Lync クライアントで表示するユーザー情報が最新の Galcontacts.db をダウンロードしても反映されない。


こんばんは。Lync サポートの久保です。

 

Lync クライアントは、Active Directory 内に保持されている情報をユーザーの連絡先アイテムとして表示する事ができますが、

Active Directory のユーザー情報を変更した後も、変更後の値に変わらない事があります。

この事象に遭遇する可能性が高いのは、役職や電話番号など、組織の中で変更しうる可能性が高い値でユーザー影響が高くなります。

 

Lync クライアントで参照しているユーザー 情報を変更するためには、参照される側のユーザーで最新のアドレス帳情報に更新される必要があります。

大まかなロジックとしては、以下のようなロジックになっています。

 

1. Active Directory の値を変更する。

2. Lync Server が Active Directory から値を取得し、rtcab に格納する。

3. Lync Server が最新のアドレス帳を生成する。

4. 値が変更になったユーザーが最新の Galcontacts.db をダウンロードする。

5. サインアウト/サインインを行うことにより、SQL のユーザー コンテナの値が更新される。

6. 参照するユーザーがサインアウト・サインインを行うことにより、ユーザー コンテナの値が更新される。

7. 参照する側のユーザーの値が反映する。

 

したがって、現象が発生した時、参照する側で Galcontacts.db を最新の状態にしても、

最新の情報が反映されるとは限りません。参照される側の情報がどのようになっているか確認する必要があります。

 

参照される側のユーザー情報が SQL サーバー上でどのようになっているかは、DBAnalayzer を使う事で確認する事が可能です。

 

日系企業においては役職名が異なることは非常にクリティカルな問題となりますので、

上記ロジックを踏まえ、確実な更新が行える運用をしていただければと思います。

 

引き続き、快適な Lync ライフをお楽しみください。

関連 Blog
アドレス帳の仕組み
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2014/07/30/933/

アドレス帳の仕組み Part2
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2014/08/11/part2/

アドレス帳の仕組み Part3
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2016/03/14/abs-part3/

アドレス帳の仕組み Part4 – ExcludedContactFolders
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2016/03/14/abs-part4-excludedcontactfolders/

Lync クライアントで表示するユーザー情報が最新の Galcontacts.db をダウンロードしても反映されない。
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2014/07/29/lync-galcontacts-db-1/
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Comments (0)

Skip to main content