Skype for Business for iOS クライアントで、コンサルティブ転送時の保留音が途切れる

こんにちは Japan Lync / Skype for Business サポートチームです。 日本国内では、Skype for Business モバイルクライアントについて 電話機の代替として非常に多く、ソリューションとしてご利用されておりますが 一部、製品として対応が完全に実施されていない部分があり、こうした点の一つとして 保留音の動作についてご報告させていただきたいと思います。 保留音が流れるよう、構成、設定された環境において、Skype for Business for iOS から、Skype for Business リッチクライアント(PCクライアント)へ コールした場合、SfB リッチクライアントで、そのコールを保留後、別ユーザーにコールしてコンサルティブ転送を実施する事が可能です。 (※コンサルティブ転送:一般的な日本の部門電話番号を共有している場合に実施する転送方法で、コールの仲介者(コール元の通話をピックアップした人)がコール先と会話した後、保留を解除、コール先とコール元の会話が開始する形態です) この際、コンサルティブ転送時に SfB for iOS で聞こえる保留音が途切れ途切れとなる場合があります。 ただし、通話自体は転送を含めた処理は完了するため、影響は保留音が聞こえるタイミングに限定されます。 日本市場では、海外での利用に比べ、転送等のご利用が圧倒的に多いことなどから これまで、この問題についての修正を開発部門で検討して参りましたが 最終的に、サーバー側の通信動作との協調を含め、思いのほか修正が複雑になることが判明し 現段階では実際の保留、転送自体に実害がないことから、現時点では修正を見送らせていただいております。 そのため、コンサルティブ転送をご利用のお客様で、お聞き苦しい点、またご迷惑をおかけする状況について大変申し訳ございません。


[Skype for Business Online] 代理人発信時に代理人の番号が通知される

Japan Skype/Lync サポート チームです。 Skype for Business Cloud Connector Edition 環境の、代理人発信に関する動作について情報を公開します。 Skype for Business は、代理人の機能が実装されています。 代理人機能を利用して公衆交換電話網(PSTN) 宛ての外線発信をした場合、着信側には被代理人の電話番号が通知されます。 たとえば、上司(被代理人) の代理人として秘書(代理人) が電話をかけるシナリオにおいて、 実際に電話を掛けたのは秘書であっても、着信として上司の番号を表示させることが可能です。 上記のような動作が想定された動作となりますが、Skype for Business Cloud Connect Edition 環境で、秘書(代理人) の番号が着信者に通知されることがございます。 以下に更に具体的な例を用いて解説します。 ユーザーA: 秘書アカウント(代理人) ユーザーB: 上司アカウント(被代理人) ・本来の動作  ユーザーB の代理人として、ユーザーA が +813-1234-5678 に発信。  +813-1234-5678 に通知される電話番号はユーザーB の電話番号。 ・事象発生時の動作  ユーザーB の代理人として、ユーザーA が +813-1234-5678 に発信。  +813-1234-5678 に通知される電話番号はユーザーA の電話番号。 本事象は 上司(被代理人) と秘書(代理人)…


SfB Online を VDI 環境で利用するためのライセンスについて

こんにちは。Japan Lync/Skype サポート チームです。   Skype for Business Online を VDI 環境で利用するためのライセンスについて解説いたします。   VDI 環境で利用する場合、Skype for Business をインストールする環境には、一般的にはターミナル サービスが動作している前提になります。   こうした環境でも、Skype for Business フルパッケージは、共有コンピューター ラインセンス認証に対応しているため、ターミナル サービスが動作している環境でもインストール、利用することができます。 しかし、一方でSkype for Business Basic は、共有コンピューター ライセンス認証に対応していないため、ターミナル サービスが動作している環境で利用することができません。 したがって、Skype for Business フルパッケージを、共有コンピューター ライセンス認証を行うことで、ターミナル サービスを利用した VDI 環境で利用することが可能です。   ターミナル サービスが起動している環境は、複数の人間が利用する共有コンピューター環境と判断されるため、それに対応した製品パッケージが必要となり、 (※ 例外として、Volume License 版のパッケージは、複数のライセンスをユーザーが購入している前提となるため、インストールは可能です) したがって、ターミナル サービスが起動している環境で Skype for Business を利用するためには、共有コンピューター ライセンス認証を行う必要があります。…


Skype for Business Server 2015 2017 年 12 月の更新プログラムがリリースされています。

こんにちは。Japan Lync/Skype サポート チームです。 Skype for Business Server 2015 2017 年 12 月の更新プログラムがリリースされています。 Updates for Skype for Business Server 2015 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3061064 多数の修正や機能強化が含まれておりますので、是非適用して快適な Lync/Skype ライフをお楽しみください。 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skype for Business 2016 2017 年 12 月の更新プログラムがリリースされています。

こんにちは。Japan Lync/Skype サポート チームです。 Skype for Business 2016 2017 年 12 月の更新プログラムがリリースされています。 December 5, 2017, update for Skype for Business 2016 (KB4011563) https://support.microsoft.com/en-us/help/4011563/ 以下のような問題が修正されます。 Skype for Business 2016 ユーザーは連絡先の最大数を指定することができません。 https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/4054662 Skype for Business 2016 MSI 版のメディアに関連する問題 https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/4054663 Office 365 ProPlus では Skype for Business Basic の代理人と通話転送設定が機能しない https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/4054664 Skype for Business 2016 で通話中にマイクのボリュームの自動ゲイン制御をオフにできない https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/4054666 免責事項や警告メッセ―ジが含まれる IM…


