CsConferencingPolicy の PolicyName で指定する値について


Japan Lync/Skyp support の久保です。

Skype for Business Online で設定可能な、会議ポリシー の内容についてです。
会議ポリシーは、会議関連の多数の設定項目の組み合わせたものになります。
そのため、各ポリシー名は、[Skype for Business 管理センター] – [ユーザー選択] – [編集] を選択して表示される [オプション] 画面に表示されている以下の項目などの設定値に応じて変わります。
[音声とビデオ]
[会話や会議のレコーディングを行う]
[匿名の参加者にダイヤル アウトを許可する]

ユーザーを新規作成した際の既定値は以下のようになり、”BposSAllModality” というポリシーが割り当てられています。
<BposSAllModality 割り当て時の設定>
[音声とビデオ]: 音声と HD ビデオ
[会話や会議のレコーディングを行う]: オン
[匿名の参加者にダイヤル アウトを許可する]: オン
[コンプライアンスのため、アーカイブされていない機能はオフにする]: オフ

その他、各 Policy の一例を紹介します。

  <BposSAllModalityNoFT 割り当て時の設定>
[音声とビデオ]: 音声と HD ビデオ
[会話や会議のレコーディングを行う]: オン
[匿名の参加者にダイヤル アウトを許可する]: オン
[コンプライアンスのため、アーカイブされていない機能はオフにする]: オン

管理要件にあったポリシーを特定する場合は、
特定のユーザーで画面から適切な設定を行い、以下のコマンドで割り当てられている会議ポリシーのポリシー名を確認してください。
Get-CsOnlineUser -Identity user1@contoso.onmicrosoft.com | ft -Property UserPrincipalName,ConferencingPolicy

Comments (0)

Skip to main content