Lync と Exchange の統合 EWS part7


こんばんは。Lync サポートの久保です。

 

これまで EWS 接続に行うための情報のソースとなる Primary SMTP アドレスを取得し、

名前解決を行い IP アドレスを取得し、

HTTPS 接続によりネットワーク レイヤーでの接続を確立する様子を確認しました。

その次に各設定箇所の確認方法について解説いたしました。

Lync と Exchange の統合 EWS part1

Lync と Exchange の統合 EWS part2

Lync と Exchange の統合 EWS part3

Lync と Exchange の統合 EWS part4

EWS 接続のインターバルについても設定箇所を確認しました。

Lync と Exchange の統合 EWS part5

EWS 接続は、Lync は HTTPS のみ可能であることを確認しました。

Lync と Exchange の統合 EWS part6

 

今回は、EWS 接続に使用可能な認証方式について確認してみたいと思います。

EWS 接続は、前回の通り、 HTTPS なのでやり取りされているメッセージの詳細ネットワーク パケットから確認する事はできません。

そんな時に有効なのが Fidder というフリーのツールです。

(弊社製品ではありませんので、ご利用は自己判断・自己責任でお願いいたします。)

 

Fiddler トレース採取手順

1. 以下の Web サイトより、Fiddler2  (Fiddler2Setup.exe) をダウンロードします。

Title: Download Fiddler

URL: http://www.telerik.com/download/fiddler

2. Fiddler2Setup.exe をダブルクリックし、インストールします。

Fiddler は .NET
Framework 2.0 SP1 以上を必要とします。.NET Framework が検出できない場合には、インストール完了後、ポップアップが表示されますので、 .NET Framework をインストールします。

Title: .NET Framework ダウンロード

URL: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/netframework/aa569263.aspx

 

3. インストール完了後、[スタート] – [すべてのプログラム] – [Fiddler2] を選択し、Fiddler2 ツールを起動します。

4. [File] – [Capture Traffic] にチェックがついていなければ、チェックをつけます。

5. [Tools] – [Fiddler Options] を選択し、[HTTPS] タブに移動します。

6. [Capture HTTPS CONNECTs] および [Decrypt HTTPS traffic] のチェック ボックスをオンにします。

7. WARNING が表示されましたら、 [YES] をクリックします。更に、セキュリティ警告が表示されましたら、 [はい] をクリックします。

これにより、個人ストア、および信頼されたルート証明機関ストアに発行者が
“DO_NOT_TRUST_FiddlerRoot” である証明書が追加されます。

8. [OK] をクリックし、Fiddler Options を閉じます。

9. 左側の画面で [Ctrl+A] を押下し、すべてを選択した状態で Del キーを押下し、現在記録されている情報を削除します。

10. Lync 2013 を起動し、EWS 接続 OK にします。

 

アンインストール手順:

1. コントロール パネルから
[プログラムと機能] を選択します。

2. Fiddler2 をダブル クリックし、”Uninstall” ボタンをクリックします。

3. C:\Program Files 配下にある Fiddler2 フォルダを削除します。

4. [スタート] – [ファイル名を指定して実行] より certmgr.msc と入力し、Enter キーを押下します。

5. 証明書管理スナップインの左ペインから、[個人] – [証明書] を展開し、右ペインから発行者が “DO_NOT_TRUST_FiddlerRoot” となっている全ての証明書に関して、証明書を右クリックし、”削除” を選択し、証明書を削除します。

6. 証明書管理スナップインの左ペインから、[信頼されたルート証明機関] – [証明書] を展開し、右ペインから発行者が
“DO_NOT_TRUST_FiddlerRoot” となっている全ての証明書に関して、証明書を右クリックし、”削除” を選択し、証明書を削除します。

 

取得したログから EWS との接続を確認します。

1. 一番最初の POST に対して、認証方式を通知するための 401 Unauthorized を返します。

ここでは、Negotiate と NTLM が使われています。

2. 2 番目の POST には認証情報が記載され、認証が通れば 200 OK が返されます。

この設定は、Exchange サーバーの仮想ディレクトリの設定に依存します。

上記のログを取得したタイミングでは、以下のように設定されています。

Exchange で認証方式を追加する。

Digest 認証の設定を加えると以下のようになります。

ダイジェスト認証を追加すると、最初の Response で ダイジェスト認証が加わった様子が確認できます。

実際の認証には Negotiate 認証が使用されます。これは、Lync 2013 がダイジェスト認証に対応していないためです。

 

なお、Lync 2010 では更に処理ができなくなり、ダイジェスト認証を優先するようにすると、

認証ポップアップが出るようになります。

引き続き快適な Lync ライフをお楽しみください。

Comments (0)

Skip to main content