表示画面が乱れる問題の修正を含むセキュリティ更新プログラム

こんばんは。Japan Lync/SKype Support Team です。   Lync 2010 で表示が乱れる既知の不具合がありました。 この問題については、KB が公開されており、サポート サービスを利用して HotFix を入手する必要がありましたが、 リリースされた最新のセキュリティ更新プログラムに、本問題に対する修正が含まれております。   [MS15-080] Lync 2010 セキュリティ更新プログラムについて (2015 年 8 月 11 日) https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3075593   公開されたセキュリティ更新プログラムは、Windows Update による配布も行われており、 WSUS で制御する事が可能となっております。   管理者の皆様にはお手数をお掛けいたしますが、本問題に合致している場合は、 セキュリティ更新プログラムの適用をご検討ください。   参考技術資料   Lync 2010 での呼び出し] メニューの [し、[共有] ウィンドウの [共有] のメッセージのプルダウン ・ リストが予期せず表示されます。(機械翻訳)https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3072612 ※不具合の詳細が記載されています。   重ねて弊社製品不具合によりご迷惑をお掛けしている点についてお詫び申し上げます。    

0

Lync 2010 の表示画面が乱れる問題について

免責事項: この Blog は “セキュリティ更新プログラム適用後、Lync 2010 の画面が崩れる” の差し替えとなります。本 Blog の公開により 過去に公開された Blog  “セキュリティ更新プログラム適用後、Lync 2010 の画面が崩れる”(Blog タイトル) の記事は取り下げられています。   2015/07/08 (水) 追記 こちらでご案内させていただきました事象を改善する修正プログラムがリリースされております。詳しくは、以下の記事をご確認ください。 [TITLE] Lync 2010 の画面表示が乱れる問題についてホットフィックスがリリースされました(KB3072611)[URL] http://blogs.msdn.com/b/lync_support_team_blog_japan/archive/2015/07/02/lync-2010-kb3072611.aspx   2015/08/17 (月) 追記  WSUS で配信可能なセキュリティ更新プログラムがリリースされました。 詳しくは以下の記事をご確認ください。 [TITLE] 表示画面が乱れる問題の修正を含むセキュリティ更新プログラム[URL] http://blogs.msdn.com/b/lync_support_team_blog_japan/archive/2015/08/17/10635596.aspx   Lync 2010 へ 2014年11月以降の修正プログラムを適用すると、Lync 2010 の表示が崩れる問題が報告されています。 以下が表示の問題が発生している状況におけるスクリーンショットの一例です。このケース以外にも、他のユーザーの連絡先リストに追加された際の通知が、白い大きなウィンドウになり、操作が出来なくなる等の状況が発生します。   この問題は、最新のセキュリティ更新プログラム(以下 URL) にも内在している事が確認されております。 [MS15-044] Lync 2010 セキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5…

0

Lync 2010 2014年11月の更新がリリースされてました。

こんばんは。Lync サポートの久保です。 Lync 2010 (クライアント) の 2015 年 11 月の更新がリリースされております。   Lync 2010 (KB3006209) の 2014 の 11 月 11 日更新 http://support.microsoft.com/kb/3006209   以下のような問題が修正されます。   Lync 2010 ユーザーは、Lync Web App のユーザーによって表示される PowerPoint のプレゼンテーションを参照してください。https://support.microsoft.com/kb/2890167 ユーザーの IM 会話に他のユーザーへの招待または、新しい IM 会話が開始すると、Lync 2010 がクラッシュします。https://support.microsoft.com/kb/3006219 Lync 2010 の 2014年 1 月更新プログラムをインストールした後、DBCS 文字列の右側が切り捨てられますhttps://support.microsoft.com/kb/3006222   新しいバージョンは [4.0.7577.4456] となります。   引き続き、快適な Lync ライフをお楽しみください。…

0

Lync と Exchange UM の連携 Part2 アーキテクチャ編

こんばんは。Lync サポートの久保です。 Lync と Exchange UM の連携、第二回目です。第一回はこちら。 Lync Server 2013 と Exchange 2013 UM の連携について、基本的には以下の URL の内容に従い、展開をいただければ問題はありません。 Exchange 2013 UM および Lync Server の展開の概要http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb676409(v=exchg.150).aspx Lync Server と Exchange のバージョンにより、若干の手順の違いがありますので、必ずバージョンに合った手順を確認ください。 ただ、書かれている通りに展開を進めれば、基本的には構成可能ですが、 何をしているか理解しながら構築を進めた方がより理解につながると思います。 以下の技術資料を参照いただくことで、アーキ テクチャについて理解を深めることが可能です。   Exchange Server 2013 Architecture Poster << Exchange 2013 のアーキテクチャ ポスターとなります。UM については、左上のものが参考になるかと思います。    Exchange 2013 UM Features and Architecture << Exchange の…

