Lync for Mobile で 「サーバーに接続できません。ビジー状態か一時的に利用できない可能性があります。やり直してください。」 が表示される。


Japan Lync/Skype サポートの久保です。

 

Lync for Mobile で  「サーバーに接続できません。ビジー状態か一時的に利用できない可能性があります。やり直してください。」 が表示される場合があります。

このエラーが表示される場合、問題があるのは展開している構成の問題で Lync Server のアプリケーション レイヤーの設定に関する問題であることはほとんどありません。

多くの問題点は、以下の 2 点に集約されます。

 

・ DNS 名前解決の問題

・ Reverse Proxy の問題

 

DNS の問題は、外部クライアントが Reverse Proxy の接続可能な DNS レコードが用意されているか、また、Reverse Proxy から外部 Web サービスへ接続可能な DNS レコードが用意されているか確認する必要があります。

Reverse Proxy の問題は、URL 書き換えの問題だったり、セッション タイムアウトの問題だったり、Reserve Proxy の Bug だったり様々な要因が考えられるため、一概にどこを確認すればいいか一般化する事は困難です。
Reverse Proxy として利用している製品に合わせたトラブル シュートを行う必要があります。

なお、これらの切り分けについては、Premier サポートでサポート サービスをご提供させていただいております。
Professional サポートは切り分けのお手伝いはサービス レベル範囲外となるため、Lync Server の設定に関する問題であることが確定しましたら、Professional  サポートでインシデントを発行していただければ、サポート サービスをご提供させていただいております。

 

Lync Server の問題として最も考えられる問題としては、修正プログラムによるコンポーネントの不一致が考えられます。
Lync Server はそれぞれの Lync Server コンポーネントが連動しており、更新プログラムを適用する場合は、すべてのコンポーネントを一括して更新する必要があります。
その観点でも、LyncServerUpdateInstaller.exe で一括で更新が適用される仕組みがリリースされています。
単一で更新を行った場合、他のコンポーネントとの不整合により問題が発生する可能性があり、
トラブルの報告としても、コンポーネントの不一致により、Lync for Mobile がタイトルのエラーを出力し、サインイン出来ない現象が発生することが確認されております。
コンポーネントの一致は、単一サーバー内だけではなく、同一組織内の Lync Server 群で統一するようにする必要があります。

サインイン時に 「サーバーに接続できません。ビジー状態か一時的に利用できない可能性があります。やり直してください。」 が記録される場合は、フロントエンド サーバーの IIS ログを確認し、500 サーバー内部エラーが発生している場合は、適用されているコンポーネントのついて不一致が発生していないか確認してください。
合わせて、更新プログラムの適用手順が正しく行われているかご確認ください。

関連する既知の問題として、以下の技術情報 (Knowlege Base) も公開されていますので、こちらも合わせてご確認ください。

MS15-104 のセキュリティをインストールした後でサインインし、クエリのエラーが Microsoft Lync Server 2013 (Web コンポーネント サーバー) の更新します。

 

Comments (0)

Skip to main content