.NET Framework 2017年5月の更新インストール後にイベントが多発 (ID 41025,41026 / 41029,41031)

こんばんは、UC サポートのワトソンです。 以下の、.NET Framework 2017 年 5 月の更新を Lync Server 2010/Lync Server 2013/Skype for Business Server 2015 のフロントエンドサーバーにインストールした場合、フロントエンドサーバーの Event Log に 41025/ 41026 のイベントが大量に発生します。 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4014612/may-2017-description-of-the-quality-rollup-for-the-net-framework-4-5-2 これは、5 月の更新に含まれている .NET Framework の Enhanced Key Usage が強制されている事により、DATAMCUSVC.exe が他のサーバーに対して PSOM による接続を行った際に接続先サーバーの証明書には通常 EKU が含まれていないために切断されることから発生いたします。対象となる接続は以下となります。 Event ID 41025,41026 / Edge サーバーに対する TCP 8057 の接続 – 外部との Web 会議において、PowerPoint、ホワイトボード、ファイルといった共有が失敗します Event ID 41029,41031 / Front End サーバー間の…


Skype for Business Server 2015 の Active Directory の準備でドメイン コントローラーを指定する方法

Japan Lync/Skype Support の久保です。 Skype for Business Server 2015 のインストール時には、必ず Active Directory の準備を行う必要があります。 その際、展開ウィザード (GUI) から Active Directory の準備を実施した場合は、ドメイン コントローラーを指定する事は出来ませんが、 管理シェルを使用する事で、一部ドメインコントローラーを指定してドメインの準備を行う事が可能です。   スキーマの拡張 Install-CsAdServerSchema に -SchemaMaster  オプションを使用する事で、スキーマ マスタ サーバーを指定する事が可能です。 実行例: Install-CsAdServerSchema -SchemaMaster <スキーママスターサーバーの FQDN> 参考技術資料: Install-CsAdServerSchema https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg398681.aspx?f=255&MSPPError=-2147217396 Ldifde を用いてスキーマの準備を行う場合は、以下のようにスキーマ マスタ サーバー上で実施します。 ldifde -i -v -k -s <DCのホスト名> -f ExternalSchema.ldf -c DC=X <既定の名前付けコンテキスト> -j <logFilePath> -b…

0

Skype For Business/Lync の 会議 (3者以上の通話を含む)のみが利用できない

SfB サポートのワトソンです。 最近急増しているお問合せとして、SfB オンラインや Lync サーバーのオンプレミスの音声やビデオの会議のみが利用できない件があります。 もし、ユーザー同士の P2P の通話が利用でき、3 者以上になったタイミングで失敗している場合、音声やビデオのメデイアの通信のみが確立できない状況で発生いたします。 例: その際の確認点について案内をさせていただきます。 1. Web Proxy を利用している環境で、端末の Proxy 設定に問題がある 確認点: [Internet Explore] の [ツール] -> [インターネット オプション] -> [接続] -> [LAN 設定] こちらの画面で、[自動的に設定を検出する] にチェックが入っている pac や 手動構成でプロキシーをを定義している場合こちらのチェックが入っている事により、一部の通信がプロキシを通らない場合がございます。 2. Web Proxy を利用している環境で、Web Proxy のセキュリテイー機能により、メデイアの通信がブロックされている 組織内のクライアントであり、Front End サーバーとの通信が可能である場合、会議の音声・ビデオ・アプリケーション共有の通信は Front End サーバーと直接行われます。 Skype For Business Online のように、組織外にある、SfB サーバーに接続を行っている場合は組織外の Edge…

0

Skype for Business/Lync Web App の切断動作

Japan Lync Support Team です。   Skype for Business Web App/Lync Web App でキーボードの入力やマウスの操作が無い時間が 65 分続くと会議から削除されます。 こちらは現在の実装上の想定された動作となります。 Lync / Skype 製品における会議では、一方的に会議や音声、ビデオのみを視聴するような聴衆のような参加は想定されておらず コミュニケーションに参加していないと思われるメンバーを、帯域等の抑制の意味から、一定時間の経過後に接続を切断する実装となっております。   そうした判定の基準として、キーボード、マウス操作が発生しない場合が判断基準として設定されており、 該当した場合には会議から削除される動作が発生します。   会議参加後にキーボードの入力やマウス操作が無い状態で会議から削除されないようにする機能は現在実装されておりません。 なお、デスクトップ クライアントでは、本 Blog 記載の動作は発生いたしません。

0

OCS/Lync Server/Skype for business Server の共存(混在)について

こんにちは、 Lync サポートの吉野です。本日は各 UC サーバーの共存についてお話しさせていただきます。 現在弊社の UC サーバー製品は以下があります。 Office Communications Server 2007 (OCS)Office Communications Server 2007 R2 (OCS2007 R2)Lync Server 2010Lync Server 2013Skype for business Server 2015(SfB Server 2015) ※ Live Communications Server 2005 (LCS) は4月で延長サポートを終了しております。 下に行くほど新しく、また機能も追加されています。したがって「うちの会社も新しいバージョンにアップグレードしたい!」というお客様は多くいらっしゃいます。 原則として、UC サーバーのアップグレードは1.古いバージョンのサーバーに最新の CU(アップデート) を適用する2.新しいバージョンのサーバーを立てる3.ユーザーを移行する4.古いバージョンのサーバーを撤去するという段階を経て移行します。(これをサイドバイサイド移行といいます)SfB では Lync Server 2013 から直接のインプレース移行をサポートしておりますがこれは次回説明いたします。 このときのルールとして 1.2バージョン上のサーバーまでアップグレードできる2.3バージョン混在はサポートされない があります。たとえば OCS R2 を利用しているお客様は Lync Server 2013…

