Office 365 から Lync 2013 をダウンロードし、インターネットを経由せずインストールする方法


 

こんばんは、Lync サポートのワトソンです。

最近お客様からよく、Office 365 を利用しているときに Lync 2013 をストリーミング

でインストールするとき、以下のような声をお聞きします。

1. プロキシ環境であるため、インストールができない。

Office 365 のインストーラの場合は Winhttp を利用するため、

もし、厳しく制限されている環境である場合、WPAD で Proxy 設定を配布していない限り、以下のようなコマンドで手動で設定する必要があります。

 

例: netsh winhttp set proxy kaisyanoproxy.contoso.com:8080

 

でも、すべての PC で手動設定をするのも時間がかかりすぎる!!

2. すべての PC でインストールするために、データをダウンロードをしたくない。

以下のようにしていただければ、セットアップに必要なファイルを事前にダウンロードする事が可能となり上記のような問題の回避が可能になります。

 

1. Office のインストール ソースを保管するためのネットワークシェアを作成します。
例: \\server\Office15
2. 以下のサイトより Office Deployment Tool を取得します。
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=36778

3. ダウンロードした OfficeDeploymentTool.exe を選択し、ファイルの出力先として 1 で作ったネットワークシェアを選択します。

4. こちらのフォルダー内にある Configuration.xml ファイルを notepad.exe で開きます。

5. ファイルを以下のサンプルのようにカスタマイズします。
この場合、 32 Bit の Lync 2013 クライアントの 日本語版がインストールされます。

======
<Configuration>

  <Add SourcePath=”\\Server\Share\” OfficeClientEdition=”32″ >
    <Product ID=”Lync”>
      <Language ID=”ja-jp” />
    </Product>
  </Add>

</Configuration>
======

▲ 英語版や 64 bit 版への変更を含むその他の Office 製品とのインストールの詳細なオプションに関しましては以下の URL をご参照下さい。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj219426(v=office.15).aspx

6. ファイルを保存します。

7. 以下のコマンドを実行し、上記で設定した Office のソースをダウンロードします。
\\server\Office15\setup.exe /download \\server\Office15\Customconfigfile.xml
▲ ダウンロードが終了するまでお時間がかかる場合がございます

8. 端末にインストールを行う最、対象の端末で管理者権限のコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。
\\server\Office15\setup.exe /configure \\server\Office15\Customconfigfile.xml

▲ インストールが完全に終了するまで必ず PC を再起動しないようお願いいたします。
もし、再起動した場合で再度インストールを行うにあたり、エラーが発生した場合、以下のページより FixIt ツールを取得していただきアンインストールを行う必要がございます。

http://support.microsoft.com/kb/2739501
=========

 

引き続き、快適な Lync ライフをお楽しみください。

免責事項:
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Comments (0)

Skip to main content