Live meeting service と Office Communications Server 2007(含むR2) のサポートが終了します

こんにちは、 Japan Lync/Skype for Business サポートチームです。 Live Meeting Serviceは 12/31 に、 Office Communications Server (OCS) のサポートが 1/9 にそれぞれ終了します。 Live Meeting Service について Live Meeting コンソールを利用して弊社サーバーに接続する会議システムです。 こちらは1/1 以降はサーバーに接続できなくなりますため、 Skype 会議への移行をお願いいたします。 https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=54097 詳細につきましては下記のドキュメントをご確認ください。 https://support.office.com/en-us/article/Live-Meeting-Server-discontinuation-6af25745-1f4a-4bcd-8051-fd0766f53c4f?ui=en-US&rs=en-US&ad=US&fromAR=1 なお、Live Meeting のサポートについては私どものチーム(プレミアおよびプロフェッショナルサポート)では行っておりません。 契約時にお伝えしております専用窓口にご連絡いただければと存じます。 Office Communications Server (OCS) のサポートについて OCS は無印(R1)、 R2 ともに 2018/01/09 をもってサポートを終了いたします。また、クライアント (Office Communicator 2007, Office Communicator 2007 R2) も同日をもってサポート終了いたします。…


Skype for Business Online / Teams をご利用いただく際のポート開放について

こんにちは。Skype / Teams サポートチームです。 Skype for Business Online / Microsoft Teams をご利用いただく際、インターネット接続経路上のファイアウォールにてポートを開放いただく必要がございます。その際、宛先を指定してポート開放を実施する場合は、以下の公開情報により宛先をご指定いただきます。   Title : Office 365 URL および IP アドレス範囲   URL : https://support.office.com/ja-jp/article/Office-365-URL-および-IP-アドレス範囲-8548a211-3fe7-47cb-abb1-355ea5aa88a2 ファイアウォールにおいて宛先を指定してポートを開放する方法として、以下の様ないくつかの方式が存在しますが、Skype for Business Online / Microsoft Teams に関しては、1. の IP アドレスベースでホワイトリストに登録いただくことが必要となります。 宛先 IP アドレスを指定して開放する FQDN / domain name / URL を指定して開放する 通信内容から振る舞いをチェックし、アプリケーションを判断して許可する (Application Level Gateway 機能) 3. の ALG 機能による開放については、ファイアウォール側の実装に依存してまいりますので、各メーカーへご確認いただく必要がございます。…


Microsoft Teams を既存の Office 365 グループに追加した場合の動作について

こんにちは。Japan Microsoft Teams サポートチームです。 今回は Microsoft Teams を既存の Office 365 グループに追加した場合の動作について紹介します。 チームを作成すると、バックグラウンドではチームの名前がグループ名となる Office 365 グループが作成されます。 また、以下は実際にチームを作成する際の画面となりますが、画面の下に表示される「Microsoft Teams を既存の Office 365 グループに追加しますか?」という欄で、「はい、Microsoft Teams 機能を追加します」というリンクをクリックすると、既存の Office 365 グループを選択する画面に遷移します。そこで、既存の Office 365 グループを基にチームを作成することができます。                                                   既存の…


Lync Server 2010 監視サーバ レポートのエクスポートファイル形式について

  こんにちは、Japan Lync / Skype for Business サポートチームです。   Lync Server 2010/Lync Server 2013/Skype for Business 2015 監視サーバのレポート機能は、データのエクスポートを行うことが可能です。   その中で、Lync Server 2010 監視サーバのレポート機能は、Excel 形式 (.xls ファイル) に対応してた実装となっています。 そして、Lync Server 2013/Skype for Business 2015 監視サーバのレポート機能は、Excel 形式 (.xlsx ファイル) に加え、CSV 形式または XML 形式に対応した実装となっています。 以上のことから、Lync Server 2010 監視サーバーのレポート機能は、CSV 形式のエクスポートに対応していないため、空ファイルが生成されます。   Lync Server 2010 の実装は、「ユーザー アクティビティ レポート」 を CSV…


Skype for Business Online – チーム呼び出しグループのメンバー登録について

こんにちは、 Japan Skype for Business Support Team です。   今回は、「チーム呼び出しグループ」へのメンバー設定時にご注意いただきたい点についてお伝えします。     A さんが B さんを「チーム呼び出しグループ」のメンバーとして設定する場合、この設定を行う前に、A さんと B さんが、Skype for Business クライアント上で、互いの連絡先を登録しておくことが想定されています。 この理由について以下に説明します。   まず、「チーム呼び出しグループ」のメンバーとして登録するユーザーは、EV 機能が有効になっている必要があります。 各Skype for Business Online に関連する属性として isUCEnabled が存在しますが、この属性値により、対象のユーザーにおいて EV 機能が有効になっているかどうかが確認可能となります。 「チーム呼び出しグループ」のメンバーを設定する際、メンバーとして設定するユーザーとされるユーザーに紐づく、isUCEnabled の値を参照し、EV 機能が有効となっているユーザーであれば登録が正常に完了します。     「チーム呼び出しグループ」を設定する側のユーザー (A さん) と、メンバーとして登録される側のユーザー (B さん) が利用するSkype for Businessクライアントにおいて、互いの連絡先が予め連絡先リストに登録されている場合は、以下の状況となります。   A さんがSkype for Businessにサインインするタイミングで、Skype for Businessクライアントは、連絡先リストに登録されているB…