Visual Studio 2010 で注目してほしいポイント、その2(IDEはWPFアプリケーションの事例とWPFの現状)

Windows Presentation Foundation 、略してWPFは、Windows Vistaリリースに合わせて登場した、UI構築のためのクラスライブラリなのはご存じの方も多いかもしれません。 WPFは、DirectX9以降に対応したGPUをグリグリ活用しているという特徴があり、Windows Vistaリリース当時は、DirectX9未サポートのビデオカード搭載のPCも多数存在したことから、WPFのメリットを享受できる環境が限られていたり、コントロール(部品)が十分でなかったりという状況でした。 それから、3年以上経過し、.NET Frameworkも 3.5 , 4とバージョンアップするたびに、WPFも強化され、また、PCのGPU環境も大幅に改善され、WPFを活用できる時代に突入したと言えると思います。 実際、Seesmic for Windows や Expression Blend など、WPFベースのアプリケーションも登場してきています。しかし、良くも悪くもなのですが、UIの先進性を誇示するために、WinformやMFCベースのアプリケーションとは一線を画すUIであり、それが、取っつきにくく感じる方もいるのではないかと思います。実は、アプリケーションのバージョンアップ時に、WinformやMFCからWPFに変更するのは、かなりリスクを伴います。一言で表現してしまえば、「みためがかわって、つかいくくなった」と言われてしまう可能性があるわけです。 今回の Visual Studio 2010は、あえて、Visual Studio IDEのWPF利用に挑んでいます。Expression Blend の様に Pure WPFではないですが、WPFを段階的に導入していくという事例としてはおもしろいと思ってます。 ~以下、半分余談~ 数年前は、 WPFは重くて使い物にならん というフィードバックはよくいただきました。確かに、当時のGPUでは重たく感じる場面もあったかと思います。しかしながら、アプリケーションを高速に動作させる手法としては、よりGPUを利用していくのが現在のトレンドです。たとえば、Internet Explorer 9。IE9のレンダリングにはGPUを活用し、高速にHTMLをレンダリングています。特にHTML5でマルチメディアのサポートが強化により、HTMLであってもGPUが必要という場面は今後増えてくるでしょう。実際、他社のブラウザもGPU活用をしはじめています。 一般的なWindowsアプケーションもGPUを活用することが求められるのも、そう遠くはないはずです。もっとも簡単にGPUを活用する方法としてWPFに注目することが重要です。

0

Visual Studio 2010 ショートカットキー一覧

Visual Studio 2010 のショートカットキーが一覧になっているカードのPDFがダウンロードセンターにあります。残念ながら、英語表記ですが、かなり参考になりますよー。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=92ced922-d505-457a-8c9c-84036160639f&displaylang=en

0

Windows Azure のバランスの良さについて

Tech Ed 2010 North Americaに参加し、Windows Azureの良さを本当に理解することができました。 各社クラウドソリューションがありますが、Windows Azureはもっとも優れたバランスを提供していると思います。個人的な勝手な予想では、IaaSとPaaSの間に、クラウドサービスの落としどころがあると考えます。IaaS寄りのクラウド、PaaS寄りのクラウド、多種多様ですが、Windows Azure は、そのバランスが絶妙です。 わかりやすく説明するには、他のクラウドサービスを例に出し、その違いを語るのがもっとも良い方法なのですが、さすがに、それは、生々しすぎるので、以下の Windows Azure のメリットを、他のサービスと比較した場合、どうなのか?という事を考えなら、読んいただければと思います。一部、稚拙と思われる記述もありますが、そのあたりはご容赦を。 Windows Azure のメリット1: オンプレミス、クラウド、共通の実行基盤 やはり、クラウドに向けた特別なアプリケーション開発というのは、現在、オンプレミスで動作しているアプリケーションを移行する場合に、コストがかさみます。Windows Azure は、基本的には、Windows Serverでのアプリケーション開発と同等というのはメリットです。また、万が一、クラウドからオンプレミスにアプリケーションを移動させたいといった場合にも対処できます。 Windows Azure のメリット2:アプリケーションプラットフォームの管理が不要 クラウド的な仮想サーバーの提供、つまりクラウド上で動作している仮想サーバーを、そのまま提供しているクラウドであれば、メリット1は、もっと明確に表現する、つまり、「オンプレミスのソリューションを、100%、クラウドに移行できます。」と言えるはずです。ですが、仮想サーバーをそのまま提供しているクラウドの場合、サーバーのメンテナンス、具体的には、セキュリティパッチ適用などもユーザー自身が行わなければなりません。 Windows Azureの場合、セキュリティパッチ適用は、マイクロソフトが実施しますし、OSの新しい機能追加も、(良くも悪くも)自動的に実施されます。たとえば、Windows Azure上の.NET Framework 4も適用開始が、TechEdでアナウンスされました。こういったメンテナンスを実施しなくて良いというのがメリットと言え、将来的に、最新のプラットフォームを保たれる事がある程度保証されています。 OS丸ごと提供されているクラウドの場合、占有のレンタルサーバー同様、OSのパッチ適用や、バージョンアップが任されている反面、そのメンテナンスは自身で実施しなければならないですが、セキュリティパッチの提供されていないOSを使い続けなければならない可能性があるというリスクがあります。 逆に、この点での、Windows Azure のデメリットは、マイクロソフトが提供するまで、最新のプラットフォームが利用できなかったり、勝手にパッチを適用されてしまうので、すでに実行中のアプリケーションが動作しなくなる可能性が常につきまとうという事です。今回で言えば、6月まで、.NET Framework 4をターゲットとしたアプリケーションを、Windows Azure で使えなかったのは、デメリットと言えるかもしれません。 Windows Azure のメリット3: 開発環境との親和性 一言で表現してしまえば、Visual Studio を使って、オフラインでもオンラインでも開発・メンテナンスができるという点。まだまだ、Windows Azure 開発は、オンプレミスの Windows Server 開発よりも不便な点が多いですが、マイクロソフトは、これからも努力して、その差を埋めようとしています。Windows Azure Tools for Microsoft…

0