Skype for Business 2015 技術資料訂正のご案内


Japan Lync/Skype Support チームです。

TechNet にて公開しております、Skype for Business 2015 環境に
DNS 負荷分散とパブリック IP アドレスを用いたエッジ プールの拡張統合を構成するシナリオの図解に対し、
補足事項が存在すること、また、表示の間違いがありましたことから、本ページにて訂正の上、正確な情報を公開させていただきます。

Skype for Business Server 2015 のエッジ サーバーのシナリオ
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt346416.aspx

下記シナリオの図解にハードウェア ロード バランサー(以降 HLB と省略)が表示されておりますが、
HLB の設置は必須ではありません。

そのため、展開する環境によって、HLBをご利用の際の参考として、記載内容については解釈ください。

figure1

 

 

なお、HLB に紐づく各 VIP(アクセス エッジ、WebCon エッジ、AV エッジ)の表示位置が
内部ネットワーク側に間違って表示されておりますことをお詫び申し上げます。
正しくは、外部ネットワーク側の通信になります。figure2

[ハードウェア負荷分散を用いた拡張統合 Skype for Business Server エッジ プール] のシナリオも同様です。
以上の 2 箇所について、ご不便をお掛けいたしましたことをお詫び申し上げます。

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content