Skype for Business Server 2015 通話受付管理 Part4 トラブル シューティング


Japan Lync/Skype サポートの久保です。

Skype for Business Server 2015 通話受付管理についてシリーズで解説しています。
Part4 となる今回はトラブル シューティングです。

通話受付管理に関してトラブル シューティングをする場合、以下の情報が必要となります。

・クライアント ログ
・集中ログ サービス ログ
・イベント ログ

集中ログ サービスで必要となるログは、以下のコンポーネントとなります。

・SIPStack
・S4
・PDP
・PDPMonClient
・ネットワーク帯域制御情報

通話受付管理用の集中ログ サービス カスタム シナリオの作成方法を紹介します。

通話受付管理用集中ログ サービス カスタムシナリオの作成

管理シェルを起動し、以下コマンドを入力してカスタムシナリオ「CAC」を作成します。
$a = New-CsClsProvider -Name "S4" -Type "WPP" -Level "Verbose" -Flags "All"
$b = New-CsClsProvider -Name "Sipstack" -Type "WPP" -Level "Verbose" -Flags "All"
$c = New-CsClsProvider -Name "PDP" -Type "WPP" -Level "Verbose" -Flags "All"
$d = New-CsClsProvider -Name "PDPMonClient" -Type "WPP" -Level "Verbose" -Flags "All"

New-CsClsScenario -Identity "global/CAC" -Provider @{Add=$a, $b, $c, $d}

作成したシナリオをスタートするためには、以下のようにコマンドを実行します。

Start-CsClsLogging -Scenario "CAC"

注:シナリオ名に "global/CAC" を設定するとエラーとなります。

クライアントで現象を再現させます。以下のスクリーンショットは正常系の場合のクライアントの表示となります。

通話受付管理のログ解析の基本

あくまでも基本的なログの確認です。障害の発生状況により、見るべきポイントは変わってきます。

現象が再現したら、UCCAPI ログから Call-ID を特定します。今回は正常系のログとなるため、488 で検索することで、Call-ID を特定可能です。

集中ログ サービスでログを停止し、出力します。
Stop-CsClsLogging -Scenario CAC
Search-CsClsLogging -OutputFilePath c:\temp\CAC.txt

出力されたログを開き、Call-ID で検索します。
この例では、Call-ID: 316d6b5825ef476ea35c4974c3a1fe6e で検索します。

さらに検索を実行し、488 Not Acceptable Here となるタイミングを探します。

488 Not Acceptable Here となる直前の動きを確認し、PDP (通話受付管理を実装する Component) で制御されていることを確認します。

TL_INFO(TF_DIAG) [A02SFBSTD\A02SFBSTD]A30C.FC38::06/26/2017-04:10:51.854.0000EACB (PDP,TcpTransport.StopFirstPacketTimer:transportshared.cs(548)) (00000000017C1B5E)Transport[0x17c1b5e] Firstpackettimer stopped
TL_INFO(TF_DIAG) [A02SFBSTD\A02SFBSTD]A30C.FC38::06/26/2017-04:10:51.854.0000EACC (PDP,TcpTransport.Lookahead:transportshared.cs(592)) (00000000017C1B5E)Transport[0x17c1b5e] created RelayConn[0x292858e]
TL_INFO(TF_DIAG) [A02SFBSTD\A02SFBSTD]A30C.9B14::06/26/2017-04:10:51.854.0000EACF (PDP,TurnConn.ProcessMessage:protocol.cs(539)) (000000000292858E)RelayConn[0x292858e] parsing succeeded, handling alloc
TL_INFO(TF_DIAG) [A02SFBSTD\A02SFBSTD]A30C.9B14::06/26/2017-04:10:51.908.0000EAD2 (PDP,TurnConn.ProcessMessage:protocol.cs(539)) (000000000292858E)RelayConn[0x292858e] parsing succeeded, handling alloc
TL_INFO(TF_DIAG) [A02SFBSTD\A02SFBSTD]A30C.9B14::06/26/2017-04:10:51.908.0000EAD4 (PDP,TurnConn.HandleAllocRequest:protocol.cs(633)) (000000000292858E)TurnConn[0x292858e] State changed to 1
TL_INFO(TF_DIAG) [A02SFBSTD\A02SFBSTD]A30C.9B14::06/26/2017-04:10:51.908.0000EAD5 (PDP,TurnConn.StopAuthAndStartKATimer:protocol.cs(467)) (000000000292858E)TurnConn[0x292858e] Stopping AuthTimer
TL_INFO(TF_DIAG) [A02SFBSTD\A02SFBSTD]A30C.9B14::06/26/2017-04:10:51.909.0000EAD6 (PDP,TurnConn.PopulateAddressForCac:protocol.cs(946)) (000000000292858E)localAddress is 192.168.3.118
TL_INFO(TF_DIAG) [A02SFBSTD\A02SFBSTD]A30C.9B14::06/26/2017-04:10:51.909.0000EAD7 (PDP,TurnConn.PopulateAddressForCac:protocol.cs(972)) (000000000292858E)RemoteAddress is 192.168.6.107
TL_INFO(TF_DIAG) [A02SFBSTD\A02SFBSTD]A30C.9B14::06/26/2017-04:10:51.910.0000EAD8 (PDP,TurnConn.DoCheck:protocol.cs(1000)) (000000000292858E)Received Location Profile, Peer [INTRANET] Self [INTRANET] Federation [NOFEDRATION]
TL_INFO(TF_DIAG) [A02SFBSTD\A02SFBSTD]A30C.9B14::06/26/2017-04:10:51.914.0000EAD9 (PDP,TurnConn.PrintInfo:protocol.cs(1135)) (000000000292858E)IP1 192.168.3.118, IP2 192.168.6.107, Modality SQ_STREAM_AUDIO, sendMin 40 sendMax 200, recvMin 40, recvMax 200
TL_INFO(TF_DIAG) [A02SFBSTD\A02SFBSTD]A30C.9B14::06/26/2017-04:10:51.914.0000EADA (PDP,TurnConn.CheckPairAndSetResponse:protocol.cs(1146)) (000000000292858E)CheckAction: CHECK_BOTH
TL_INFO(TF_DIAG) [A02SFBSTD\A02SFBSTD]A30C.9B14::06/26/2017-04:10:51.919.0000EADF (PDP,TurnConn.DoCheck:protocol.cs(1129)) (000000000292858E)State changed to TurnChecked

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

関連 Blog
Skype for Business Server 2015 通話受付管理 Part1 展開の計画
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2017/09/17/sfb-cac-part1/

Skype for Business Server 2015 通話受付管理 Part2 展開
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2017/09/17/sfb-cac-part2/

Skype for Business Server 2015 通話受付管理 Part3 アーキテクチャー
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2017/09/17/sfb-cac-part3/

Skype for Business Server 2015 通話受付管理 Part4 トラブル シューティング
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2017/09/17/sfb-cac-part4/

Skype for Business Server 2015 通話受付管理 Part5 リソース キット
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2017/09/17/sfb-cac-part5/

Lync Server 2010 Network bandwide – 帯域制御
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2014/11/17/lync-server-2010-network-bandwide/


Skip to main content