0

クライアントの Auto Gain Control 機能の無効化

こんばんは。Lync サポートの久保です。   高性能なヘッド セットの Gain Control がセンシティブ過ぎたり 逆にお行儀の悪いドライバー上で動作している音声デバイスを使う場合に、 OS の機能としての Auto Gain Control が逆に品質を悪くしてしまう場合がごくまれにあります。   そんな時は次のレジストリで Auto Gain Control を無効にしてみてください。 場合によっては、音声品質が良くなる可能性があります。   x86 (32-bit) [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\RTC\DeviceSettings] “AnalogAGC”=dword:00000000 “DigitalAGC”=dword:00000000   x64 (64-bit) [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\RTC\DeviceSettings] “AnalogAGC”=dword:00000000 “DigitalAGC”=dword:00000000   引き続き、快適な Lync ライフをお楽しみください。  

0

Lync Serer 2013 と Lync 2010 の組み合わせで PowerPoint プレゼンテーションを共有できません

こんばんは。Japan Lync Support チームです。   Lync Server 2013 は PowerPoint プレゼンテーション共有で Office Web Apps サーバーを利用しますが、 Office Web Apps サーバー の OS が Windows Server 2012 以降で、クライアントが Lync 2010 の場合、 PowerPoint プレゼンテーション共有を正常に利用できない問題が発生する場合があります。   ほとんどの場合、この問題はインストールされている Windows Server の機能が不足しているために発生します。   Office Web Apps サーバーの展開 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj219455%28v=office.15%29.aspx   上記技術文書では、Windows Server 2012 以降に Office Web Apps サーバー をインストールする場合、 以下のコマンドを実行するよう案内してあります。   Add-WindowsFeature…

0

アドレス帳の仕組み

こんばんは。Lync Support の久保です。   Lync で提供されているアドレス帳の仕組みとしては、File Download と Web Query があります。 どちらの機能をクライアントに提供するかは、ClientPolicy の AddressBookAvailability で設定可能です。 既定値は WebSearchAndFileDownload です。   AddressBookAvailability の設定とクライアントの動作については、次の技術資料でご確認ください。 TITLE: 新しいアドレス帳の機能 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg429714(v=ocs.14).aspx   今回は、File Download を設定している場合のアドレス帳に反映されるまでの動作について改めて確認してみたいと思います。 特定のユーザーのみが検索できないといった場合には、以下の動作を正確に理解し、トラブル シュートを行う必要があります。 大まかには以下の流れになります。   Active Directory のオブジェクト 情報を Lync Server にレプリケートします。 Lync Server でアドレス帳が生成されます。 クライアントがアドレス帳をダウンロードします。   それぞれの動作についてほんの少しだけ詳しく見てみたいとおもいます。   1. Active Directory のオブジェクト 情報を Lync Server に複製されます。 UserReplicatorConfiguration…

0

Lync クライアントで表示するユーザー情報が最新の Galcontacts.db をダウンロードしても反映されない。

こんばんは。Lync サポートの久保です。   Lync クライアントは、Active Directory 内に保持されている情報をユーザーの連絡先アイテムとして表示する事ができますが、 Active Directory のユーザー情報を変更した後も、変更後の値に変わらない事があります。 この事象に遭遇する可能性が高いのは、役職や電話番号など、組織の中で変更しうる可能性が高い値でユーザー影響が高くなります。   Lync クライアントで参照しているユーザー 情報を変更するためには、参照される側のユーザーで最新のアドレス帳情報に更新される必要があります。 大まかなロジックとしては、以下のようなロジックになっています。   1. Active Directory の値を変更する。 2. Lync Server が Active Directory から値を取得し、rtcab に格納する。 3. Lync Server が最新のアドレス帳を生成する。 4. 値が変更になったユーザーが最新の Galcontacts.db をダウンロードする。 5. サインアウト/サインインを行うことにより、SQL のユーザー コンテナの値が更新される。 6. 参照するユーザーがサインアウト・サインインを行うことにより、ユーザー コンテナの値が更新される。 7. 参照する側のユーザーの値が反映する。   したがって、現象が発生した時、参照する側で Galcontacts.db を最新の状態にしても、 最新の情報が反映されるとは限りません。参照される側の情報がどのようになっているか確認する必要があります。   参照される側のユーザー情報が SQL サーバー上でどのようになっているかは、DBAnalayzer を使う事で確認する事が可能です。  …

0

Lync 2010 のクライアント ポリシーでリッチ テキストを制御する事ができません。

Japan Lync Support チームです。   Lync 2010 のクライアント ポリシーでリッチ テキストを制御する事はできません。   [現象] Lync Sever 2010 の Set-CsClientPolicy -DisableHtmlIm:$True -DisableRTFIM:$True -disableRTFIM:$True と設定した場合、 IM はプレーン テキストとならず、リッチ テキストのまま送受信が行われます。 [原因] 本現象は製品不具合です。 [解決方法] 現時点で、解決方法はありません。 日本のサポート 部門より、開発部門に対して修正されるべき問題としてフィードバックをしております。 [回避策] Lync 2013 では、この問題は発生しませんので、Lync 2013 を利用する事が回避策となります。 [状況] マイクロソフトは、この問題を Lync 2010 の製品の問題として認識しています。   弊社製品不具合につきご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 Japan Lync Support Team    

0