Skype for Business Online Powershell Module が OAuth 認証に対応しました

こんばんは、UC サポートのワトソンです。 先日、4 月 19 日にリリースされました、Skype for Business Online の PowerShell モジュールが OAuth に対応しました。 Title: Skype for Business Online, Windows PowerShell Module URL: https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=39366 上記をインストールしていただく事により、OAuth 認証が可能となり、ADAL のライブラリーによる、OAuth 認証が利用される事から、モダン認証が利用いただけます。 そのため、よりセキュアに管理者側から Skype for Business Online の管理業務を実施いただくことができ、合わせて企業のコンプライアンス要件を満たす事ができます。 現時点では ADAL 認証が実装された事により、MFA もご利用いただく事が可能になりましたが、MFA に関しましては製品部門にて十分な検証が行われていない事から正式な対応についてはまだ公開がされておりません。 サポート部門にて確認を実施いたしましたところ、以下の動作確認は実施させていただき、正常に MFA がご利用いただける事を確認いたしました。 OS Azure AD MFA 証明書認証 (AD FS) Windows 7 OK *注意 1 OK…


Skype For Business Online に Web Proxy で接続 「2017 年 2 月更新」

こんばんは、Lync サポートのワトソンです。 Lync 2013/SfB  クライアントから、SfB Online に接続を行う際、Lync 2013 / SfB クライアントは 端末の IE の Proxy 設定を利用し、各 URL に接続を行います。 Proxy をご利用頂く際、以下 1,2,3 の準備が必要になります。   ■ 1. Proxy サーバーで必要な URL およびに IP のワイトリスト登録 内部のユーザーから Lync Online へのアクセスが発生した際、そのアクセスがプロキシ上で許可されており、認証などが求められない事。 メーカー様により設定の名前は異なりますが、一般的にはこれを事をホワイトリスト登録や認証除外設定を行います。 登録が必要な URL に関しましては以下のサイトをご覧ください。 URL:http://technet.microsoft.com/en-us/hh373144.aspx Lync Online のみを登録の場合、以下のセクションの URL をご登録下さい。 A. Office 365 portal and identity B. Lync Online 注意 1: 上記と合わせまして、Online…

1

Skype for Business Online 上のセッション情報を取り出す方法について

SfB サポートのワトソンです。 現在、Skype for Business Online 管理シェルにて、ほぼリアルタイムで、ユーザーが行ったアクティビティの確認が可能になっております。 セッションの確認に利用するコマンドは Get-CsUserSession となります。 参考情報 Title: Get-CsUserSession URL: https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt715516.aspx Get-CsUserSession は -User のパラメターを指定し、指定したユーザーの以下のようなセッション情報をどりだします。 ・サインイン ・P2p IM ・P2P ファイル転送 ・P2P 音声・ビデオ通話 ・会議に Join した情報 ・会議 IM セッションの情報 ・会議 の ビデオ・音声通話 現在、こちらのコマンドに関する公開情報が少ないため、一度本ブログで入門レベルでお話をさせていただきます。 まず、セッションを取り出すには以下のようにコマンドを実行します。 Get-CsUserSession -StartTime 10/1/2016 -EndTime 10/30/2016 -User online10@contoso.com. 実行した際、戻り値として、以下のようなオブジェクトが戻されます。 ————— RunspaceId            : 9935e799-6aed-4186-b6df-756c318cd7d9 DialogId              : 5a77ef2710e14306aea2e450454188e1;b88e1374fb; ReplacesDialogId      : StartTime            …


[Skype ディレクトリ] を消す方法

Japan Lync/Skype Suppot の久保です。 Skype for Business Online を利用している環境で、クライアントで検索を行った場合に [Skype ディレクトリ] が表示される事があります。 これは、テナントの設定として、パブリック IM 接続が許可するように設定されている場合の想定された動作となります。 この設定は、[Office 365 管理センター] の  [外部共有]-[Skype for Business] の設定で制御可能です。 チェックが外れている状態では、検索結果として [Skype ディレクトリ] は表示されません。

0

Skype for Business Online でよく寄せられるご質問

Skype for Business Online に関するよくあるお問い合わせについて簡単な QA を公開させていただきます。 免責事項: パブリック クラウドの動作となるため、想定される動作が変更される可能性があります。   セットアップ Q. Office 365 ソフトウェア ページで デスクトップ セットアップを実行できますが、 手動で準備をする事はできますか? A. はい。可能です。 こちらのコミュニティをご確認ください。 Q. Windows端末へSkype for Businessのデスクトップクライアントをインストールする方法について教えてください。 A. こちらのフォーラムを参照ください。 Skype for Business のインストールについて Q. セキュリティ ソフトが Skype for Business Online のサービスへ影響を及ぼす事はありますか? A. はい。複数のセキュリティ ソフトが、クライアント ソフトウェアの動作に影響を与えている事が確認されています。 また、セキュリティ ソフトのプロセスを停止するだけでは、影響を完全に停止できない事も確認されております。 完全に影響を排除する方法については、セキュリティ ソフト メーカーへお問い合わせください。 セキュリティ ソフトをバージョン アップする事でも問題が回避したという事例も確認されておりますので、 セキュリティ ソフトのバージョンも最新にしていただく事をお勧めいたします。…

