WPF/E CTP SDKのインストールについて(続報)

今月初旬に公開されたWPF/E CTPのSDKですが、以前、日本語環境にはインストールできないということを書かせていただきました。 “WPF/E” CTP SDK インストールできない原因は、Web Application Project(WAP)が日本語環境に提供されていなかったからなのですが、そのWAPも、Visual Studio 2005 Service Pack 1(VS2005SP1)の一部として日本語環境にもリリースされました。 Visual Studio 2005 Service Pack 1 VS2005SP1適用後、WPF/E CTP SDKをインストールしたところあっさりインストールはできたのですが、実は、WPF/E CTP SDKにも変更が加えられていたようで、VS2005SP1未適用の環境であってもWPF/E CTP SDKのインストールが可能になっていました。 とはいえ、VS2005SP1では、数々の新機能もありますので、ぜひインストールください。 ※この投稿は、WPF/E CTP およびWPF/E CTP SDKの日本語環境での動作を保証するものではありません。  WPF/E CTP SDKダウンロードhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=2B01EC7E-C3B8-47CC-B12A-67C30191C3AA&displaylang=en Visual Studio 2005 Service Pack 1http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/downloads/sp/vs2005/sp1/ Visual Studio 2005 Service Pack 1 新機能http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/88fx1xy0(VS.80).aspx 

1

Application Platform Summit & Technical Briefing 2007を開催します。

企業向けソフトウェア開発・システム構築に関わる開発者様を対象に、最新アプリケーション開発プラットフォーム製品をご紹介する技術セミナーを開催する事を決定致しました。 特に、Windows Vista、the 2007 Microsoft Office system はもちろん、ビジネスに欠かせない Web プラットフォームに対応する最新テクノロジをご紹介し、皆様のアプリケーション開発にお役立ていただくことを目的としています。 2月5日の東京開催を皮切りに、全国7カ所で開催します。参加無料ですので、是非、ご登録ください。 Microsoft Application Platform Summit & Technical Briefing 2007サイトhttp://www.microsoft.com/japan/events/msaps/

0

Expression WebとOffice 2007の共存について

Office2007ですが、MSDNサブスクライバダウンロードや、企業向けライセンス出荷が開始されていますので、インストールされている方も多いかと思います。 また、Expression Webですが、9月より日本語版のベータをリリースしています。 実は、これら2製品( Office 2007 RTM版・Expression Web日本語ベータ版)の同一環境へのインストールはできませんので、Office 2007をご利用いただく場合は、Expression Web日本語ベータ版のアンインストールをお願いします。尚、もちろんですが、Expression Web RTM版とOffice 2007の共存は可能になります。Expression Webの出荷までもう少々お時間をください。 Expression Web日本語ベータ版http://www.microsoft.com/japan/products/expression/web_designer/wd_free_trial.aspx  

1

“WPF/E” CTP SDK

“WPF/E” CTP SDK のインストールですが、Visual Studio 2005日本語版の環境では、現在うまくいきません。 理由は、このSDKインストールには、Visual Studio 2005 Web Application Projects(WAP)が必要になるのですが、このWAPがVisual Studio 日本語版にインストールできません。WAPに関してはすでにアナウンスしているとおり、Visual Studio 2005 Service Pack 1(SP1)に含まれる予定ですので、それまでお待ちいただく必要があります。 SP1のリリースは、もう少しお待ちください。申し訳ありません。 (追記)なお、WPF/E およびWPF/E SDKの日本語環境での動作を保証するものではありません。   WPF/E CTP SDK http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=2B01EC7E-C3B8-47CC-B12A-67C30191C3AA&displaylang=en Visual Studio 2005 Web Application Projects(Visual Studio日本語には適用できません)http://msdn2.microsoft.com/en-us/asp.net/aa336618.aspx  

2

WPF/E CTP公開

コンセプトは2005年秋のPDCで発表していましたWPF/E(仮称)のCTPが昨日公開されました。 WPF/Eは、Windows環境だけではなく、Mac環境でもサポートされる実行環境で、今回のCTPでもMacOS向け実行環境も提供しています。このリリースでXAMLによる開発の幅が大きく広がったといえます。 いくつかのサンプルもChannel9にて公開され、その中にはXAMLのみで、VBやC#のコードを含まないものもあり、XAMLだけでもおもしろい事ができるというのを体験できると思います。  WPF/Ehttp://www.microsoft.com/wpfe/ WPF/Eサンプルhttp://msdn2.microsoft.com/en-us/asp.net/bb187358.aspx (“WPF/E” (codename) CTP (December 2006) SDK Samples という箇所を参照ください)

1