framework 3.0を利用します。AJAXは.NET Framework 3.5からの機能ですので、新しいWebサイト作成の時に、しっかり、.NET Framework 3.5を選択しないといけません。 ご注意を! Visaul Studio 2008  日本語版 情報サイトhttp://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/future/

0

MSDNコミュニティコンテンツ正式運用開始

以前より、ベータ公開していました「MSDNコミュニティコンテンツ」の正式運用を昨日アナウンスしました。 「MSDN(R) コミュニティコンテンツ」正式運用開始 http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3147 これは、MSDNオンラインライブラリに、コメントなどを自由に追記でき、それを共有する事ができる機能です。 紙のマニュアルであれば、マニュアル自体に色々と有益な情報など書き込み、それをたとえば開発部門の中で回覧することで、マニュアルに最初から書かれている事だけでなく、回覧する中で書き加えられたちょっとしたメモなどで、マニュアルをより使いやすくしていった経験がある方もいらっしゃるかと思います。  MSDNコミュニティコンテンツでは、そういった紙マニュアルに対するコメント的な事をオンラインで実現しようという試みです。MSDNライブラリ本体自体への直接的な書き込みはできませんが、最下部にコメントを追加できるような仕組みを実現していますので、ぜひ、こちらの機能を利用いただき、一層、MSDNオンラインライブラリの活用いただければと思います。  MSDNライブラリhttp://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/default.aspx  

0

Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals SR1 ダウンロード開始

本日、Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals Service Release 1のダウンロードを開始しました。 主な変更点はWindows Vistaへの対応ですが、リリース ノート (KB 936612) にあるとおり、いくつかの問題も修正されています。尚、Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals Service Release 1のインストールには、事前に、Visual Studio 2005 Team Suite Service Pack 1がインストールされている必要がありますので、ご注意ください。  Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals Service Release 1ダウンロードhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9810808c-9248-41a5-bdc1-d8210a06ed87&DisplayLang=ja  Visual Studio 2005 Team Suite Service Pack 1ダウンロードhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=bb4a75ab-e2d4-4c96-b39d-37baf6b5b1dc&DisplayLang=ja    

0

REMIX 2007は9月19日に開催します

今年も、REMIXを開催できることになりました。 昨年のREMIXは、マイクロソフトとして、初めてWebデザイナの方々を対象とさせていただいたイベントで期待と不安が入り交じった開催でしたが、多くの人にご来場いただき、また、他の弊社主催のイベントとは、かなり異なった催し物も多く、有意義な時間を提供できたのでないかと思います。 今年は、その第二弾です。技術的にも、昨年はベータであったWindows Vistaも正式版をリリースし、また、新たなプレゼンテーション層プラットフォームとして、Silverlightもベータ公開を開始していますので、有益な情報を提供できる場になるのではないかと思います。 REMIX 2007http://www.remixj.comREMIX 2006(昨年の様子)http://www.event-registration.jp/events/remix06/

0

7月13日はExpression の発売日です

昨年より、ベータ提供をしてきましたExpresion Blendが7月13日(金)に店頭発売になります。もちろん、Expression Blendだけでなく、Expression Media、全部入りのExpression Studioも発売です。  Expressionという言葉を知ったのは2004年の事でした。ExpressionはCreature Houseというソフトウェアベンダーがリリースしていた画像処理ソフトウェアでした。ベクトルデータの扱いに特徴がありました。 それが、大幅に機能拡張され、Windows・Webアプリケーションのユーザーインターフェースを構築するためのツールとして生まれ変わって、ついに発売にこぎ着け感無量なところもあります。  すでに60日評価版の提供もはじまっていますので、試用してみていただけると幸いです。 ダウンロードサイトhttp://www.microsoft.com/japan/products/expression/expression-studio/free-trial.mspx   #担当変更になったため、本日よりブログのタイトルを変更しました。#ASP.NETについても引き続き情報提供できればとおもっています。 マイクロソフト株式会社デベロッパー&プラットフォーム統括本部デベロッパービジネス本部デベロッパー製品部鈴木祐巳  

0

MSDN サブスクライバダウンロードにてExpression Webの提供はじめました

MSDNサブスクリプションのPremium以上にExperssionシリーズを提供することをすでにアナウンスしていましたが、サブスクライバダウンロードサイトにてExpression Webの日本語版の提供を開始しました。 もちろん、今までも試用版も提供していましたが、MSDNサブスクライバ会員であれば製品版を入手できるようになりましたので、この機会に是非導入を検討おねがいします。 Expression Webについてhttp://www.microsoft.com/japan/products/expression/Expression-Web/default.mspx

0

M3Blogがfsdotnetで利用可能に

ASP.NETホスティングを無償提供しているWindows DOTNET レンタルサーバーで、M3Blogが利用可能になりました。商用利用はできませんが、独自ドメインも利用できますし、M3Blogの特徴であるOfficeを使った投稿もできるので、かなり使い勝手の良いブログが構築できそうです。  Windows DOTNET レンタルサーバーhttp://www.fsdotnet.jp/  M3Bloghttp://m3blog.jp/Blog/m3blog/  

0