Statistics Manager を使ってみよう


Japan Lync/SfB サポートのワトソンです。

 

先日、Skype For Business サーバーのリアルタイム監視用ツールがリリースされました。

各サーバーから、パフォーマンスカウントの値を読み取り、グラフで詳細を確認可能です。

Lync Server 2013 のサーバーのリアルタイム監視も可能です。

 

リリース情報:

Title: Statistics Manager for Skype for Business Server 2015
URL: https://technet.microsoft.com/EN-US/library/mt604835.aspx

 

ツールのダウンロード URL:
Title: Skype for Business Server, Real-Time Statistics Manager (64-bit)
URL: http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49491

 

展開には以下のコンポーネントがあります。

1. エージェント (FEサーバーなどのサーバーにインストール)

2. リスナー (サーバーにインストールされているエージェントがこのサービスに接続し、パフォーマンスカウントの情報をリスナーに送信)

3. HUB/ウエブサイト (システムの API の役割)

 

今回のテストインストールでは、リスナー用に独立した Windows Server 2012 R2 サーバーを利用し、

リスナーが利用する証明書は Self-sign のものとなります。

 

Skype For Business Server 2015/Lync Server 2013 の混在している環境となります。

 

ステップ 1: リスナーの準備

 

1. 以下の URL より、Redis の In-Memoory キャッシュソフトをダウンロードしインストールします。

https://github.com/MSOpenTech/redis/releases

注意:ファイアウォールのルールを追加する、チェックボックスは選択しない。

2. リスナーのサーバーで、以下のコマンドで、Self-Sign の証明書を作ります。

New-SelfSignedCertificate -DnsName listener.contoso.com -CertStoreLocation Cert:\LocalMachine\My

(listener.contoso.com は実際のリスナーの FQDN と差し替えて下さい)

 

ステップ 2: リスナーサービスのインストール

1. ダウンロードした、StatsManPerfAgentListener.msi をリスナー上で実行し、インストーラを開きます。

2. 以下のイメージと同様に、Service Password/Service Port/Certificate Thmbprint の記入をし、インストールします。

*リスナーの準備で作った、証明書の Thumbprint を確認するには、Get-ChildItem -path cert:\LocalMachine\My のコマンドを実行して下さい。

Service Password は各 FE からのアクセスで利用されるパスワードです。

3. リスナーで、以下の URL を開き、正常にインストールおよびに、Redisへの接続ができているかを確認します。

https://localhost:/healthcheck/

KnownServersCount が 1 以上であれば OK です。

 

ステップ 3: ウエブサイトのインストール

1. ダウンロードした、StatsManWebSite.msi を起動し、インストールします。

2. 以下のイメージのように、管理者が集められた、カウンターの情報を見るときにアクセスするウエブサイトのポートを選択し、Installを選択します。

*IISの役割が自動的に追加されます。

3. インストールした際に追加された、ローカルグループ、StatsManWebSiteUsers に、ページの参照を許可したいユーザーを追加します。

 

ステップ 4: エージェントを、各 サーバーにインストール

1. フロントエンド サーバーなどの役割を持つサーバーで、StatsManPerAgent.msi を起動し、ウイザードに従い、インストールします。

2. インストールの画面で、以下の図のように、リスナーのインストールで利用した、Service Password, Service Thumbprint を記入し、 Service URI には リスナーのインストールにつかった、IP または、ホスト名を入れます。

ステップ 5: トポロジーをリスナーにインポート

1. フロントエンド サーバー で、Lyncの管理シェルを起動し、トポロジーのプール情報のエクスポートを行います。

Get-CsPool | Export-Clixml -Path topology.xml

 

2. リスナーのサーバーで PowerShell を開き以下のデイレクトリーに進みます。

cd C:\Program Files\Skype for Business Server StatsMan Listener

 

3.以下のコマンドで、トポロジーをリスナーにインポートします。

.\Update-StatsManServerInfo.ps1 -CsPoolFile  c:\topology.xml

topology.xml には、 4 でエクスポートしたファイルを指定します。

 

4. インストールが終了しましたら、再度リスナーで以下のURL にアクセスし、KnownServersCount がエージェントのインストールと共にサーバー数上がっている事を確認します。

https://localhost:/healthcheck/

 

ステップ 5: Statistic Manager を使ってみる

1. PCで、ウエブサイトの URLにアクセスし、ログインします。

例:http://redis-collector:8080

 

2. StatsManWebSiteUsers のローカルグループに追加したユーザーで認証します。

サインインが終了しましたら、チャートの確認が可能です。

 

3. サインインが終了しましたら、上のナビゲーションで、参照したい情報を確認できます。

ポイント:

Charts は各、サーバーより集められた、カウンターの情報をグラフにしたものになり、1 秒間に一度リフレッシュされます。

 

KHI は Key Health Indicator であり、メモリーが不足しているなど、展開上の問題を確認可能です。

 

おすすめポイント 1:

Active Connections (SIP vs Endpoints vs Users) のチャートでは、接続しているユーザーの数と、全体的な SIP のセッションが確認できます。

右側では、サーバー、プール、サイトでフィルターできます。

おすすめポイント 2:

KHI では、すぐに、問題になっている、箇所を確認可能です。

以下の KHI の画面では、メモリーが不足しているため、すべてのサーバーでメモリーが赤表示されてます。

引き続き、快適な SfBライフをお楽しみ下さい。

Comments (0)

Skip to main content