Lync Server CU 適応後の Install-CsDatabase は本当に必要か


こんばんは、Lync Support のワトソンです。

以前、以下のブログで CU 適応後の Insatll-CsDatabase コマンドの実行
の必要性についてご案内させていただきました。

http://blogs.msdn.com/b/lync_support_team_blog_japan/archive/2014/07/18/lync-server-2013-cu-install-csdatabase.aspx

Lync Server に CU を適応した後、よく Install-csdatabase を行わない事が原因で
発生している問題についてお問い合わせを受けます。

CU を含み、自動的にインストールされる更新プログラムを適応後、
必ず、実施を行って下さい。

実施しない場合どのような問題が発生しますか?

1. Schema のバージョンが異なる場合、存在しないテーブルへの書き込みなどが発生する
可能性があり、クラッシュや予想しない問題が発生します。

2. ユーザーが正しくアドレス帳データベースに保存されない場合があり、
Lync クライアントより、一部のユーザーが検索ができなくなります。

このため、install-csdatabase はかならず実行して下さい。

引き続き快適な Lync Life をお楽しみください。

Comments (0)

Skip to main content