[Skype for Business] 画面共有をしたまま画面ロックした場合、解除後の動作に問題が発生する。


こんにちは、 Japan Lync/Skype サポート チームです。

Skype for Business 2016 basic または Skype for Business 2016 ボリュームライセンス(MSI版) で画面共有を行った際、画面共有をしたまま画面ロックをすると、ロック解除後に以下のような現象が発生します。

・画面共有の停止ボタンを押すと、ボタンは消えるが共有状態が解除されない。
・再度会話を開始し、画面共有を行うと停止ボタンが表示されない。

画面ロック後に画面共有の停止ボタンを押し下げした場合の動作において、画面共有の停止処理が途中で抜けてしまい、まだ画面共有のスレッドが動作している状態のまま、
会話のステータスとしては画面共有が終了されたステータスとなってしまっています。
一連の処理の流れから、画面ロック時に画面共有処理の一部に影響を与えてしまい、画面共有の内部データに不整合が発生してしまっている状況となっております。
画面ロックを実施すると、共有されているデスクトップが、一時的に物理デバイスから切り離される為、一部の画面構成情報が不定の状態になっています。
その影響により、この問題が発生していると考えられます。

通常の使用において、画面共有を行っている最中に画面ロックをするという動作を想定していなかったため、本現象が発生しております。

この場合、お手数ですが、 Skype for Business 2016 (basic) を再起動いただければと存じます。

また、 Lync SDK による開発の場合、画面ロックを検知して画面共有を終了するロジックを組み込んでいただければと存じます。
Lync SDK 内の C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15\LyncSDK\samples\microsamples.zip\AppSharing が参考になります。

切断のコード(抜粋)
private void Disconnect_Sharing(object sender, EventArgs e)
{
if (_sharingModality != null && _sharingModality.CanInvoke(ModalityAction.Disconnect))
{
_sharingModality.BeginDisconnect(ModalityDisconnectReason.None, (ar) => { _sharingModality.EndDisconnect(ar); }, null);

}
}

お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。


Skip to main content