Lync/Skype for Mobile の応答グループ対応状況

Japan Lync/Skype Support です。 Lync/Skype for Business は、応答グループを利用することが出来ます。 しかし、残念ながら Lync/SfB for Mobile は、応答グループ エージョントとして利用する事が想定されておりません。 そのため、製品の実装上、応答できない場合や、片通話などの状況が止むを得ず発生してしまうことがあります。 これは、現時点では、Lync/SfB for Mobile の実装に伴う制限事項となっております。 しかし、この制限は、PC の Lync/SfB クライアントと Lync/SfB for Mobile へ同一アカウントで同時にサインインしている場合、 応答グループへの着信があるとPC、モバイルともに着信が通知されるため、Lync/SfB for Mobile でピックアップされた場合に予期せず通話に支障を及ぼす状況が生じ得ます。 しかしながら、応答グループへの着信を Lync モバイルにのみ通知しないように設定する方法は、現時点では制御する実装がなく、防ぐことができません。 そのため、こうした動作を、該当するユーザー様に周知を頂くとともに 必要に応じてLync モバイルをサインアウトして利用を頂くことをご検討ください。 今後、実装の改良、また、Lync/SfB for Mobile の制御などの対応が可能となるよう開発部門にはフィードバックを実施いたしますが、今後の対応予定等は現時点では未定となっております。 参考 ) 応答グループの着信をサポートしているクライアント、及びモバイルクライアントにてサポートされる機能については以下を参照ください。 Title:応答グループに対してサポートされるクライアント URL:http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg398674.aspx #Lync モバイル クライアントでは、応答グループ アプリケーションはサポートされていません。   Title:モバイル クライアントの比較表 URL:http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh691004.aspx  

0

Lync for Mobile で 「サーバーに接続できません。ビジー状態か一時的に利用できない可能性があります。やり直してください。」 が表示される。

Japan Lync/Skype サポートの久保です。   Lync for Mobile で  「サーバーに接続できません。ビジー状態か一時的に利用できない可能性があります。やり直してください。」 が表示される場合があります。 このエラーが表示される場合、問題があるのは展開している構成の問題で Lync Server のアプリケーション レイヤーの設定に関する問題であることはほとんどありません。 多くの問題点は、以下の 2 点に集約されます。   ・ DNS 名前解決の問題 ・ Reverse Proxy の問題   DNS の問題は、外部クライアントが Reverse Proxy の接続可能な DNS レコードが用意されているか、また、Reverse Proxy から外部 Web サービスへ接続可能な DNS レコードが用意されているか確認する必要があります。 Reverse Proxy の問題は、URL 書き換えの問題だったり、セッション タイムアウトの問題だったり、Reserve Proxy の Bug だったり様々な要因が考えられるため、一概にどこを確認すればいいか一般化する事は困難です。 Reverse Proxy として利用している製品に合わせたトラブル シュートを行う必要があります。 なお、これらの切り分けについては、Premier サポートでサポート…

0

PSTN との通話中に Lync Mobile から 3 人目のユーザーを 「招待」することはできません。

Japan Lync Support Team です。   Lync Mobile で PSTN の電話と P2P 通話中に、3 人目のユーザーを追加すると、3 人目のユーザーを追加することができません。 具体的には以下のシナリオとなります。 シナリオ 1. Lync Mobile から PSTN 電話へ電話をかけます。 2. Lync Mobile から他の Lync ユーザーを招待します。 結果 2人の参加者のまま会議が継続します。 3人目のユーザーには、招待通知が届きません。   本動作は、P2P の通話を会議へ昇格させるタイミングの実装に問題があり、意図した動作を実現することができません。 Microsoft は、本現象について製品不具合であることを確認しておりますが、修正による影響範囲が大きいことから 現在のバージョンでの修正は見送られており、実装上の制約事項と認識しております。   ご不便をおかけして申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどお願いいたします。

0

Lync Mobile と Lync Server 2010/2013 の比較

こんばんは、Lync サポートのワトソンです。 Lync Server 2010 では Mobiliy が MCX コンポーネントで提供されており、Lync Server 2013 では UCWA で提供されております。 Lync Server 2013 を利用する事により、以下のように機能が向上されます。 注意点: 1. Lync 2010 Mobile クライアントでは Lync Server 2013 にサインインをする事はできません。 2. Lync Server 2013 に CU を適応していない場合、Lync 2013 Mobile クライアントではサインインができません。* 最新の CU を適応し、接続をご確認下さい。 3. Enterprise Voice が有効な環境では、自動的に Call via Work が有効になっており、Lync Server 2013 から、PSTN を経由し、ユーザーが呼び出されます。 Call…

0

Skype for Business Online の認証フローについて

こんばんは、Sfb サポートのワトソンです。 今日は簡単に Skype for Business Onlineの TLS-DSK 認証についてのお話しです。 Lync Sever 2010 から存在する証明書認証方式を利用してサインインが行われます。 大まかには以下 Online 上のサービスが認証フローに関わります A. Skype for Business Online 上の サーバー B. ウエブチケットサービスのサーバー (Skype for Business Online上のフロントエンドで起動) C. 証明書を発行し、ユーザーに割り当てるプロビジョニングサービス (Skype for Business Online 上のフロントエンドサーバーで起動) D.フェデレーション認証サーバー (AD FS) 上記の各サービスの FQDN の検知方法にかんしては、以下のいずれかの方法になります。 A. https://lyncdiscover.contoso.com/?sipuri=user@contoso.com に Autodiscover を 行い接続点を検知 ▼ 自動構成の場合はこの接続方法が優先されます。 B. sip.contoso.com を解決した結果 sipdir.online.lync.com に接続し検知。….

0

Lync 2013 for IPad/IPhone/Android モバイルを使いましょう

こんばんは。 Lync サポートのワトソンです。 最近の傾向として、既存の Lync Server 2013 の展開に Lync 2013 モバイルを 接続させたい状況のお客様がおります。 Lync Server 2010 の場合は、コンポーネントの追加などが発生しましたが、 Lync Server 2013 では比較的簡単に Lync モバイルクライアントの追加が可能です。 まず、Lync 2013 モバイルがどのように接続を行うかプロセスを理解をして頂く事により簡単に展開が行え、トラブル シューティングも的確に行うことができます。 ===== Lync 2013 の接続の流れ === 1. サインイン画面で、 入力したユーザー名とパスワードから @ の後の Domain を検知 (例: contoso.com) 2. 以下の DNS レコードを順番に解決 lyncdiscoverinternal.contoso.com ▼ 内部 DNS に登録/解決先:内部 フロントエンドプール lyncdiscover.contoso.com ▼ 外部 DNS に登録/解決先:リバースプロキシ 3. 以下のような…

0