OCS/Lync/Skype for Business のサーバー・クライアント対応表


こんにちは Lync/Skype サポートチームの吉野です。

Live Communications Server 2003 から始まった Microsoft UC も 10 年以上が経過し、さまざまなクライアント・サーバー製品がリリースされました。
そこで最近多いのが「新しいサーバーと古いクライアント間はつながるの?(あるいは逆に古いサーバーと新しいクライアントは?)」という質問です。

今回は対応表を用意させていただきました。ご参考いただければと思います。
ただし、すべての機能が利用できるとは限りません。例えば Skype for Business 2016 で Lync Server 2010 に接続しても RCC 機能は使えません。
Lync 2010 で Lync Server 2013 に接続しても常設チャットは使えません。

あくまで基本機能に限定していることをご了承ください。

縦がクライアントで横がサーバーとなります。

OCSv2007 OCSv2007R2 LSv2010 LSv2013 SfBSv2015
OC2007 × ×
OC2007R2 × ×
Lync2010 × ×
Lync2013 × ×
SfB2015 × ×
SfB2016 × ×

△…会議機能は利用できません。

なお、異なるバージョンのクライアントサーバーを利用する場合、極力最新の更新プログラムを適用した状態でご利用ください。

 


Comments (0)