Rtcxds データベースのトランザクション ログ ファイルサイズの上限値について


Japan Lync/Skype サポート チームです。

今回は、Lync/Skype for Business の SQL Server の運用について案内いたします。

ユーザーデータのバックアップを保持する Rtcxds データベースのトランザクション ログは、既定で自動拡張が有効に設定されており、ログ ファイルの最大サイズは 16 GB に制限されています。
Lync/Skype製品側としてはトランザクションログ サイズの上限を拡張した状態で運用することをサポートしておりません。
Lync Server が利用しているSQL Server は特別な実装を施しているものではないので、技術的にはトランザクション ログ ファイルのサイズを拡張することが可能です。
ただし、弊社開発部門において、トランザクション ログ サイズを拡張した状態においての、サポートを見据えた検証を行っていないことから、動作を保証することが難しい状況にあります。

開発部門が提示するベスト プラクティスは、トランザクション ログ が Full にならないよう、定期的に SQL Server バックアップを実行することとなります。

※ 以下公開情報におきましても、トランザクションログ が Full になった場合の対処策としてSQL Server バックアップを案内しております。

– 公開情報
You cannot start a front-end server when a SQL Server transaction log reaches maximum capacity in a Lync Server 2013 environment
https://support.microsoft.com/en-us/kb/2756725

やむを得ず拡張をして継続運用される場合は、十分な検証・検討をしていただいた上で、実施いただく必要がございます。

なお、これはトランザクションログ サイズの上限を拡張した状態で障害が発生した場合はすべて、弊社としてお問い合わせを受け付けないということではございません。
あくまでも、トランザクションログ サイズの上限を拡張した状態で運用し続けることをサポート外としているのみであり、障害対応などで、一時的にトランザクション ログを拡張される場合は通常通りご支援いたします。
また、前述の拡張を行った環境に対するサポート サービスのご提供もこれまで通りさせていただきますので、 ご安心いただければと存じます。
現状のご不便も重々承知しており、サポートチームとしては心苦しい状況ではございますが、以上、製品ご利用の上での条件として、ご報告申し上げます。

また、Lync/Skype  Online で有効化されていたユーザーアカウントを 1  ユーザーでも移行している Lync/Skype for Business の環境におきましては、Rtcxdsデータベースのトランザクションログの最大サイズを恒久的に拡張することをサポートしております。
一度に多くのユーザーを移行する場合 (特にミラーリングを有効にしている場合) は、このサイズでは不十分な可能性があるためです。

詳細は以下公開情報をご参照ください。

Lync Online ユーザーの内部設置型 Lync への移行
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn689115(v=ocs.15).aspx

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。