Skype for Business Online でカスタムクライアントポリシーが利用できるようになりました。

こんばんは、SfB サポートのワトソンです。 Skype for Business Online ではこれまで、組織の利用形態やコンプライアンス要件に合わせて、 会議やクライアントポリシーのカスタマイズをすることができなく、準備されている一般的なポリシーの適用を行う必要がございました。 あらゆる企業のコンプライアンス要件を満たし、Office 365・Skype for Business Online の利用を促進するため、 現在 Skype for Business Online では、クライアントポリシーおよびに、会議ポリシーのカスタマイズが可能になりました。 クライアントポリシーとは、クライアントとしてどのような機能が利用可能かについて設定をするポリシーとなります。 設定した内容については、Skype for Business クライアントがサインイン後、Skype for Business Online サーバーより、クライアントに対して、 インバンドプロビジョニングと言われる方式でポリシーの内容がクライアントに対して強制されます。 Skype for Business Online で現時点でカスタマイズ可能なクライアントポリシーのパラメターにつきまして以下の通りとなります。 Set-CsClientPolicy や New-CsClientPolicy でカスタマイズ可能なパラメター パラメター名 カスタマイズ可否 PolicyEntry カスタマイズ不可 Description カスタマイズ不可 AddressBookAvailability カスタマイズ不可 AttendantSafeTransfer カスタマイズ不可 AutoDiscoveryRetryInterval カスタマイズ不可 BlockConversationFromFederatedContacts カスタマイズ不可 CalendarStatePublicationInterval カスタマイズ不可…


Office ドキュメントの共同編集でファイルが表示されない

Japan Lync/Skype Support チームの和気です。   現在、Skype for Business Online では、OneDrive for Business と連携した “Office ドキュメントの共同編集” の機能が利用可能となっています。   (参考) Title: Skype for Business 会議または IM 会話で共同編集を行う URL: https://support.office.com/ja-jp/article/d495bcb4-6f53-4e59-8e55-a0ae58a1f087   本機能のご利用時には、まず、OneDrive for Business にアップロードされたファイルを選択します。 しかし、現在のバージョンでは、ファイルの選択ダイアログにおいて、既定の [サポートされている Office ファイル (*.docx、*.docm、*.odt、*.xlsx、*.xlsm、*.xlsb、*.ods、*.pptx、*.ppsx、*.odp)] が選択されている状況においては、適切なファイルが表示されないという問題が発生しており、ご利用のファイルに応じたファイルの種類 (拡張子) を選択していただく必要があります。  


Skype for Business Online カスタム会議ポリシーがリリースされました

こんばんは、SfB サポートのワトソンです。 Skype for Business Online 側ではこれまで、組織利用形態やコンプライアンス要件に合わせて、 会議やクライアントポリシーのカスタマイズをすることができなく、準備されている一般的なポリシーの適用を行う必要がございました。 あらゆる企業のコンプライアンス要件を満たし、Office 365・Skype for Business Online の利用を促進するため、 現在 Skype for Business Online では、クライアントポリシーおよびに、会議ポリシーのカスタマイズが可能になりました。 例えば、これまではコンプライアンスの要件により、匿名ユーザーの会議参加を不可に設定したかった場合、 AllowAnonymousParticipantsInMeetings のパラメターの変更ができなかったことから防ぐ事ができませんでした。カスタムポリシーにより、現在は可能となりました。 会議ポリシーでカスタマイズ可能なパラメターは以下の通りとなります。 パラメター カスタマイズ可否 AllowIPAudio カスタマイズ可能 *1 AllowIPVideo カスタマイズ可能 *1 AllowMultiView カスタマイズ可能 Description カスタマイズ不可 AllowParticipantControl カスタマイズ可能 AllowAnnotations カスタマイズ可能 DisablePowerPointAnnotations カスタマイズ可能 AllowUserToScheduleMeetingsWithAppSharing カスタマイズ可能 ApplicationSharingMode カスタマイズ不可 AllowNonEnterpriseVoiceUsersToDialOut カスタマイズ可能 AllowAnonymousUsersToDialOut カスタマイズ可能 AllowAnonymousParticipantsInMeetings カスタマイズ可能 AllowFederatedParticipantJoinAsSameEnterprise カスタマイズ可能 AllowExternalUsersToSaveContent カスタマイズ可能…


Skype for Business for iOS での証明書認証について

こんばんは、SfB サポートのワトソンです。 Skype for Business for iOS では証明書による、多要素認証をサポートしております。 前提条件およびに必要な設定について以下の通りご案内します。 ■ [iOS 端末側の前提条件] 1. 最新番の Skype for Business for iOS がインストールされている事 (このブログ公開時の最新バージョン: 6.11.1.310) 2. Azure Authenticator のアプリがインストールされている事。 Azure Authenticator のアプリは端末の証明書ストアへのアクセスを行い、 SfB アプリの代わりに認証を行います。 3. お客様の AD サーバーで発行されたクライアント証明書がデバイスにインポートされている事。 ■ [Office 365 側の前提条件] 1. 以下のサイト記載の手順に沿い、お客様の組織の証明機関を Azure AD 側にインポートしている事。 https://docs.microsoft.com/en-us/azure/active-directory/active-directory-certificate-based-authentication-ios 2. Skype for Business Online で ADAL が有効になっている事。 [手順] a….


“通話品質の評価” 機能の無効化

Japan Lync/Skype Support チームの和気です。   通話の終了時に、以下のような通話品質のフィードバックを行う画面が表示される場合があります。 この “通話品質の評価” 機能は、ユーザーのフィードバックを収集する方法として提供されていますが、不要な場合、表示を抑止したい場合もあるかと思います。 今回は、Skype for Business Online、Skype for Business Server のそれぞれの場合についてこの “通話品質の評価” 画面表示を抑止する方法の有無について紹介いたします。