Lync Server 2010 CU 適用後に一部の監視レポートが表示できなくなる。


こんばんは、Lync サポートの吉野です。

今回は、 Lync Server 2010 の話です。 2013 では現象は起きませんので読み飛ばしていただければと思います。

 

Lync Server 2010 で CU 適用後に以下のように通話受付管理レポートとユーザーアクティビティレポートが正しく表示されなくなる場合があります。

こちらは不具合でして現在修正依頼中ですが、暫定的に修正する方法がありましたので情報公開させていただきます。

1. まずはIE でレポートマネージャー [http://サーバー名/Reports]にアクセスします。

2. 詳細ビューをクリックします。

3.  LyncServerReports -> Reports_Content の順にクリックします。


4. [Call Admission Control Report ] にマウスカーソルを持っていくと▼が表示されますので 「ダウンロード」を選択します。任意の場所に保存します。

5. 当該ファイルをメモ帳で開きます。

6. [置換]をクリックし、検索する文字列に Endtime 、置換後の文字列に EndTime を入力し、「大文字と小文字を区別する」にチェックを入れて置換を実行します。

7. 2 箇所該当するので EndTime に置換します。

8. ファイルを上書き 保存します。

9. 先ほどのIEの画面に戻り「ファイルのアップロード」をクリックします。

10. 参照ボタンをクリックして変更した Call_Admission_Control_Report.rdl ファイルを選択します、[アイテムが存在する場合は上書きします] にチェックを入れ OK をクリックします。

名前が[Call_Admission_Control_Report] と表示されますので、アンダーバーをスペースに変え[Call Admission Control Report] とします。OKをクリックします。

11. 4-9 のアクションを User_Activity_Report.rdl に対しても同様に行います。

サービス再起動などを実施し、現象が回避するかご確認ください。

ご迷惑をおかけしますが、こちらを実施いただき、引き続き快適な Lync 監視ライフをご満喫ください。

Comments (0)

Skip to main content