Skype for Business for Android の User-Agent 名の変更について

Japan Sfb サポートチームです。 現在、Skype for Business for Android を利用いただいているお客様では、 フェデレーション認証を実施する際、AD FS サーバーに送られる User-Agent を基に、 トークンの発行を許可する設定を行っていただいているお客様がいらっしゃいます。 いままで、その User-Agent は、ACOMO でしたが、Skype for Business for Android Version:6.10.0.4 以降では、 こちらのエージェント名の変更が発生している状況が判明いたしました。 そのため、AD FS サーバーのクレームルールの調整を行っていただく必要がございます。 **変更内容** いままでのエージェント名:”ACOMO” 新しいエージェント名: “AndroidLync”


デスクトップ共有/プログラム共有で動画 (ビデオ) の音声が再生されません

Japan Lync/Skype Support チームの和気です。   音声付きの動画 (ビデオ) を発表者の PC で再生し、デスクトップ共有もしくはプログラム共有 (ウィンドウの共有) を行った場合に、他の参加者側で動画の音声が聞こえない、といったご質問を受けることがあります。 今回は、Skype 通話や会議で音声付きの動画 (ビデオ) を再生した場合の動作について紹介いたします。


Lync と Exchange の統合 EWS part 12 – Lync/SfB クライアントが Exchange サーバーに張るセッション数について

Japan Lync/Skype サポートの久保です。 Lync 2010・Lync 2013・Skype for Business 2016 は、直接 Exchange サーバーへセッションを張ります。 その際に使用される想定 EWS/MAPI のセッション数は、Exchange メールボックス内の連絡先フォルダーの数やボイスメールの有無など、環境や状況によって左右されます。 そのため、以下の条件で一般的なセッション数を基に環境に応じてセッション数は確認する必要があります。 ・条件 UM 連携済み。 EWS 接続済み。 連絡先フォルダー 2 つ。 会話履歴あり。 ボイスメールあり。 ・セッション数 Autodiscover x 1 (EWS URL がキャッシュされていないサインイン時のみ) MAPI x 1 (常時) EWS x 10 (サインイン時) EWS x 2 (会話履歴削除時) Lync クライアントの EWS は行う操作ごとにセッションを生成するため、常時張られるセッションはありません。 下記の各情報取得や書き込み等を実施する際にそれぞれセッションが発生いたします。 例えば、Lync 2010 から会話履歴アイテムの削除やボイスメールの確認を実施するとセッション数は増えます。 会話履歴削除時に…

0

Skype for Business IOS での一文字のサインインアドレスについて

Japan SfB サポートチームです。 現在 Skype for  Business の IOS にて一文字の SIP アドレスを利用している際、 サインインができない現象を確認しておりますので、以下に詳細を記載いたします。 [現象] Skype for Business iOS において、”a” 1 文字の SIP アドレスをが付与されているユーザーで サインインを行った場合サインインができません。 こちらに関しましては、現在の Skype for Business iOS の現時点での実装上の制限となります。 現在の実装上、ユーザーのSIPアドレスで、該当の設定をご利用される状況を考慮しておらず 内部的に、不正なサインインアドレスとみなされ、サインインができない状況となります。 [回避方法] 本現象については Skype for Business for iOS Version 6.10.1.0 で解消されております。 クライアントのアップグレードを実施していただけますようお願いいたします。 [更新日] 12/9/2016


はじめよう Microsoft Teams 第2回

こんにちは、 Japan Teams team の吉野です。 今回は Teams の管理について説明させていただきます。 [5/15 インターフェイスが変更になっていたので記事及び画面ショットを変更しました。] 全体の設定 前回もご説明させていただきましたが、 管理センターを起動し、[設定]-[サービスとアドイン]より Microsoft Teams を選択します。 すると以下のような画面が出てきます。 一番上のオプションはテナント全体で Teams をON/OFFするスイッチになります。 こちらの注意書きにある通り、ここで無効にしてもユーザーライセンスがONであれば、タイル状にはTeamsが表示されます。 これは、プレビュー版の設定の名残となりまして、将来的にはこの設定は利用できなくなります。そのため、現段階で ユーザーランセンスでON/OFFを制御されることをお勧めいたします。 次に各設定を見ていきましょう。 まずはテナント全体の設定です。 [組織図]とはユーザーと同僚、上司を表示する機能になります。必要に応じてON/OFFします。 [Microsoft Teams がない受信者は Skype for Business を使用できます] はそのままの意味で、Skype for Businessユーザーとのチャットが可能になります。 相手がTeamsを利用している場合はTeamsを利用することになります。 [T-Bot によるプロアクティブヘルプメッセージを利用する] は Bot を利用したヘルプ機能なのですが、現在日本語に対応しておりません。 興味がある方は[チャット]で[T-Bot] を検索し話しかけてみてください。例えば How do I leave a team? などと聞いてみます。 [メールの統合] についてですが、チームを作成すると Office 365…


Lync と Exchange の統合 EWS part 11 – 個人情報マネージャーのレジストリ制御

こんばんは。Lync/Skype サポートの久保です。 今回は、Lync/SfB クライアントの [個人情報マネージャー] のレジストリによる制御について紹介します。 注意: 製品実装として、サーバーのポリシーで制御することが推奨されており、レジストリの制御は更新プログラムの適用により予告なく変更される可能性がありますのでご注意ください。 各製品バージョンでのレジストリは以下のとなります。 ただし、現時点で完全に動作するのは、Lync 2010 のみとなります。Lync 2013/SfB2015/SfB2016 では正常に動作いたしません。 バージョン毎のレジストリ クライアント レジストリ Lync 2010 [HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Communicator] “PersonalContactStoreOverride”=dword:00000000 or [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Communicator] “PersonalContactStoreOverride”=dword:00000000 Lync 2013 (SfB 2015) [HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Office\15.0\Lync] “PersonalContactStoreOverride”=dword:00000000 or [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Office\15.0\Lync] “PersonalContactStoreOverride”=dword:00000000 SfB 2016 レジストリによる制御はできません。 それぞれ設定を行った場合、以下のように動作いたします。 設定状況 PersonalContactStoreOverride の値 Lync 2010 Lync 2013(SfB 2015) SfB 2016 0 制御できません。 1 サインインができなくなります。 制御できません。   関連 Blog…