0

会話履歴の保存を許可しない方法

Japan Lync Support Team の久保です。   Skype for Business Online を利用している環境で、管理者側で各ユーザーに会話履歴の保存を許可するかどうかを制御する事が可能です。 具体的には、Grant-CsClientPolicy で、ClientPolicyNoSaveIMNoArchiving を適用することで、会話履歴が保存されなくなります。   Skype for Business Online へ Power Shell で接続する方法については、次の Blog を参考にしてください。 すぐつなげる Lync Online Powershell   なお、既定の Client Policy は、$NULL が設定されています。 現在の Policy の適用状況は、Get-CsOnlineUser で取得可能です。  

0

CsConferencingPolicy の PolicyName で指定する値について

Japan Lync/Skyp support の久保です。 Skype for Business Online で設定可能な、会議ポリシー の内容についてです。 会議ポリシーは、会議関連の多数の設定項目の組み合わせたものになります。 そのため、各ポリシー名は、[Skype for Business 管理センター] – [ユーザー選択] – [編集] を選択して表示される [オプション] 画面に表示されている以下の項目などの設定値に応じて変わります。 [音声とビデオ] [会話や会議のレコーディングを行う] [匿名の参加者にダイヤル アウトを許可する] ユーザーを新規作成した際の既定値は以下のようになり、”BposSAllModality” というポリシーが割り当てられています。 <BposSAllModality 割り当て時の設定> [音声とビデオ]: 音声と HD ビデオ [会話や会議のレコーディングを行う]: オン [匿名の参加者にダイヤル アウトを許可する]: オン [コンプライアンスのため、アーカイブされていない機能はオフにする]: オフ その他、各 Policy の一例を紹介します。   <BposSAllModalityNoFT 割り当て時の設定> [音声とビデオ]: 音声と HD ビデオ [会話や会議のレコーディングを行う]: オン [匿名の参加者にダイヤル アウトを許可する]:…

0

Skype For Business/Lync の 会議 (3者以上の通話を含む)のみが利用できない

SfB サポートのワトソンです。 最近急増しているお問合せとして、SfB オンラインや Lync サーバーのオンプレミスの音声やビデオの会議のみが利用できない件があります。 もし、ユーザー同士の P2P の通話が利用でき、3 者以上になったタイミングで失敗している場合、音声やビデオのメデイアの通信のみが確立できない状況で発生いたします。 例: その際の確認点について案内をさせていただきます。 1. Web Proxy を利用している環境で、端末の Proxy 設定に問題がある 確認点: [Internet Explore] の [ツール] -> [インターネット オプション] -> [接続] -> [LAN 設定] こちらの画面で、[自動的に設定を検出する] にチェックが入っている pac や 手動構成でプロキシーをを定義している場合こちらのチェックが入っている事により、一部の通信がプロキシを通らない場合がございます。 2. Web Proxy を利用している環境で、Web Proxy のセキュリテイー機能により、メデイアの通信がブロックされている 組織内のクライアントであり、Front End サーバーとの通信が可能である場合、会議の音声・ビデオ・アプリケーション共有の通信は Front End サーバーと直接行われます。 Skype For Business Online のように、組織外にある、SfB サーバーに接続を行っている場合は組織外の Edge…

0

Office 365 で利用される IP アドレスと URL について

Lync Support チームです。 Office 365 で利用される IP と URL 一覧のを公開しているページが移動となります。 元々のページにて案内がされておりますが、以下のページに移動となっております。 Title: Office 365 URLs and IP address ranges URL:https://support.office.com/en-us/article/Office-365-URLs-and-IP-address-ranges-8548a211-3fe7-47cb-abb1-355ea5aa88a2?ui=en-US&rs=en-US&ad=US 今回のページのバージョンでは 以下が改善されております。 1. IPv6 のアドレスと IPv4 のアドレスを見やすくした。 2. 証明書の失効確認で利用される FQDN をわかりやすく各サービスごとに表型で表示。 以下のようの表示にとなっております。 なお、こちらのページの更新を時系列で今後表示させる場合ページの上左にございます、RSS のフィードに Subscribe して下さい。 Title: Subscribe to the RSS Feed URL: http://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=236301 引き続き快適な SfB (Lync) ライフをお楽しみください。

0

Office 365 リモート PowerShell の構成手順 (Lync Online)

こんばんは。Japan Lync Support Team です。   Online Service Support Team の Blog で、Lync Online の リモート PowerShell の構成手順が公開されました。 Lync Online の管理をされている皆様は、ぜひ参考にしていただければと思います。   Office 365 リモート PowerShell の構成手順 (Lync Online) http://community.office365.com/ja-jp/f/341/t/342494.aspx   ひきつづき、快適な Lync ライフをお楽しみください。

0