Lync 2013/Skype for Business で PPT ファイルを XPS 形式で保存できない


Japan Lync Support Team です。

Lync 2013/Skype for Business 2015 でパワーポイント(Power Point)共有の動作に問題があることが確認されております。
ご迷惑をお掛けしますが、以下、状況について本Blogにても公開させて頂きます。

<2015 年 8 月 18 日追記>
本不具合につきましては Lync 2013/Skype for  Business クライアントの 2015 年 8 月更新プログラムにて修正されております。
MSI 形式の Lync 2013/Skype for Business をご利用の場合は以下の URL より前提条件と更新プログラムをインストールしていただければと存じます。
TITLE:MS15-080: Description of the security update for Microsoft Lync 2013 (Skype for Business): August 11, 2015
URL:https://support.microsoft.com/en-us/kb/3055014

C2R 形式の Lync 2013/Skype for Business をご利用の場合は自動でアップデートされるのをお待ちいただくか、Word 2013 や Outlook 2013 より [ファイル] - [Office アカウント] - [更新オプション] - [今すぐ更新] をクリックしてください。

 

[現象]
Lync 2013/Skype for Business 2015 でパワーポイント共有を実施後、パワーポイントの閲覧者が下記の操作を実施しても PPT ファイルを XPS 形式で保存することができません。

1. 画面マークをクリックします。
2. [プレゼンテーション用コンテンツの管理] をクリックします。
3. [詳細] - [コメントとともに保存] をクリックします。
4. 任意のパス、ファイル名を指定して保存します。
5. エラーなどは発生いたしませんが、指定したファイルは保存されません。
6. 再度保存の操作を行うと、エラー メッセージ「何らかの理由で Microsoft XPS Printer に印刷できませんでした。もう一度お試しください」が表示され、ファイルの保存も行われません。

なお、パワーポイントの発表者は XPS 形式で保存することは可能です。

[原因]
本事象は Lync 2013/Skype for Business 2015 の実装上の不具合により発生しています。

[回避策]
PPT 共有者が XPS 形式で保存し、Lync 会議の参加者へ展開いただく方法がございます。

本事象は Lync 2013 の 2014 年 8 月以降の更新プログラムを適用されている場合に発生いたします。
更新プログラムをアンインストールすることで現象は回避いたしますが、現在までに修正された不具合やセキュリティ パッチが適用されていない状態となり、別の事象やセキュリティ リスクが発生する可能性がございますため、残念ながら実施を推奨することができない状況です。

なお、技術的には、本現象の回避のためには 2014 年 8 月以降の修正プログラムをすべてアンインストールする必要があります。
なお、設定などによる回避方法は残念ながらございません。発表者は保存する事が出来ますので、発表者が保存し、ファイルとして共有するなどの運用にて回避いただければと思います。

日本マイクロソフトはこの問題を製品実装の問題と認識しており、現在修正に向け調査を行っております。

弊社製品不具合につき、ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。
修正等に関する情報が入り次第、本 Blog でも情報をアップデートさせていただきます。

Comments (0)

Skip to main content