Stress and Performance Tool の使い方

[bing_translator]こんにちは。Japan Lync/Skype Support チームです。 Lync Server / Skype for Business Server では環境のパフォーマンスを測定するための負荷テストを実施する Stress and Performance Tool というツールが公開されています。 Title: Skype for Business Server 2015, Stress and Performance Tool URL: https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=50367 Title: Lync Server 2013 Stress and Performance Tool URL: https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=36819 Title: Lync Server 2010, Stress and Performance Tool URL: https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=25005 利用方法についても技術参考資料が公開されていますが、本日時点では英語版しか公開されていません。 Title: Using the Skype for…


Skype for Business online – オンライン会議の有効期限について

こんにちは。Japan Lync/Skype Support チームです。 今回は、保存された会議コンテンツおよびオンライン会議 URLの有効期限 (保存期間) について補足説明をいたします。 まず、オンライン会議に関しては、弊社公開情報では、以下の通り情報が公開されております。 Skype for Business Online 会議 https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/skype-for-business-online-meetings.aspx   上記資料より抜粋:   会議コンテンツの保存 ——————————————————————————– Skype for Business Online を使用しているお客様は、PowerPoint プレゼンテーションや OneNote ファイルなどのコンテンツを添付ファイルとして Skype for Business 会議にアップロードすることができます。 会議にアップロードされたコンテンツの保存期間は次のとおりです。 • 1 回のみの会議   コンテンツは最後の人が会議を離れてから 15 日間保存されます。 • 定期的な会議   コンテンツは最後の人が会議の最後のセッションを離れてから 15 日間保存されます。 だれかが 15 日以内に同じ会議セッションに参加した場合、保存タイマーがリセットされます。 たとえば、 Skype for Business 会議が 1 年間、毎週開くようにスケジュールされ、ファイルが最初の会議でアップロードされていると仮定します。 少なくとも…


Outlook 2016で既定メール形式をテキスト形式に設定しているとSkype 会議 URL が消える

SfB サポートチームのワトソンと李です。 Outlook 2015 までは、予定表が RTF 形式に固定されておりました。 Outlook 2016 からは、予定表アイテムの指定形式が Outlook の指定メール形式と同様になりました。 そのため、Skype の会議アドインから送信されるリクエストについても同様に Outlook の指定形式の設定が反映されます。 指定メール形式をテキストに設定している場合、Outlook 2016 で作成した会議の招待リクエスト内にございます、 ハイパーリンクが消えてしまう現象が発生します。 ■ Outlook の設定で、[次の形式でメッセージを作成する] で、テキスト形式が選択されている。 ■ 上記の形式設定の場合、会議招待のメールでハイパーリングが消え、さらに、URL もないため、受け取ったユーザーは参加不可 * なお、リボン内にございます、[Skype 会議への参加] をクリックする事により、参加自体は可能でございます。 [回避方法] Outlook 2016 の 9 月更新以降より、オプション画面で設定するメールのデフォルトの形式とは別に、 予定表アイテムの書式の設定をする事が可能となりました。 MSI 形式の場合、Outlook バージョン16.0.4432.1001 以前のバージョンの場合、以下のレジストリーの設定はできません。 C2R 形式の場合、DEFERRED/CURRENT ともに、1608.7341.2035 以降のバージョンでレジストリーのご利用ができます。 こちらは UI 上からは設定ができなく、以下のレジストリーを追加する必要がございます。 – 手順 レジストリ エディターを開きます。 以下のレジストリを追加します。 レジストリ キー :…


はじめよう Microsoft Teams 第1回

こんにちは、 Japan Teams サポート チーム の吉野です。 今回は新しく発表されました Microsoft Teams についてお話しさせていただこうと思います。 まだプレビューのため公開情報も少ないですので、サポートチームからもいろいろ情報を配信できればと思います。 早くもサポート部門には多くのお問い合わせをいただいております。なお、 Skype/Lync サポートチームで Teams もサポートしております。 ☆よくある質問☆ 使うには何が必要? Office 365 Business Essential, Business Premium, E1,E3,E5 のライセンスが必要です。 確認したところ、Educationでは現在利用できません。 また、オンプレミスサーバーは用意しておりません。 Teams を有効/無効を切り替えるには? Office 365 管理センターより、[設定]-[アプリ]に Microsoft Teams が追加されています。 こちらでテナント全体で有効・無効を切り替えることができます。その他各種設定もここから行います。 ユーザーはどうすれば利用できるの? https://teams.microsoft.com にアクセスします。Webから利用できますが、アプリのインストールも可能です。 スマホ(Android, iOS, Windows Phone)も各種アプリを提供しております。 ポータルのタイルには表示されません。 会議機能は何が使えるの? 音声、ビデオ、チャット、画面共有が現在利用可能です。 ただし、Web版では一部機能がまだ利用できません。 Skype for Business と何が違うの? 主に複数人でのグループ会話機能が充実しています。また Sharepoint や…