MS16-065 適用後、会議の一部機能 (PowerPoint/ホワイトボードなど) が利用できない


Japan Lync/Skype Support チームです。

 

現在、セキュリティ情報 MS16-065 として公開されている .NET Framework 用のセキュリティ更新プログラムを適用後、PowerPoint のアップロードやホワイトボードなどの一部機能が利用できなくなる問題が発生しています。

 

本問題の詳細は、以下のサポート技術情報 (KB) などもあわせてご確認ください。

- 本事象のサポート技術情報 (KB)

Title: Conferencing modalities no longer function in Lync Server 2010, Lync Server 2013, or Skype for Business Server 2015 after you install Security Bulletin MS16-065
URL:
https://support.microsoft.com/en-us/kb/3165438 (英語、原文)
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3165438 (日本語)

- 本事象 (KB3165438) のきっかけとなるセキュリティ更新プログラムの公開情報

Title: マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-065 – 重要
URL: https://technet.microsoft.com/library/security/ms16-065

 

本問題につきましては、現在、以下のクライアントで修正がリリースされました。最新の更新プログラムを適用してご利用ください。

  • Lync 2010
  • Lync 2010 Attendee (管理者レベル/ユーザーレベル)
  • Lync 2013 / Skype for Business 2015
  • Skype for Business 2016
  • Skype for Business for Crestron RL/Polycom CX8000/SMART Room System
  • Surface Hub

 

詳細は、上記技術情報 (KB) および下記 [対処方法] をご参照ください。

 

[現象]

以下の機能が社内ネットワークから接続するすべてのユーザーで利用できなくなります。

  • PowerPoint のアップロード
  • ホワイトボード
  • 投票
  • 質疑応答
  • 共有のメモ

加えて、Lync Server 2010 環境においては、Lync 2010 Web App での会議参加に問題が発生します。これは、社内ネットワークからの接続、および社外ネットワークからの接続のいずれのケースにおいても影響を受けます。

 

[発生する環境]

Lync Server 2010 / Lync Server 2013 / Skype for Business Server 2015 のフロント エンド サーバーおよび Standard Edition サーバーに、セキュリティ情報 MS16-065 として公開されている .NET Framework 用のセキュリティ更新プログラムを適用した環境で発生します。
Skype for Business Online をご利用の場合は、本問題は発生いたしません。

 

[原因]

.NET Framework 用のセキュリティ更新プログラム (MS16-065) では、.NET の暗号化コンポーネントが暗号化されたネットワーク パケットを送受信する方法が変更されました。
これは、.NET Framework の暗号化コンポーネントに実装されている TLS/SSL プロトコルに、情報漏えいの脆弱性 (※) が存在していたことへの対応となります。

この変更の影響により、フロント エンド サーバーの Web 会議サービスと Lync / Skype for Business クライアントとの通信に問題が発生しています。

※ 脆弱性の詳細については、下記セキュリティ情報の「TLS/SSL の情報漏えいの脆弱性 - CVE-2016-0149」をご参照ください。

Title: マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-065 – 重要
URL: https://technet.microsoft.com/library/security/ms16-065

 

[対処方法]

本問題につきましては、Lync 2010 (Lync 2010 Attendee を含む) / Lync 2013 / Skype for Business 2015 / Skype for Business 2016 クライアント、および Skype Room System / Surface Hub で修正がリリースされました。ご利用のクライアントに応じて、更新プログラムを適用してください。

なお、修正が含まれる更新プログラムは以下の通りとなりますが、可能な限り、その時点での最新の更新プログラムを適用いただくことをお勧めいたします。

 

- Windows インストーラー (MSI) 版の Lync/Skype for Business クライアント

Lync 2010

Lync 2010 :

Title: June 2016 update for Lync 2010 (KB3171499)
URL: https://support.microsoft.com/en-us/kb/3171499

Lync 2010 Attendee 管理者レベル インストール :

Title: Description of the cumulative update for the Lync 2010 Attendee - Administrator level installation: June 2016
URL: https://support.microsoft.com/en-us/kb/3171502

