Chrome Browser Update により Lync Web App に接続できなくなります。


こんばんは。Japan Lync Support Team です。

2017/05/10 追記
最新の対応状況については、以下の Blog を参照ください。
Lync Web Apps の Google Chrome 対応状況
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2017/05/10/lwa-googlechrome/

Chrome Browser (Version 42) が Google 社からリリースされました。

最新の Chrome Browser (Version 42) では、既定で NPAPI が無効になっています。

そのため、オンプレミス・オンラインのいずれの Lync Web App にも参加できない可能性があります。

これは、Microsoft 製品の製品不具合ではなく、Chrome Browser の仕様変更が原因です。

 

現象

Chrome Browser を使用し、Lync Web App に参加すると以下の画面から先に進むことができません。

 

回避策

NPAPI deprecation: developer guide

1. 以下の URL へ移動します。

chrome://flags/#enable-npapi

2. NPAPI を有効にします。

3. Chrome Browser を一度完全に終了し、起動します。

(状況により Plug-in の再インストールを求められる可能性があります。)

免責事項: 本 Blog の情報は 2015年4月16日現在の情報を元に記載されています。情報は随時、訂正・更新される可能性があります。
また、Chrome Browser の仕様について、Microsoft から責任ある回答を致しかねます。

Comments (0)

Skip to main content