1

Lync Server 2010/2013 Edge の NIC について

こんばんは。Japan Lync/Skype Support の久保です。   2015/10/19 更新   Lync Server  2010・Lync Server 2013・Skype for Business Server 2015 のエッジサーバーの構成について、 特に NIC の設定について、様々なお客様から類似のお問い合せを定期的にいただいております。 そのため、Technet 資料の補足となりますが、こうした点について、以下に補足情報を纏めてみました。 これらの資料では、エッジサーバーでは、NICを有する必要があり、その枚数は物理的に 2 枚(或いはDual Portで 2ポートを有する)が、最低限必要とされる構成になる事を示しています。そのため、まずエッジサーバーの構築にあたっては、最低限、内部インターフェース、外部インターフェースの 2 ポートが物理的に独立して存在することが必須となります。 まず、Microsoft がサポートし、かつ、推奨する NIC の枚数は以下の Technet の記述に基づきます。 TITLE: Server requirements for Skype for Business Server 2015URL: https://technet.microsoft.com/en-us/library/dn951388.aspx抜粋: 1 dual-port network adapter, 1 Gbps or higher (2 network…

0

Lync Server 2010 Network bandwide – 帯域制御

こんばんは。Lync サポートの久保です。   本日のテーマは Lync Server 2010 の帯域制御についてです。   帯域の制御方法といたしましては、会議ポリシーによる制御と通話受付管理 (CAC)による制御に分けられます。 これらは多人数会議、 P2P 通信の双方に適用される動作となります。 (会議ポリシーであっても、P2P のメディア トラヒックについて制御されます。) 本日は次の観点でまとめてみたいと思います。    1. 多人数会議を開催した際の制御方法 (最大レートをどう規定するか) 2. 拠点間で P2P コールを実施した際の制御方法    (1) 会議ポリシーによる制御   ビデオ会議にて利用される帯域の制御は、以下のコマンドレットによって定義されています。   Title : Set-CsConferencingPolicy URL   : http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg425788(v=ocs.14).aspx      オーディオ・ビデオストリームを含む、利用帯域に関するパラメーターとしては以下のものがあります。     AudioBitRateKb : オーディオの送信で使用されるビット レート (キロビット)。                             この設定は、ユーザーごとのレベルで適用され、電話会議とピアツーピア両方の通信セッションに関係します。        VideoBitRateKb : ビデオの送信に使用されるビット レート (キロビット) です。                              この設定は、ユーザーごとのレベルで適用され、電話会議とピアツーピア両方の通信セッションに関係します。        オーディオ・ビデオにつきましては、多人数会議、 P2P 通信のいずれにも関連するパラメーターとなります。 また、多人数会議に関するパラメーターとして以下のものがあります。…

0

Lync Server 2010 のドメイン機能レベルのサポート状況

こんばんは。Lync サポートの久保です。   Lync Server 2010 のドメインの機能レベルについて、Technet の文章としては、Windows Server 2012 R2 について言及がされていません。   Active Directory Infrastructure Requirements All domains in which you deploy Lync Server 2010 are raised to a domain functional level of Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2008, or Windows Server 2003 native mode. Windows Server 2003 mixed mode is not supported.  …

4

Pool が使用するフェデレーション ルートを制御する方法

こんばんは。Lync サポートの久保です。   Lync Server 2013 のフェデレーション ルートは、トポロジ ビルダーで設定できますが、 サイト単位でしか設定ができません。   ロケーションなどの都合によりプール単位で細かい設定をしたい場合は、Set-CsRegistrar で制御可能です。 例: Set-CsRegistrar -Identity “Registrar:<プール名>” -EdgeServer <エッジ プール名>   設定する Identity は、Get-CsService で確認ください。   ただし、フェデレーションの関連付けのしかたにより、 自組織から相手組織へ送信する場合に使用される Edge と 相手組織から自組織へ送信する場合に使用される Edge が ことなるルートになる設定も可能となります。 基本的には動作しますが、往復のルートは一致させることをお勧めいたします。   引き続き、快適な Lync ライフをお楽しみください。  

0

Exchange 2013 の OWA で IM を統合する。Part5

こんばんは。Lync Support の久保です。  Lync Server 2013 と Exchange を統合させ、OWA 上で IM を行う機能についての解説、最終回となります。   第一回はこちら。 第二回はこちら。 第三回はこちら。 第四回はこちら。   最終日となる今日は、これまでの解説を理解し確認したが、どうしても解決できない! という場合に、どのようなログを取得いただければ弊社テクニカル サポートで解析が可能かご案内いたします。   取得情報一覧============1. イベントログ2. OCSTracer3. Lync Server 2013 OCSLoger4. トポロジ情報5. Get-ExchangeCertificate |fl の実行結果6. 修正後の Web.config ファイル7. Get-CsTrustedApplicationPool の実行結果8. Get-CsTrustedApplication の実行結果 取得情報詳細============1. イベントログ~~~~~~~~~~~~~~~Exchange 2013 および Lync Server 2013 において、以下のログを evtx 形式で取得し弊社までお寄せください。- Exchange 2013・アプリケーション・システム – Lync Server…

0