Lync 2010 Attendee ユーザー レベル インストール :

Title: Description of the cumulative update for the Lync 2010 Attendee – User level installation: June 2016
URL: https://support.microsoft.com/en-us/kb/3171496

 

Lync 2013 / Skype for Business 2015

Title: June 7, 2016, update for Lync 2013 (Skype for Business) (KB3115033)
URL: https://support.microsoft.com/en-us/kb/3115033

 

Skype for Business 2016

Title: June 7, 2016, update for Skype for Business 2016 (KB3115087)
URL: https://support.microsoft.com/en-us/kb/3115087

 

- クイック実行 (C2R) 形式の Lync/Skype for Business クライアント

Lync 2013 / Skype for Business 2015

Office 2013 のバージョン: 15.0.4833.1001 またはそれ以上
Lync 2013 / Skype for Business 2015 のバージョン : 15.0.4833.1000 またはそれ以上

(参考)

Title: Office 2013 または Office 365 の更新プログラ
URL: https://support.microsoft.com/ja-jp/gp/office-2013-365-update

 

Skype for Business 2016

Deferred Channel :

Office 2016 のバージョン : 16.0.6741.2048 またはそれ以上
Skype for Business 2016 のバージョン : 16.0.6701.1029 またはそれ以上

Current Channel / First Release for Deferred Channel :

Office 2016 のバージョン : 16.0.6965.2058 またはそれ以上
Skype for Business 2016 のバージョン : 16.0.6925.1018 またはそれ以上

(参考)

Title: Office 365 クライアントの更新プログラム チャネル リリースのバージョン番号およびビルド番号 (KB3115087)
URL: https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt592918.aspx

 

- その他

Skype for Business for Crestron RL/Polycom CX8000/SMART Room System

Title : kype for Business August 2016 cumulative update for Crestron RL, Polycom CX8000, and SMART Room System (KB3193855)
URL : https://support.microsoft.com/en-us/help/3193855

 

Surface Hub

修正が含まれる更新 : Windows 10 Team Anniversary Update 1607

(参考)

Title : Surface Hub update history
URL : https://support.microsoft.com/en-us/help/4037666

 

- 回避策で対応する必要のあるクライアント

以下のクライアントについては、修正がリリースされていません。

  • Lync for Mac 2011 (調査の結果、Lync for Mac 2011 は本事象の影響を受けないことを確認いたしました)
  • Lync Web App (Lync Server 2010 環境のみ)

 

これらのクライアントをご利用の場合は、引き続き、以下の [回避策] を実施くださいますようお願いいたします。

 

[回避策]

フロント エンド サーバーにおいて、レジストリ設定を行うことで本事象の回避が可能です。

 

なお、本回避策を実施することで、.NET Framework 用のセキュリティ更新プログラム (MS16-065) で対処がなされた脆弱への変更が無効化されます。
したがいまして、脆弱性を悪用する攻撃者により、暗号化された SSL/TLS トラフィックを解読されるリスクが発生します。

回避策の実施に当たっては、脆弱性に対するリスクをご評価のうえ、実施くださいますようお願いいたします。

 

- 手順

すべてのフロント エンド サーバーおよび Standard Edition サーバーにおいて、以下のレジストリ設定を行ってください。

 

1. DataMcuSvc.exe の配置されたフォルダーのパスを確認します。

エクスプローラーを起動し、以下の既定のパスに DataMcuSvc.exe が存在することを確認します。Lync Server 2010 の場合は、さらに、MeetingMCUSvc.exe が存在することも確認します。

 

≪ DataMcuSvc.exe ≫

  • Skype for Business Server 2015 : C:\Program Files\Skype for Business Server 2015\Web Conferencing
  • Lync Server 2013 : C:\Program Files\Microsoft Lync Server 2013\Web Conferencing
  • Lync Server 2010 : C:\Program Files\Microsoft Lync Server 2010\Web Conferencing
    ※ 既定のパス以外にインストールしている場合は、実環境における DataMcuSvc.exe の配置されたフォルダーのパスをご確認ください。

