Lync 2010 と Office 2016 の混在について


Japan Lync/Skype サポートチームです。

 

現在、まだ Lync 2010 クライアントをご利用のお客様も多い状況と思いますが

先日、Lync 2010 についてのサポートライフサイクル(メインストリーム フェーズ)終了に伴い

最新のLyncSkype for Business)クライアントの含まれる、Office スイートのバージョンである

Office 2016 Skype for Business 2016 (MSI/C2R) クライアント)との組み合わせについては、以下の組み合わせの場合はサポート外の構成となりますのでご注意ください。

 

Lync 2010 クライアントと Office 2016Skype for Business 2016クライアントが含まれます)

Lync 2010 20164月にメインストリームサポートが終了されることに伴い、サポート外の構成となります。

 

Skype for Business 2016 (MSI/C2R) クライアントと Office 2010

Office 2010 スイートにおいて全ての機能、互換性のテストを実施されていないため、サポート外の構成となります。

 

なお、上記の組み合わせは、今時点で明確な障害が発生する状況が確認されている状態ではございませんが

今後、Office 2010Lync 2010)側に起因した問題、かつ、修正が必要な場合に修正のご提供が出来兼ねますことから

サポート面での懸念がございますことから、現時点でこうした構成を検討される場合にはご留意頂きたいポイントとなります。

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。