Web PI の追加シナリオ: メディアおよび開発ツール







[Kateryna’s Blog Web PI Additional Scenarios: Media and Developer Tools  ]の翻訳です。


 


Web Platform Installer には、Web PI 製品セットに既定では含まれないメディア製品や Azure 製品のセットも含まれています。これらの追加のシナリオも、[オプションの変更] ダイアログ ボックスによって有効にすることができます。


画像



[オプションの変更] ダイアログ ボックスは、RTW リリースの新しいダイアログ ボックスであり、他の新機能と共に、追加のシナリオを有効にできます。


clip_image004[4]




[Media Platform] では、HD のスムーズなストリーミングをサーバー側で実現するための製品とサービスのセットが提示されます。すべてのメディア製品を含めるには、[メディア] チェック ボックスをオンにした後、 [OK] をクリックします。Web PI に表示される新しい [Media Platform] タブでは、これまでに提示されているすべてのメディア製品が提示されます。現時点では、次の製品のセットを使用できます (メディア コンテンツ領域から利用可能な Expressions Encoder も含まれます)。


clip_image006[4]



追加の開発ツール製品として、次の製品が提供されます。



  • Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio

  • Expression Web 3 試用版

Windows Azure Tools for Visual Studio を使用すると、Windows Azure プラットフォームでの Web アプリケーション開発が可能になります。この製品は、Windows Azure 開発者向け SDK の 1 つです。Expressions Web 3 は、Web サイトをすばやく簡単に設計できる WYSIWYG HTML エディターです。


[開発ツール] で製品のセットを有効にするには、[オプションの変更] ダイアログ ボックスで [開発ツール] のシナリオを有効にします。


clip_image008[4]



このように、追加のメディア製品や開発ツール製品のインストールを、本格的な Web PI エクスペリエンスを通じて行えるようになりました。つまり、Web PI によって自動的に依存ファイルがダウンロードされ、既にインストールされている製品との互換性の有無がチェックされるようになりました。


これらは、Web PI の追加シナリオ (メディアおよび開発ツール シナリオ) によって提供される "付加的な" 製品になります。最新製品および情報については、随時ご案内させていただきます。

Skip to main content