≪ MeetingMCUSvc.exe ≫

  • Lync Server 2010 : C:\Program Files\Microsoft Lync Server 2010\OCSMCU\Web Meeting Conferencing
    ※ 既定のパス以外にインストールしている場合は、実環境における MeetingMCUSvc.exe の配置されたフォルダーのパスをご確認ください。

 

2. コマンド プロンプトを管理者権限で起動し、以下のコマンドを実行します。

  • Skype for Business Server 2015 :

reg add HKLM\Software\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319\System.Net.ServicePointManager.SchSendAuxRecord /v "<手順 1 で確認したパス>\DATAMCUSVC.exe" /t REG_DWORD /d 0 /f

例:
reg add HKLM\Software\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319\System.Net.ServicePointManager.SchSendAuxRecord /v "C:\Program Files\Skype for Business Server 2015\Web Conferencing\DATAMCUSVC.exe" /t REG_DWORD /d 0 /f

 

  • Lync Server 2013 :

reg add HKLM\Software\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319\System.Net.ServicePointManager.SchSendAuxRecord /v "<手順 1 で確認したパス>\DATAMCUSVC.exe" /t REG_DWORD /d 0 /f

例:
reg add HKLM\Software\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319\System.Net.ServicePointManager.SchSendAuxRecord /v "C:\Program Files\Microsoft Lync Server 2013\Web Conferencing\DATAMCUSVC.exe" /t REG_DWORD /d 0 /f

 

  • Lync Server 2010 :

reg add HKLM\Software\Microsoft\.NETFramework\v2.0.50727\System.Net.ServicePointManager.SchSendAuxRecord /v "<手順 1 で確認したパス>\DATAMCUSVC.exe" /t REG_DWORD /d 0 /f

reg add HKLM\Software\Microsoft\.NETFramework\v2.0.50727\System.Net.ServicePointManager.SchSendAuxRecord /v "<手順 1 で確認したパス>\MeetingMCUSvc.exe" /t REG_DWORD /d 0 /f

reg add HKLM\Software\Microsoft\.NETFramework\v2.0.50727\System.Net.ServicePointManager.SchSendAuxRecord /v "C:\Windows\System32\inetsrv\w3wp.exe" /t REG_DWORD /d 0 /f

例:
reg add HKLM\Software\Microsoft\.NETFramework\v2.0.50727\System.Net.ServicePointManager.SchSendAuxRecord /v "C:\Program Files\Microsoft Lync Server 2010\Web Conferencing\DATAMCUSVC.exe" /t REG_DWORD /d 0 /f
reg add HKLM\Software\Microsoft\.NETFramework\v2.0.50727\System.Net.ServicePointManager.SchSendAuxRecord /v "C:\Program Files\Microsoft Lync Server 2010\OCSMCU\Web Meeting Conferencing\MeetingMCUSvc.exe" /t REG_DWORD /d 0 /f
reg add HKLM\Software\Microsoft\.NETFramework\v2.0.50727\System.Net.ServicePointManager.SchSendAuxRecord /v " c:\windows\system32\inetsrv\w3wp.exe" /t REG_DWORD /d 0 /f

※ レジストリ値 c:\windows\system32\inetsrv\w3wp.exe は、必ず、すべて小文字で設定してください。

 

3. Lync Server 管理シェル、または Skype for Business Server 管理シェルを管理者権限で起動し、以下のコマンドを実行します。

Web 会議サービス (DataMcu サービス) が再起動され、手順 2 の設定変更が反映されます。

Stop-CsWindowsService -Name RTCDATAMCU -Verbose

Start-CsWindowsService -Name RTCDATAMCU -Verbose

 

4. (Lync Server 2010 の場合のみ) Lync Server 管理シェルで、続けて、コマンドを実行します。

iisreset /noforce

 

 

以上の手順を実施のうえ、クライアント端末で動作をご確認ください。
なお、設定変更前からサインインしていた場合は、動作確認前に一度サインアウトのうえ、再度サインインしてご確認ください。

 

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content