Lync Server 仮想化の対応状況について


こんばんは、 Lync サポートの吉野です。

今回は、 Lync Server の仮想化についてのお話です。

 

Lync Server ではすべてのワークロード (インスタント メッセージング (IM) とプレゼンス、会議、エンタープライズ
VoIP、監視、アーカイブ、および常設チャット) に対応する仮想化トポロジをサポートします。

一時期、 IM 及びプレゼンスのみのサポートだった時期もありましたが、今ではすべてサポートします。 (Lync Server 2010/2013 ともに)

 

参考:

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg399035(v=ocs.14).aspx

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg399035.aspx

 

Hyper-V をベースに、各テクノロジについてのサポート状況をまとめましたのでご参考いただければと思います。

項目 テクノロジー Lync Server 2010 Lync Server 2013
全般 Hyper-V ゲストサポート サポート対象 サポート対象
  Hyper-V ホスト OS バージョン 2008R2 以降 2008R2 以降
2012 以降推奨
CPU 仮想プロセッサー(VP)と論理プロセッサー(LP)の比率 指定なし 2:1 (Media 系)
Mediation/FE/AVEdge 等

1:1  (non-Media 系)
Director/Chat 等

  Hyper-Threading 非推奨 非推奨
  仮想 NUMA 未検証 NUMA スパニングに注意が必要
メモリー 動的メモリ 非推奨 サポート対象外
ストレージ 容量可変仮想HDD 非推奨 サポート対象外
  仮想ファイバチャネル 未検証 サポート対象
  CSV サポート対象 サポート対象
ネットワーク 10Gbps NIC 未検証 サポート対象
  SR-IOV
http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh831410.aspx#BKMK_SR
未検証 サポート対象
高可用性 ライブマイグレーション サポート対象外 サポート対象外
  クイックマイグレーション サポート対象外 サポート対象外
  ゲスト内での高可用性
(例:ゲスト内で FE2 台運用)
サポート対象 サポート対象
データ保護 スナップショット サポート対象外 サポート対象外
  Hyper-V レプリカ サポート対象外 サポート対象外

 

 

要約すると以下のようになります。

・可変容量のテクノロジはサポート対象外 (2013)、非推奨 (2010)

・ホスト側での高可用性はサポート対象外、通常の Lync Server で用意されているテクノロジーで高可用性を確保する

・ホスト側でのバックアップテクノロジーはサポート対象外。

・Windows Server 2012 (R2) での Hyper-V 新機能については順次検証しています。

 

Lync Server 2013 については以下の資料も参考ください。

http://www.microsoft.com/en-us/download/confirmation.aspx?id=41936

 

 

 


Comments (0)

Skip to main content