第2のスキル


Webサイト制作の4つのスキル の続き


Webサイト制作に必要なスキルは4つあり、そのうちの1つは、HTMLやHTTPといった「コンピュータ・インターネット的スキル」であると前回書きました。


 第2のスキルは、「見栄え的サイトデザインスキル」です。HTMLタグをいくら知っていても、美しくデザインできないのは、あたりまえで、ペイントソフトの使い方を覚えても、うまい絵が描けるわけではないのと一緒です。


美しいという意味にもいくつかの分類があり、絵心的な美しさと、情報配置における美しさがあります。それでは絵心がなければ、ページはデザインできないのか?といえばそんな事はありません。


美しいサイトデザインをする時にはいくつかの定石があります。たとえば、「配色」には使って良いパターンとそうではないパターンがあり、美しさに影響を与えます。そのほか「レイアウト」にも一定のパターンがあり、それを踏襲することである程度のレベルのページになります。


第3のスキル へ


Comments (2)
  1. 第2のスキル の続き

    3つめは、一言で表現すれば、サイトマップを作る能力「システム的サイトデザインスキル」です。チラシやポスターなら、紙1枚で完結していますので、2つめの「見栄え的(サイト)デザインスキル」があれば問題ありません。しかし、Webサイトというのは複数のページで構成され、それぞれのページがリンクすることで、サイト訪問者が必要としている情報にスムーズにたどり着くようにしています。複数ページが存在するという事は、それぞれのページにどんな情報を配置するのか?やそのページまでの誘導を考えなければなりません。たとえば、掲載したい情報をうまく分類し、それぞれについてWebページを作成するのもそのひとつで、ディレクトリ型のポータルサイトなどで用いられている方法です。..

  2. Tech・Ed で仕入れた情報なのですが、ASP.NET で Web コンテンツを作成する際に Web 標準や ウェブコンテンツ JIS を考慮したアプリケーションの開発方法についてのセッションがありました。…

Comments are closed.

Skip to main content