アドレス帳の仕組み Part4 – ExcludedContactFolders


Japan Lync/Skype サポート チームの大河内です。

今回は、Lync/Skype の連絡先カード内の情報を Exchange メールボックス内の
連絡先アイテムとマージして表示する動作について紹介したいと思います。

これまでに紹介させていただいている以下の Blog についても
参考にしてください。

Title: アドレス帳の仕組み
URL: http://blogs.msdn.com/b/lync_support_team_blog_japan/archive/2014/07/30/10546151.aspx

Title: アドレス帳の仕組み Part2
URL: http://blogs.msdn.com/b/lync_support_team_blog_japan/archive/2014/08/11/part2.aspx

Title: アドレス帳の仕組み Part3
URL: https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2016/03/14/abs-part3/

Lync/Skype for Business(以降 SfB) クライアントは、
ユーザー検索時に SfB と Outlook で完全に一致した連絡先アイテムの情報を表示するため、
SfB と Outlook の連絡先を統合して表示する動作をいたします。
この動作は、Exchange との統合といわれる動作となります。

目的は、SfB/Outlook での情報不一致を抑止するためです。

この連携を制御する方法しては、Lync Server でクライアント ポリシーの ExcludedContactFolders を設定して連携させないように制御する実装があります。

ただし、グローバル アドレス リスト (GAL) に存在するメール アドレスと同じアドレスを Outlook 連絡先アイテムに登録した場合、
Outlook の機能として、GAL と Outlook 連絡先アイテムの連携が自動で行われ、Lync の ExcludedContactFolders では連携の制御ができません。
この場合には手動で連作先のリンクを解除する必要があります。

以下にクライアント ポリシーでの制御例をご紹介します。
以下の例では、設定したフォルダ名のフォルダ内の連絡先アイテムの情報をマージしなくなります。

New-CsClientPolicy -Identity Test1 -ExcludedContactFolders “Contacts;Suggested Contacts;frequent contacts;Recipient Cache;連絡先;連絡先候補”

参考技術情報
Exchange 統合については、次の Technet を参照ください。(Lync 2010/Lync 2013/Sfb で同様です。)
TITLE: Lync 2010 の統合
URL: https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg398806(v=ocs.14).aspx

引き続き、快適な Lync/SfB ライフをお楽しみください。

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。