Skype for Business サーバーのイベントログに エラー 32042 が記録される

Skype for Business サポートチームの松本です。 [Lync Server] イベントログに エラー 32042 が記録されている場合の確認箇所をご紹介させていただきます。 エラー 32042 は、お客様からの問い合わせで、SfB サーバーの管理者が意図しない状況で比較的発生している状況が多いように見受けられるため、こちらで紹介させていただきます。 (ポリシーで配布されていた。ソフトウェアのインストール時に入ってしまう。等) Skype for Business Server 2015 および、Lync Server 2013 では、サーバー証明書を使用して経路上の通信を TLS 暗号化し、安心してご利用いただけるよう実装がおこなわれています。 そのため、定期的に証明書の状態を確認しています。その際に、[信頼されたルート証明書] にルート証明書以外の証明書があることを確認するとイベントログに エラー 32042 が記録されます。 ログの名前: Lync Server ソース: LS User Services イベント ID: 32042 イベント 内容: 無効な HTTPS の証明書を受信しました。 サブジェクト名: <FE サーバー証明書のサブジェクト名> 発行元: <CA 局> 原因: この問題は、HTTPS の証明書の有効期限が切れていたり、証明書が信頼されていない場合に発生する可能性があります。参照のために証明書のシリアル番号が添付されています。…


Exchange Online OWA で IM ができない

こんばんは、Lync Support のワトソンです。 Exchange Online の OWA にサインインした際、他のユーザーのプレゼンスが取得できなかったり、以下のように右上のアイコンがグレイ色になっておりませんか。 この場合、Exchange Online 側で OWA 上の IM が許可されていない可能性がございます。 以下のように確認が可能です まず、Exchange Online の Powershell に接続をします。 Title : サービスへの Windows PowerShell の接続URL : http://help.outlook.com/ja-jp/140/cc952755.aspx 1.[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[アクセサリ]、[Windows PowerShell]、[Windows PowerShell] の順にクリックします。2.次のコマンドを実行します。$c= Get-Credential 3.[Windows PowerShell 資格情報の要求] ウィンドウで、クラウドベースの組織のアカウントの資格情報を入力します。次に、[OK] をクリックします。4.次のコマンドを実行します。$s= New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell/ -Credential $c -Authentication Basic -AllowRedirection 5.次のコマンドを実行します。Import-PSSession $s 6. 以下のコマンドを実行します。Get-OwaMailboxPolicy…

0

Lync Serer 2013 と Lync 2010 の組み合わせで PowerPoint プレゼンテーションを共有できません

こんばんは。Japan Lync Support チームです。   Lync Server 2013 は PowerPoint プレゼンテーション共有で Office Web Apps サーバーを利用しますが、 Office Web Apps サーバー の OS が Windows Server 2012 以降で、クライアントが Lync 2010 の場合、 PowerPoint プレゼンテーション共有を正常に利用できない問題が発生する場合があります。   ほとんどの場合、この問題はインストールされている Windows Server の機能が不足しているために発生します。   Office Web Apps サーバーの展開 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj219455%28v=office.15%29.aspx   上記技術文書では、Windows Server 2012 以降に Office Web Apps サーバー をインストールする場合、 以下のコマンドを実行するよう案内してあります。   Add-WindowsFeature…

0

Lync と Exchange の統合 EWS part8 – TrustModelData

こんばんは。Lync/Skype サポートの久保です。 これまで EWS 接続に行うための情報のソースとなる Primary SMTP アドレスを取得し、 名前解決を行い IP アドレスを取得し、HTTPS 接続によりネットワーク レイヤーでの接続を確立する様子を確認しました。 その次に各設定箇所の確認方法について解説いたしました。 Lync と Exchange の統合 EWS part1 Lync と Exchange の統合 EWS part2 Lync と Exchange の統合 EWS part3 Lync と Exchange の統合 EWS part4 EWS 接続のインターバルについても設定箇所を確認しました。 Lync と Exchange の統合 EWS part5 EWS 接続は、Lync は HTTPS のみ可能であることを確認しました。 Lync と Exchange の統合 EWS…

0

サインイン出来ない時のトラブルシューティング part1

こんばんは。Lync サポートの久保です。   Lync というプロダクトは、そのプロダクトの特性からネットワーク レイヤーの技術とは切っても切れないアプリケーションとなっています。 今後、Lync に関わらず全てのアプリケーションで、ネットワーク レイヤーと合わせて問題解決が出来るスキルは加速度的に必要不可欠になっていくことは想像に難くありません。 IT エンジニアにとって特定のアプリケーションだけを理解していれば良い時代は既に終焉を迎えました。   今回はサインインが出来ない問題について、Network Monitor 3.4 を使用したトラブル シューティングの手順を順を追ってみていきたいと思います。   例: 以下のようなエラーが出た際のネットワーク モニターを用いてのトラブルシューティングを行ってみたいと思います。 <SIP ドメイン>の Lync Server が見つかりませんでした。お使いのドメインのドメインネームシステム (DNS) の構成に問題がある可能性があります。サポートチームに問い合わせてください。   1. ネットワーク モニターを起動します。この際、管理者権限で起動しないと、ネットワーク カードがバインドできずパケットの取得はできません。 2. ネットワーク アダプダが読み込めている事を確認し、データを取得するネットワーク カードを選択します。 3. コマンドプロンプトより、ipconfig /flushdns を実行します。 4. [New Capture] をクリックし、[Start] をクリックします。 6. Lync クライアントを起動し、キャプチャを開始し、エラーを発生させます。 7. エラーが出力されたのを確認し、キャプチャーを停止します。 8. DNS 名前解決の動作を確認するためにプロトコルでフィルターをします。任意のパケットをクリックし、プロロトコルにカーソルを合わせ、右クリックから “Add…

0

Get-CsAdUser で情報が取れない?

