アドレス帳の仕組み Part4 – ExcludedContactFolders

Japan Lync/Skype サポート チームの大河内です。 今回は、Lync/Skype の連絡先カード内の情報を Exchange メールボックス内の 連絡先アイテムとマージして表示する動作について紹介したいと思います。 これまでに紹介させていただいている以下の Blog についても 参考にしてください。 Title: アドレス帳の仕組み URL: http://blogs.msdn.com/b/lync_support_team_blog_japan/archive/2014/07/30/10546151.aspx Title: アドレス帳の仕組み Part2 URL: http://blogs.msdn.com/b/lync_support_team_blog_japan/archive/2014/08/11/part2.aspx Title: アドレス帳の仕組み Part3 URL: https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2016/03/14/abs-part3/ Lync/Skype for Business(以降 SfB) クライアントは、 ユーザー検索時に SfB と Outlook で完全に一致した連絡先アイテムの情報を表示するため、 SfB と Outlook の連絡先を統合して表示する動作をいたします。 この動作は、Exchange との統合といわれる動作となります。 目的は、SfB/Outlook での情報不一致を抑止するためです。 この連携を制御する方法しては、Lync Server でクライアント ポリシーの ExcludedContactFolders を設定して連携させないように制御する実装があります。 ただし、グローバル アドレス リスト (GAL)…


アドレス帳の仕組み Part3

Japan Lync/Skype サポート チームの大河内です。 今回は、Lync/Skype のアドレス帳の仕組みについてご案内したいと思います。 これまでに紹介させていただいている以下の Blog についても 参考にしてください。 Title: アドレス帳の仕組み URL: http://blogs.msdn.com/b/lync_support_team_blog_japan/archive/2014/07/30/10546151.aspx Title: アドレス帳の仕組み Part2 URL: http://blogs.msdn.com/b/lync_support_team_blog_japan/archive/2014/08/11/part2.aspx Lync Server はグローバル アドレス リスト (GAL) からユーザー情報を取得し、Lync Server 内のデータベースへ情報を書き込みます。 その際に、Active Directory のユーザーの属性値を使用して生成され、使用する属性値については、既定では以下のようになります。 ※この値は、Lync Server 2010 では、リソース キットに含まれる ABSConfig で制御可能でした。 —————————————— givenName sn displayName title mailNickname company physicalDeliveryOfficeName msRTCSIP-PrimaryUserAddress telephoneNumber homePhone mobile otherTelephone ipPhone mail groupType Department…


アドレス帳の仕組み Part2

こんばんは。Lync サポートの久保です。   Lync Server のアドレス帳は、 シェアフォルダに格納され、HTTPS 経由でダウンロードが行われます。 シェアフォルダには、既定では午前1:30 に最新のアドレス帳が生成されます。   アドレス帳のファイル名は以下のような形式になっています。 D-xxxx.lsabs 数字がインクリメントされていることに気が付いている方もいらっしゃるかとおもいますが、 これは一定の規則に従って、付与されています。 その仕組みは単純で、2001年1月1日から何日経過しているか。に従いインクリメントされていきます。 テスト的に日付を操作してアドレス帳を生成すると以下のように動作を確認する事が可能です。 2001/01/01 2001/01/02 2001/01/03   計算については、うるう年なども正確に計算されるロジックとなります。 なお、上記の日付はわかりやすく説明するために日付を調整したものとなり、 実際に 2001 年の日付では Lync Server は動作しません。 Title: アドレス帳の仕組み URL: http://blogs.msdn.com/b/lync_support_team_blog_japan/archive/2014/07/30/10546151.aspx Title: アドレス帳の仕組み Part3 URL: https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2016/03/14/abs-part3/   引き続き、快適な Lync ライフをお楽しみください。   本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

0

アドレス帳の仕組み

こんばんは。Lync Support の久保です。   Lync で提供されているアドレス帳の仕組みとしては、File Download と Web Query があります。 どちらの機能をクライアントに提供するかは、ClientPolicy の AddressBookAvailability で設定可能です。 既定値は WebSearchAndFileDownload です。   AddressBookAvailability の設定とクライアントの動作については、次の技術資料でご確認ください。 TITLE: 新しいアドレス帳の機能 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg429714(v=ocs.14).aspx   今回は、File Download を設定している場合のアドレス帳に反映されるまでの動作について改めて確認してみたいと思います。 特定のユーザーのみが検索できないといった場合には、以下の動作を正確に理解し、トラブル シュートを行う必要があります。 大まかには以下の流れになります。   Active Directory のオブジェクト 情報を Lync Server にレプリケートします。 Lync Server でアドレス帳が生成されます。 クライアントがアドレス帳をダウンロードします。   それぞれの動作についてほんの少しだけ詳しく見てみたいとおもいます。   1. Active Directory のオブジェクト 情報を Lync Server に複製されます。 UserReplicatorConfiguration…

0

Lync クライアントで表示するユーザー情報が最新の Galcontacts.db をダウンロードしても反映されない。

こんばんは。Lync サポートの久保です。   Lync クライアントは、Active Directory 内に保持されている情報をユーザーの連絡先アイテムとして表示する事ができますが、 Active Directory のユーザー情報を変更した後も、変更後の値に変わらない事があります。 この事象に遭遇する可能性が高いのは、役職や電話番号など、組織の中で変更しうる可能性が高い値でユーザー影響が高くなります。   Lync クライアントで参照しているユーザー 情報を変更するためには、参照される側のユーザーで最新のアドレス帳情報に更新される必要があります。 大まかなロジックとしては、以下のようなロジックになっています。   1. Active Directory の値を変更する。 2. Lync Server が Active Directory から値を取得し、rtcab に格納する。 3. Lync Server が最新のアドレス帳を生成する。 4. 値が変更になったユーザーが最新の Galcontacts.db をダウンロードする。 5. サインアウト/サインインを行うことにより、SQL のユーザー コンテナの値が更新される。 6. 参照するユーザーがサインアウト・サインインを行うことにより、ユーザー コンテナの値が更新される。 7. 参照する側のユーザーの値が反映する。   したがって、現象が発生した時、参照する側で Galcontacts.db を最新の状態にしても、 最新の情報が反映されるとは限りません。参照される側の情報がどのようになっているか確認する必要があります。   参照される側のユーザー情報が SQL サーバー上でどのようになっているかは、DBAnalayzer を使う事で確認する事が可能です。  …

0