こんばんは、Lyncサポートの吉野です。 今回は Lync Server 2013 での Get-CsAdUser に関する注意事項についてご案内します。   ある状況下で、 Get-CsAdUser を実行した時に一部の情報が欠損するという現象が起きます。 例えば、会社名 (company)、部署名(Department) 等です。 ある状況下では起きません。 スクリーンショットで気づいた方もおられるかと思いますが、はい、日本語環境ですと現象が起きずに、英語環境だと発生します。 これは何故かと言いますと、 Get-CsAdUser ではグローバルカタログを参照しており、日本語と英語の AD では、デフォルトで Company/Department の複製の設定が違うのです。 グローバルカタログに Company/Department が複製されていないので表示されません。 [Replicate the attribute to the Global Catalog] にチェックを入れることでこの現象は回避することができます。 この UI は [Active Directory スキーマ] の設定ですが、標準では MMC から編集ができません。 以下の手順で表示&変更ができます。   1. ドメインコントローラーのコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。 regsvr32 schmmgmt.dll mmc 2.  mmc が起動しましたら、 [File]…

0

バックアッププールが作れない

こんばんは、 Lync サポートの吉野です。 今回は検証でちょっと困ったときのお話です。   さすがに、本番環境でいきなり・・・ということはしないとは思いますが、バックアッププールを作成する場合正しい手順は以下です。(ざっくりですが) プールを作る トポロジー発行 新規サーバーにインストール バックアッププールに指定する トポロジ発行 先日、ちょっと急ぎでバックアッププールを検証したくて、一気に新規プールを定義してバックアッププールに指定してしまったのです。 この段階ではse3 はまだできていない。 このまま新規サーバーに se3 という Standard Edition サーバーを立てようとすると…。 ‘Microsoft.Rtc.Management.Deployment.DeploymentException’ の例外がスローされました。 途中で失敗します。 エラー:種類 ‘Microsoft.Rtc.Management.Deployment.DeploymentException’ の例外がスローされました。 ▼詳細 種類: PowerShellException ▼スタック トレース 場所: Microsoft.Rtc.Internal.Tools.Bootstrapper.BootStrapperTask.HandlePowerShellErrors このようなエラーが出ます。   ということで、横着せずに一度サーバーを立ててからバックアッププール指定するのが正しい手順でした…。   それでは規則正しい Lync 構築ライフを満喫ください。

0

Lync と Exchange の統合 EWS part7

こんばんは。Lync サポートの久保です。   これまで EWS 接続に行うための情報のソースとなる Primary SMTP アドレスを取得し、 名前解決を行い IP アドレスを取得し、 HTTPS 接続によりネットワーク レイヤーでの接続を確立する様子を確認しました。 その次に各設定箇所の確認方法について解説いたしました。 Lync と Exchange の統合 EWS part1 Lync と Exchange の統合 EWS part2 Lync と Exchange の統合 EWS part3 Lync と Exchange の統合 EWS part4 EWS 接続のインターバルについても設定箇所を確認しました。 Lync と Exchange の統合 EWS part5 EWS 接続は、Lync は HTTPS のみ可能であることを確認しました。 Lync と Exchange の統合…

0

Lync と Exchange の統合 EWS part6

こんばんは。Lync サポートの久保です。 これまで EWS 接続に行うための情報のソースとなる Primary SMTP アドレスを取得し、 名前解決を行い IP アドレスを取得し、 HTTPS 接続によりネットワーク レイヤーでの接続を確立する様子を確認しました。 その次に各設定箇所の確認方法について解説いたしました。 Lync と Exchange の統合 EWS part1 Lync と Exchange の統合 EWS part2 Lync と Exchange の統合 EWS part3 Lync と Exchange の統合 EWS part4 また、EWS 接続のインターバルについても設定箇所を確認しました。 Lync と Exchange の統合 EWS part5   さて、もう一度基本に戻りますが、EWS 接続はあくまでも EWS への接続であり、Autodisocver は EWS へ接続するための情報を取得するに過ぎません。 つまり、Autodiscover のセッションと…

0

Lync と Exchange の統合 EWS part5

こんばんは。Lync サポートの久保です。   これまで EWS 接続に行うための情報のソースとなる Primary SMTP アドレスを取得し、 名前解決を行い IP アドレスを取得し、 HTTPS 接続によりネットワーク レイヤーでの接続を確立する様子を確認しました。 その次に各設定箇所の確認方法について解説いたしました。 Lync と Exchange の統合 EWS part1 Lync と Exchange の統合 EWS part2 Lync と Exchange の統合 EWS part3 Lync と Exchange の統合 EWS part4   今回は、Lync クライアントの EWS の接続インターバルについて解説いたします。 Lync 2013 からは、キャッシュを保持している場合、サインイン直後からほとんど遅延なく Exchaqnge へ接続が行われます。 その後、Client Policy で設定されているインターバルに基づき、定期的に同期が行われます。   Set-CsClientPolicy WebServicePollInterval Microsoft Exchange…

0